« ゴー!ゴー!シンガポール 4 | トップページ | Facebookで見つけた衝撃的な記事 »

2016/03/25

ゴー!ゴー!シンガポール 5

Img_7599

 7時12分やっと陽が昇る。
昨夜から何故か早く家に帰りたいと思う様に成った。何故なのか理由がよく解りません。 どっちみち今日は帰国しますがさてどうしてすごそうか・・・

Img_7632

Img_7693

朝の最上階はどんなだろうかと思って行ってみました。

Img_7683

船の先端方向を写しています。一度も行きませんでしたが此所は有料ですが一般の人も入る事が出来ます。勿論泊まり客は自由。

Img_7713

ジャグジーに入って居る人も居ました。
最上階には軽食や飲み物等何でも買えますが早朝でしたので支度中でした。

Img_7746

Img_7750

朝食会場は1階。朝昼兼用の遅い朝食を取りました。雑然として落ち着けません。 日本人も多いですが中国人も多い。

Img_7737

Img_7749

リッツカールトンもこのホテルも蜂蜜が置いてありません。
どちらもそうですが頼むと持って来てくれました。シリアル・紅茶等に砂糖は使いたくないので蜂蜜を沢山使います。図々しく何度も頼みました。

Img_7757

部屋からクルーズ船が3隻停まって居るのが見える。
ベルボーイにスーツケースを託した。(自分で運んでいる日本人が多かった)ホテルのチェックアウトは11時。ギリギリまで部屋に居た。支払いの無い人は部屋番号の書かれた封筒とルームキーをエクスプレスチェックアウトボックスに放り込むだけで終わる。 サービスも行き届かず落ち着きもなくざわついていて値段に反比例するホテルだった。


Img_7761

さて・・・行くあてもなく外に出る。ホテルの最上階近くの部屋はオーバーハングして居る。足元はどんな風に見えるだろうか?

Img_7772

ショッピングモールの外は木製のデッキになっていて歩く事が出来る。写真の建物はルイビトンのショップで海底トンネルでモールに繫がって居る。

Img_7780

ルイビトンと摩天楼。

Img_7793

ハスの花のような形をしているこれは美術館。観賞する気も起きなく外観を見ただけ。

Img_7819

外にばかり居ると暑くてたまらないからショッピングモールに逃げ込む。
ベネチアのゴンドラを真似ているらしいこんなのも有るが勿論有料。

Img_7890

Img_7836

平らな部分はローラースケート場。その先がフードコート。

Img_7062

TWGの紅茶を飲ませてくれる店。売店も沢山有りました。
一寸早めですが夕食を食べようと思います。

Img_7885

Img_7848

何時も順番待ちで並んでいるこの店に入ろうか~

Img_7866

セットを頼むと飲み物と温泉卵が付きます。注文品が出来るとベルが鳴ります。

Img_7868

トーストが有名らしく殆どの人がこれを頼んでいる。飲み物はメチャクチャ甘い。作っている所を見たら大さじに山盛りでドバッと砂糖を入れていた。もう一品は中華ソバのように見えますが品名は解らなく指差しで注文。メチャクチャ辛かった。
シンガポール滞在中一度は食べたいと思っていたチリクラブが食べられなかったのが一寸残念です。

Img_7901

Img_7904

空港への送迎バスは19時30分ホテルから出発。チャンギ国際空港に到着。 やっと日本に帰れると思ってしまいました。

Img_7921

待合室には日本の女子高生の修学旅行生が大勢います。我が家と同じ3泊5日で来ていた。他にはインドネシアで皆既日食を撮影するツアーで来た団体もいた。見事な写真が取れたと喜んでいました。

Img_7928

ガラガラのように見えますが満席でした。
実はビジネスクラス往復で頼んだのですが一人20万円+だと言われYクラスにしました。JTBの上級クラス設定は相変わらずぼろ儲け主義。冗談じゃない。値段が簡単に解ってしまう時代に止めたらどうだと言いたい。

Img_7973

夜食が出ました。食べずに持ち帰りました。

Img_7934

到着前には朝食が出ましたが耳栓をしてアイマスクを付けてぐっすり寝ていましたからお腹も空かず、飲み物と果物に手を付けただけ。

Img_7968

羽田に到着。 ヤレヤレ、やっと日本に帰って来れた と言った感じのシンガポールでした。

二日後リッツカールトンからメールが入った。居心地やサービスに関するアンケートだった。 勿論最高の評価をしておきました。

Ritzcalton01_2

« ゴー!ゴー!シンガポール 4 | トップページ | Facebookで見つけた衝撃的な記事 »

外国旅行」カテゴリの記事

コメント

テレビで紹介されていたホテル。
屋上のプールがとにかくすごいという印象が残っていましたし、
此方のホテルは興味がありました。
しかし拝見すると落ち着かない雰囲気のようなのでちょっと意外でした。
でもやっぱり、プールからの眺めは凄いし、建物のデザインも斬新ですね。
シンガポールが地震が少ない国だとは知らなかったので、
ホテルのデザインも納得です。
何処へ行っても五月蠅い人たちは居るのですね。^^;

ニャン様
プールだけでしたら確かに良いんですがホテル全体としては年齢層が高くなるほど良いと思わなくなると思います。
眺めは角部屋というか一番端の部屋がもし有るなら両方見られて良いでしょうね。
行く気はありませんがとんでも無く高いんだろうと思います。
ホテルも街も五月蠅い連中がおりました。我が物顔で。

行ったことも無い国ですが拝見させていただいて楽しませていただきました。
以前、香港かシンガポールかどっちと聞いたか覚えていませんが女性4人で訳も分からず料理の注文をしたらものすごい量が来て困ってしまったという話を聞いたことを思い出しました。中国や韓国は興味ありませんが香港・シンガポールは行ってみたい気がします。
よし坊さんが里心がついてしまったというのはちょっと意外な気がしましたよ(^o^)

ごくらくとんぼ様
この国はホテルもピンからきりまで。地下鉄駅の近くにも安そうなホテルは有るので修学旅行や卒業旅行には良いんじゃないかな~。それと治安が良いこと。安心していけますからね。
初めて行くには近いし遊ぶ所(見所)が沢山有ります。お薦めですよ!僕は3回目だったからどうでも良く成っちゃったんです。高級店に入らなければ料理も安いです。
食べ物の量が多いのは香港じゃないですか。1人前頼んで夫婦で食べ切れなかったですから。


私の経験し、記憶しているシンガポールとは少し異なる光景が多かったので 面白く拝見しました。
私はクルーズで立ち寄ったので、中心部のホテルに宿泊していないことも その一因かと思います。

リゾートとしてくつろぐには 自然が少なく近代的すぎる気がしますが、
マレーシアやサイパン、シェムリアップに比べると衛生的で過ごしやすくみえます。
都心を離れ、少し郊外に出ると 印象が変わるのかもしれませんが、、、、。

香港には 行くたびに感動することが少なくなっていますが、
シンガポールも もう一度行くと、よし坊様のように「早く日本に帰りたい」と考えるかもしれないと思うようになりました。

shinmama様
クルーズで来たリッチさとは感覚的にも見る視点が違うのかも知れませんね。
初めて来た時はマーライオンの前にニシキヘビを操る人が居て観光客の首に乗せ、喜んで写真を撮るとチップを要求しましたが今は居ませんでした。
衛生的なのは確かにその通りで香港などのあの独特の臭さは全く無かったです。とは言え中心部だけしか見ていませんが。
前回の時はマレーシアのジョーホールバルの1日観光に行きました。その道中見た建築物の1階が耐力壁の全く無い吹き抜けでハラハラするような4階建てに驚きました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/63380004

この記事へのトラックバック一覧です: ゴー!ゴー!シンガポール 5:

« ゴー!ゴー!シンガポール 4 | トップページ | Facebookで見つけた衝撃的な記事 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ