« ゴー!ゴー!シンガポール 1 | トップページ | ゴー!ゴー!シンガポール 3 »

2016/03/18

ゴー!ゴー!シンガポール 2

Img_6684

 午後からの半日観光が有りますがチェックインは3時から。その間やる事もなくラッフルズホテルまでブラブラと歩いてきました。

Img_6652

Img_6644

ラッフルズホテルの正面入り口は今もインド人のドアマンが居ました。全室スイートルームのホテル。一度は泊まってみたい気持ちはありますが叶わないだろうな。
ラッフルズアーケードは時間が早すぎて開いていません。
どうせ開いていても今は高級ブランド品を買う気がありませんから良いんですがね、、、

Img_6662

お腹も空きませんが何か食べなければと集合場所に隣接したモールでワンタンスープを注文。これをシェアしました。
市内観光はスイソテルザスタンフォードホテルでピックアップしてくれる事になっていて都合がよかった。

Img_6671

アレ?参加は我が家の2人だけですか?余分な気を使わなくても良いので気楽です。

オヤまあ マーライオンがこんなに綺麗に成って!
写真のマーライオンの先に写っている屋上が船の形をし三棟が繫がって居るのは明後日泊まるマリナー ベイ サンズ シンガポールです。

Img_6714

中華街 で下車しその後向かったのはオーチャードロードとリトルインディアを車窓から見ながら通過。

Img_6723

サルタンモスク は中に入れませんでした。

期待はしていない観光でしたが、ガイドがセントーサ島はどうの、ユニバーサルスタジオはどうの、三輪車ツアーは如何ですか、夕食のツアーも有りますが予約をしませんかと五月蠅い事。
全部断ってホテルへ。

Img_6749

Img_6759

1時間早い2時にチェクイン出来ました。
部屋はオーシャンビューではない。有料でアップグレード出来ると言うが断った。 ベッドが高いのは寝ながら景色が見える様にとの配慮だという。

Img_6753

別室のバスルームには大きなバスタブと大きなシャワーブース。トイレは更に別室。広くてとても豪華な部屋だった。

Img_6755

部屋からは海の一部と高速道路が見える。

Img_6766

3時間昼寝をしてから歩いてベイサイドに向かう。マリーナ ベイ サンズが目の前に有り屋上の舟形が手に取るように見える。

Img_6772

Img_6799

30秒も歩けば汗が噴き出てくるサウナ状態の中をアッチの屋台 こっちのレストランとメニューを見ながらマーライオンまで来た。

Img_6809

ここからは泊まっているホテル リッツカールトン ミレニア(写真右)も水に映って奇麗に見え、眼を右に転ずれば

Img_6813

マリーナ ベイ サンズと手前のショッピングモールが光輝き

Img_6822

更に右に転ずれば摩天楼の数々。
此所で光のショーの開始を待つ。

Img_6828

Img_6831

Img_6833

20時、光のショーが始まりました。

夕食はロブスターと蟹の料理を食べようと思います。

Img_6836

Img_6837

Img_6838

Img_6839

Img_6843

食べ切れないほどの量でしたが何とか完食。消費税とサービス料入れて二人で330シンガポールドル($1約¥82)だった。店の写真を撮り忘れ店名も解らない。

Img_6849

店の外に出ると相変わらず摩天楼が綺麗でマーライオンには多くの観光客が居る。

Img_6857

Img_6858

Img_6862

良いタイミングで2回目の光のショーが始まる。

Img_6866

ホテルに戻る。
ベイビューの夜景はどうだろうかとエレベーターホールから見て見るとこんなふうに見えて居た。

Img_6873

部屋に入るとターンダウンされていてメッセージにチョコレートが添えられていた。
このサービスが最高に好きで嬉しい。

« ゴー!ゴー!シンガポール 1 | トップページ | ゴー!ゴー!シンガポール 3 »

外国旅行」カテゴリの記事

コメント

ワンタンをシェアーした昼食とは大違いの豪華なディナーですこと。さぞ美味しかったでしょうね。見ただけでよだれが出そうです(^o^)
夜景がきれいですねぇ~~ うっとりしますゥ~~

で、屋上が船の形のホテルにもお泊りになるんですね。何と贅沢な・・・・・・・・。

 マリーナ ベイ サンズ は本当にユニークなデザインですよね。
 良く考えつくなあ、と感心してしまいます。
 お泊りになるのですね、すごーい!
 屋上の船の部分がどうなっているのか、興味津々です。

 高いベッド!
 転げ落ちたらたいへん! 
 
 夜景も光のショーもきれいですね。
 海に映る夜景のお写真、素晴らしいです!

ごくらくとんぼ様
小食ですよね〜。ワンタンだけで終わりとは。
夜はアレで二人分なのですが食べても食べても減らなくて大変でした。美味しかったのでなんとか食べられました。
あのホテルは泊まったみたいとは思っていたのですが・・・・

うつきよう様
地震が無い国だそうですからあんなユニークな建物を作る事が出来るんでしょうね。建築家が自由な発想で作りたいように作る。だから奇抜なホテルが沢山有るんですね。
夕涼みを兼ねて光のショーといきたい所ですが暑いんですぅ。汗をダクダクかいて観賞しました。

マーライオンの昼の姿と夜の姿両方を拝見できて得した気分です。^^
宿泊されたホテルもとても素敵ですね。
バスルームから景色が見えるというのは良いですね。
景色を見ながらゆっくりお風呂に入るの大好きです。
シンガポールの夜景や光のショーも綺麗です。
ロブスターと蟹の夕食も美味しそうです。
拝見していたらお腹が空いてきたので、夕食の準備はじめます。^^

ニャン様
初めての人には見所が沢山有りますね。
高級ブランドが好きな人は全て揃っていますし日本からは比較的近くて楽しめる場所だと思います。
お風呂が良かったです。バスタブが相撲取りの小錦でも入れそうな大きさでした。
ロブスターと蟹は日本人好みの味ではなかったですが美味しく食べる事が出来ました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/63350542

この記事へのトラックバック一覧です: ゴー!ゴー!シンガポール 2:

« ゴー!ゴー!シンガポール 1 | トップページ | ゴー!ゴー!シンガポール 3 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ