« YANASEマッチ | トップページ | ナンチャッテ穂高(独標)に大名登山だ! 2 »

2016/05/27

ナンチャッテ穂高(独標)に大名登山だ! 1

Img_1627

 ニュージーランドのルートバーンで知り合った青大将(写真左)・其所にカナダのミスタヤ&アシニボインで知り合った かっくん(中央ヒゲ)の3人がオフ会をしようと昨年12月から計画を進めた。

全ての行程や小屋、旅館の手配、と何から何までカックンが段取りをした。当然カックンがリーダーだ。歳も三人の中で一番若い。因みに僕が一番年上だ。

We01

そして毎日が日曜日の3人は5月17日から26日の間で晴が3日間続く最良の日を選び3日前に決行日を決めリーダーから連絡が入る事に成っていた。(天気図もリーダーから送られてきた)

リーダーは周りに雪が残っている景色が最高!と断じてこの季節に拘っている。

Img_1156

朝6時自宅を出発。高速道路も少しずつ延び、思った以上に早く、途中1時間時間調整。そして平湯バスセンターに11時到着。

此所で岐阜県からの青大将と昨年のスイス以来8ヶ月ぶりの再会。男同士でハグ。
30分後 群馬県から参加のカックンと2年ぶりの再会。再びハグ。
海外トレッキングではハグが当たり前になっているのでなんの抵抗もない。国内では「気持ち悪い変な奴らだ」と思われているに違いないのだ。

Img_1161

月見うどんを食べた。

Img_1175

明日泊まる宿に車を2台置かせてもらいカックンの車に同乗し新穂高ロープウエーに向かう。 リーダーは念の為アイゼンを持つがピッケルは邪魔になりそうだから置いて行くことに成った。

Img_1178

Img_1179

リーダーのザックだけが重量9.5kgで荷物料を取られた。

Img_1186

二階建ての二階に乗りましたがガラ空き。帰りは凄いことに成るのですが・・・

Img_1188

槍ヶ岳が見えます。写真中央

Img_1197

写真右に今夜泊まる西穂山荘と左ピークの独標が見えます。

Img_1206

右ピークの独標からピラミットピークに続き左の高いピークが西穂高と、これ以上良い天気は無い程素晴らしい景色が続きます。

Img_1224

西穂高口駅に到着。三人で記念写真。

Img_1240

さあ出発だ!

Img_1246

水芭蕉が咲いていました。

Img_1250

いきなり雪です。

Img_1256

小休止・・・と思ったらリーダーのカックンが抹茶を点てています。

Img_1258

茶菓子の大福付きです!!

Img_1265

雪が深く一歩ごとステップを切りながら登らないと滑ります。
青大将はリーダーの持って来た軽アイゼンを借りてスタスタ。 自分の登山歴でアイゼンを付けるのは初めてだそうで子供みたいにはしゃいでいます。

Img_1267

振り返れば笠ヶ岳が眼の高さに成りました。

Img_1269

目の前がポッと開けたと思ったら西穂山荘が見えました。

Img_1275

青大将~到着ですよ! カックン有難う!

Img_1284

西穂山荘到着。2時間10分掛かりました。
此所で考えました。明日の下りはアイゼンが無くては滑って転んで怪我をすること間違いない。そこで小屋で軽アイゼンを買いました。林の中は雪があることはカックンから連絡が入って居たにもかかわらず持って来なかった自分が悪いのです。

Img_1299

幕営場にもテント。その後数張り増えました。

Img_1303

乗鞍です。
それにしても上天気。こんな天気のことを一円玉天気と言うのだそうで百円や十円は小銭に崩せますが一円はこれ以上崩れないからだそうです。カックン良い日を選んでくれました。

山荘の中を一回りしてみます。

Img_1307

Img_1330

Img_1334

Img_1328

Img_1327

バイオトイレは匂わないしホンワリ温か。洗面所の水は飲めます。

Img_1338

此所は北アルプスで唯一通年営業をしています。

Img_1310

部屋は清潔で快適。敷き布団に掛け布団、毛布が二枚と枕付。寒いに違いないと思いダウンのオーバーズボンを持ってきましたが使うどころか夜中には布団を剥いで寝ました。

Img_1341

夕食が始まりました。日本の山小屋ではワンプレートは仕方ないか、、、小鉢が付くだけマシかな?

Img_1343

ご飯と味噌汁はお代わりが出来ますと説明しています。収容人数300名の小屋に今日は14人のようです。

Img_1364

18時57分 夕日が沈みます。
※昔独標に妻と登ろうと計画を立てた。初年度は新穂高温泉に二連泊で予約したが雨で足止め。翌年は宿の予約無しで向かったものの雨で途中から高山見物に変更して日帰り。最後は2006年10月ロープウエーまで行きましたがやはり雨で上高地に変更し岳沢の途中まで登って止めました。今、妻は歩けないから登山はしないと言い切っています。

僕としては4度目の正直。明日も一円玉天気間違いなし。期待でいっぱい。
9時消灯の前には眠ってしまいました。

« YANASEマッチ | トップページ | ナンチャッテ穂高(独標)に大名登山だ! 2 »

山とトレッキング」カテゴリの記事

コメント

よし坊は報道カメラマンになれるネ! 気が付かない色々な所まで写せて腕も良し!
夕日の写真がイインジャナ〜イ。 木の枝と雲と色のバランスがgoodです。
報道カメラマンの役、ありがとうございま〜す。 これからもヨロシクで〜す!

ハ〜イかっくん有難う御座います。
カックンが居なかったら今回のオフ会は無かった訳で感謝に絶えません。
下手な鉄砲数打ちゃ当たる たまに良い写真が撮れます。良い夕日が撮れました。
続きも読んで下さい。

山は見上げるもの夫の自論です(笑)
素晴らしいお天気に恵まれたのもカクッくん様のお蔭ですね。^^
男同士で再開のハグも良いじゃないですか。
海外に住む姪との再会も何時もハグから始まります。
山で抹茶とは粋ですねぇ~。^^
美しい夕日が明日のお天気を保証していてくれますね。♪

 始まりましたね、独標。
 「独標」という響きも格好良いし、
 気軽にアルプスを楽しめる良い山ですよね。
 今年はアルプスの雪も少なめだったらしいですけど、
 この時期でもさすがにまだ残ってるんですね。
 西穂山荘はリニューアルしたと聞きましたが、きれいになりましたね。
 すばらしいお天気!
 先を拝見するのが楽しみでわくわくします!
 西穂まで行きたくなりませんでしたか?
 山の上で抹茶を点てるなんて、おしゃれなお仲間ですね。
 

森の生活に疲れちゃったので、久しぶりに、みんなの住んでる所へ遊びに来ました。
あれ、あれ、賑やかなこと!
大名登山ですか!いいですねえ~
お天気は最高!ですね。

得意満面顔の御一行様、でも、お年はぁ~かなり、、、ようで、、、
あの西穂ですよね?
時々、遭難者がでる山ですよね?
岩だらけの山ですよね?
雪がありますよね?

大丈夫でしたかぁ~~、まさか、途中撤退?

大名登山、ということは、お伴の、ヘルプの人も大勢従えての登山?
だったんでしょうか?

ニャン様
ワザワザ大変な思いをして山に登らなくても良いと思うのはごく自然の考えだと思いますから見上げて素晴らしいと感じてくれればそれで良いんじゃないでしょうか。
ハグも最近は見かける事が増えましたね。
彼が山で抹茶を点てる話は聞いていたのですが良いもんですね!ホッとします。WVは大休止も短く大急ぎで下山してビールを飲むのが楽しみな連中に、こんな楽しみ方もあるという事を教えたいくらいです。

うつきよう様
丸山まで来て独標とその先の山岳風景を見るのが目的の人が居るのもうなずけます。そして小屋の設備も整っていますから山小屋初心者でも良いんじゃないでしょうか。個室を願い出れば追加料金で泊まれますし。停滞しても本は読めるTVは写っている、携帯電話も使える、トイレも良い。風呂がないのは仕方ないですが下山後には温泉もある。
西穂まで・・・ダメです。僕の今のバランスではとても行けません。それに身体が硬くなって足が上がらなくて大変でした。
抹茶は良かったですね。こんな経験は初めてでした。

森の小人様
これは又お久しぶりです。
森の生活が長く女言葉を忘れて男のような言葉遣いに成ってしまいましたね。そろそろ下りてきたら如何でしょうか。
独標を選んだ事が先ず当たりでしたね。楽に登れて適度なスリル。雄大な山岳風景。
お大名様のような登山で心から良かったと思います。次の計画では森の小人さんをお誘いしましょうか?

わ~~、懐かしいですゥ~~(^o^)
書きたいことがいっぱいです。
まず、二年前の2月に辺り一面白銀の中乗ったロープウェーの心地よさが思い出されたこと、それから確か30代だったと思いますがロープウェーを降りて西穂登山口から歩き始めたなだらかな登山道、あの頃はこんなにきれいではなかった西穂山荘、西穂山荘で小休止して向かった瓦礫の登山道から見下ろした上高地の景色や、丸山からずっと向こうに見えていた独標にたどり着いた時の感激等々、今、昨日のようによみがえりました。あのころは若かったなあ~~!!!

山で抹茶をいただくとは何と贅沢な事でしょう。かっくん様はなかなかの趣味人とお見受けいたします。青大将様もかっくん様もリタイヤなさってから知り合ったお仲間だと思いますが良い山仲間ができてよかったですね。男同士のこうしたお付き合いはとても好感が持てます。

ごくらくとんぼ様
30年前に登っているんですね、凄いな~。登山が元々嫌いでは無かったという証拠ですね。

文面からすると前泊か後泊して独標を往復したんですね。健脚ですよ!

僕も知らなかったのですが西穂山荘は火事で焼け、建て直したそうで使いやすい小屋になったのだと思います。
カックンも青大将も良い人です。山の会で知り合った仲間とは違い、海外トレッキングという一寸違った山で知り合いましたからね。やれ表銀座がどうの裏がどうのと言われるとピント来ない我らには水を得た魚の如く気持ち良いんです。
良い仲間が出来たと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/63681022

この記事へのトラックバック一覧です: ナンチャッテ穂高(独標)に大名登山だ! 1:

« YANASEマッチ | トップページ | ナンチャッテ穂高(独標)に大名登山だ! 2 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ