« 下呂温泉桜の旅 2 | トップページ | お笑いと たこ焼きだ オマケはホテルライフだね 1 »

2016/04/18

さくら花

 熊本・大分地方の地震で被害に遭われた方々にはお見舞いし、亡くなられた方々には心からご冥福を申し上げます。

Img_8824

 さくら花散りかいくもれ老いらくの来むというなる道まがふがに

この和歌の意味するものが自分の事と思うように成った

Img_8816

Img_8831

一寸席を離れると撮影に使う腰掛けにも桜の花びらが

Img_8803

今年も桜の枝に止まる翡翠を追うのですが全く止まってくれない。

大阪ブログの前に繋ぎのページです。

« 下呂温泉桜の旅 2 | トップページ | お笑いと たこ焼きだ オマケはホテルライフだね 1 »

」カテゴリの記事

コメント

コンニチハ!
何をおっしゃいますか、好奇心旺盛のよし坊さんにまだまだ老いの道など見えてこないと思いますよ。
見えそうになったらおっしゃってください。こちらの桜もお貸ししますので老いの道を隠してください(^o^)

ごくらくとんぼ様
イヤイヤ何かに付けて歳を感じます。
三日前には よろけて ふすまにイヤと言うほど顔をぶつけ未だに顔に傷がついたままで痛くて腫れています。
最後の最後に桜を借りに行く元気を残しておかなければ成りませんね。

よし坊様

顔に傷がついたとは大変な事でしたね。おまけに腫れているとはお気の毒です。
でも その傷は元々の顔とそんなに目立たないんじゃないですか。
本人が思うほど”どえらぁ~ひどうはない”ですよ。

それより ふすまに傷はつかなかったですか。皆さんは聞きたくても、よう聞かないので私が代表してお尋ねいたします。
お家の中ほど注意が必要なんですよ。お互いに慰め合って生きていきましょう。

青大将殿
ハイハイ、ご丁寧なお見舞い有難う御座います。傷中顔だらけ だから見ても気が付かないですね。
所で専属モデルを連れて見返り桜のお花見とは優雅ですね。そのモデルさんを貸して下さい。大々的な撮影会をしたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/63486763

この記事へのトラックバック一覧です: さくら花:

« 下呂温泉桜の旅 2 | トップページ | お笑いと たこ焼きだ オマケはホテルライフだね 1 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ