« 下呂温泉桜の旅  1 | トップページ | さくら花 »

2016/04/14

下呂温泉桜の旅 2

P1000005

 水明館の3ッの建物にはそれぞれ大浴場があります。 この写真は臨川閣3階に有る宿自慢の「下留の湯」で桧をふんだんに使った豪華な湯殿です。 しかし観音温泉と比べると見劣りします。

他には野天風呂と展望大浴場が有りそれぞれ趣が異なっていました。
一寸ヌルッとした独特の湯で妻はとても気に入ったようです。

Img_8459

朝食も昨夜と同じ常磐でした。朝はバイキングです。

Img_8466

種類は多かったですが僕の食べる物は限られます。妻は典型的な和食派です。
昨夜気が付いたのですが同じ階に泊まって居る他の部屋の殆どは部屋食でした。泊まっている10階には専用露天風呂付の部屋も有るようです。

Img_8470

さて館内には宿の歴史を伝える写真もありました。

Img_8475

昨夜から降り出した雨はいよいよ本降り。街の散策に出る気も起きずチェックアウト12時まで部屋に居てその後ドリンク券を使ってロビーで過ごしました。

Img_8482

Img_8478

Img_8494

座席指定で変更が出来ない(自由席なら変更可能だそうです)のは何かの理由で早く或いは遅い時間にしたいとき不便だと思いました。

Img_8499

Img_8520

駅舎内も駅前も朴葉味噌弁当を売っていません。 代わりに飛騨牛弁当と笹すしを買って車内で食べました。

Img_8523

名古屋で途中下車。
ワザワザ栄まで行って買ったのは千寿の「天むす」です。
どうしても地雷也ではなく千寿が良い我が家の拘りでこの旅を締め括ります。

« 下呂温泉桜の旅  1 | トップページ | さくら花 »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

これは、これは当館にお泊り戴きありがとうございました。
お越しいただいていることを知りませんで申し訳ありませんでした。
不備や至らぬ所が多々あったかと思われますが成り代わってお詫び申し上げます。

桜や桃の花が満開になり本当の春がやってきたようでございます。これからは旬の山菜が沢山出てまいります。天ぷらもよし、和え物でもよし、そして美人の湯につかって若さを取り戻して下さいませ。美人の湯は身も心も10才は若くなりますよ。ほっとやって!

途中下車して名古屋栄の千寿の「天むす」でこの旅を締め括るのですか。河村市長さんでも「どえらいこっちゃ」と喜んでござると思いますよ。名古屋城を木造に改築した落成式には河村市長から招待状が届く事間違いなしです。お二人とも考える事のスケールが大きいですね。誠に恐れ入りました。

お江戸にはマイカーがないので いろんな会社のツアーを使いましたが、
ツアーの列車は 殆どの場合、指定された列車以外に 時間変更ができませんし
団体チケットの場合 ホームへ出入りも 皆さんと一緒にしなければならず
途中下車もできないので 安い分だけ制約があるように思います。

私も下呂温泉では(も)雨に逢いましたが、足元がびちゃびちゃになりながら街を歩きました。
雨女は 慣れっこです、、、でも ちょっと哀しい、、、。(笑)

よし坊様が下呂温泉へ行かれたころ、少し桜には早い?と思われましたが、
見事に満開。綺麗ですね。^^
「苗代桜」知りませんでした。水に映る桜も風情があっていいですね。
水明館を選ばれたのですね。
私はリーズナブルなプランで予約しましたが、部屋をグレードアップしてくださいました。^^
お料理は、プランのままでしたが。^^;
翌日は悪天候でしたね、、、。此方もその日は春のあらしでした。
天むす美味しそうです。お店の名前、メモっておきます。^-^

青大将殿
重ね重ね書き込み有難う御座います。
実は12日から大阪に行っておりましてブログUPはタイマーを使っておりました。
帰宅して慌てて返事を書いております。お許しを。

老舗旅館もすっかり中国人に埋め尽くされていました。その内に日本人が行かなくなってしまうのではないかと心配になります。
しかし大将の仰る通り温泉は良いね。10歳なんて20歳は若くなりそうですよ。欲は言いません身も心もの 身だけで良いです。

千寿の天むすは美味いね。当然河村市長に「おみゃーさんよお来て下さったな、ありがたゃ〜ことで」と言ってくれる事と思います。

shinmama様
以前にも書いたと思うのですが東京はから四方八方に路線が出ていますから羨ましいです。特に自分が運転出来なくなってからはツアーが一番楽そうです。
確かに自由さはないですが思考力が落ちてからは あてがい縁でも使わざるを得ないだろうと思っております。
実は3日間大阪に行っておりました。心配した雨も昨日の午後一寸降っただけでした。

気にしながら・心配しながら出かけなくても良くなりましたので たかが外れたように出かけております。

ニャン様
そうなんです。予想では早すぎるはずだったのですが有難い事にドンピシャでした。
苗代桜は夜桜が又良いらしいですから昼夜花見に行くのが良いと思いました。

中国人が来ない部屋数の少ない高級宿でも選ばないと落ち着けなくなった時代が来たようで考えさせられます。ヨーロッパでは お断り!として居るホテルが出て来ているようですからね。

千寿での一番美味い食べ方は出来たてを店で食べる です。

『ワイドビューひだ』で下呂を通過するとき水明館が目に入ります。泊ってみたいなと思う良さそうな宿が幾つかありますね。
どこへも行かずホテルでのんびりするのもこれからの自分にとっては目指す方向だなあと思ったりします。
明日は私がワイドビューひだに乗ってきます。高山の滞在時間5時間半です。祭りはちょっとだけ見て、あとは何をしようか思案中です。

 まあ!下呂温泉にも隣国の方がお見えなんですね、
 今や姿を見ない場所は日本にはありませんね。
 我が家も水明館の3つのお風呂をかわるがわるはしごしてました(笑)
 「臨川閣」に露天風呂付きのお部屋があるのですね。
 我が家が行ったときはまだなかったように思います。
 ちらっとHPを見てみましたら、
 眺めも良いですし、いいお部屋ですね。
 次は泊まってみたいです。
 ただ、中津川から北上しても、高山から南下しても、ちょっと遠いのが難点なんですよね~。
 
 
 

ごくらくとんぼ様
確かに駅のトイ面に有り便利ですが大きすぎて落ち着かないですね。小さな宿が良いと思うように成ったのは歳のせいだろうと思って居ます。そして宿を楽しむ、ホテルを楽しむと変わって来ました。
今頃は列車に乗っているのかな?僕の知らない高山祭りを楽しんできて下さい。ブログを読むのを楽しみにして居ます。

うつきよう様
桜巡りのバスには乗っていませんでしたが桜は見に来ていました。宿には次々到着し一時はロビーが埋め尽くされました。
はい、3ッの風呂巡りはそれぞれ趣が違って良いですね。タップリ楽しみました。部屋の窓からは遮る建物も無い位置でしたからそれも恵まれていました。
そおですね、そちらからは遠いですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/63467383

この記事へのトラックバック一覧です: 下呂温泉桜の旅 2 :

« 下呂温泉桜の旅  1 | トップページ | さくら花 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ