« グアム島 2 | トップページ | グアム島 4 »

2016/05/20

グアム島 3

Img_0231

 晴れているのに突然の雨。その後奇麗な虹が出ました。

Img_0222

集合時間が早いので部屋でインスタントラーメンを食べる。日本を出発する直前何かの役に立つかも知れないと1つ入れたのが役に立ちました。

Img_0243

島内一周観光は現地JTBにネットで予約しました。国内JTBでは受けてくれないのが解せません。
10人ほど参加。ホテル日航から順次お客さんをピックアップしてきます。

Img_0246

火力発電所で島内全ての電気は此所でまかなっているそうですが老朽化して停電も度々あるのだそうです。

Img_0256

Img_0252

戦争記念館。正面には旧日本軍が使った2人乗り潜水艦が置いてありました。

Img_0263

アメリカ軍が居た時は平和に暮らしていたのに日本軍に占領されてからは悲惨な生活を強いられたことが説明されたり両軍の装備等が展示されています。

Img_0273

ガアンポイント

Img_0289

スペイン古橋

Img_0324

ゴジラにソックリな岩。

Img_0333

彼方此方で見かけた現地人の墓ですがとてもカラフルです。

Img_0373

タロフォフォの滝。

Img_0334

Img_0358

此所には横井さんの洞穴が再現(レプリカ)されていました。

Img_0379

Img_0376

昼ご飯は島の中心部まで戻りホテル内レストランで。日本人も多いですが韓国人がすごいです。

Img_0389

続いてグアムビーチですが此所を見るのではなく

Img_0399

カルチャーパークで何やらレクチャー。

Img_0402

Img_0423

彼はこの部落のオサの息子だそうで椰子の実を割る実演を見せたり

Img_0435

男性全員が引っ張り出されてダンスを踊らされたりしました。

Img_0454

Img_0457

ジーゴ平和記念公園です。合掌した手を型とったオブジェは日本の方向をを向いているのだそうです。

Img_0478

最後はマイクロネシアモールで降ろしてもらいました。下りた人には赤いバス1回無料券がもらえます。降りない人はホテルまで送ってもらえますが全員降りました。

Img_0499

この日の予定は全て終了。ホテルに戻ると子供プールでアクアビクスをやって居るではないか~!知っていればやったのに、、、残念。

Img_0498

夜は初日と同じレストラン「日本」で和食を食べます。

Img_0508

Img_0509

Img_0510

Img_0512

松花堂弁当35ドルと釜飯御飯セット30ドルを注文。美味かったです。SPGサービス特典の15%引きが有ります。

ホテルの周りには何も無くホテル内で食べるしかないのですが、それが幸いしてあれこれ迷うこともなく楽でした。


さて、明日は帰国します。

« グアム島 2 | トップページ | グアム島 4 »

外国旅行」カテゴリの記事

コメント

連日の青い空と青い海が印象的です。
突然のスコールも南国ならでは?虹も綺麗です。
私の人生の中で一度は体験してみたい海外旅行。
長時間のフライトはきつくとも数時間なら。。。。。
候補に上がりつつ実現しないグアム島旅行。
何時かのために、楽しみに拝見しつつも 相変わらず忙しい日々コメントの書き込みも儘ならず申し訳ありません、、、。
忙しいながらも記念旅行へ明日から出かけますが、タグボートにて拝見させていただきます。

ニャン様
南国の雨は土砂降りでも直ぐ終わってしまいますし、その後涼しさも来てなかなか爽快です。
そおですね、短時間で行けますし、主な所は日本語も通じるし食べ物で困ることもないし、ホテルのグレードも幅広くあります。
初めての海外でも個人旅行が出来ると思うグアム。是非どうぞ。
お出かけになるんですね!羨ましいです。行ってらっしゃい。

ブログを拝見して 一度も行ったことが無い私のグアムのイメージが 
ずいぶん古い物だということがわかりました。
私が行ったサイパンやコタキナバルに比べると ずいぶん整備されていて
ここは 日本の新婚さんが好むはずだと納得しました。

JTBは 大都市以外 現地の旅行会社に丸投げしているので
オプションは Webで現地旅行社に申し込むようになっているのかもしれませんね。
ホテルに宿泊の確認メールを送っても JTBの名前で予約されていないので
予約の確認ができないことが結構あります。

shinmama様
僕のグアムも浦島太郎状態でしたから。繁華街の変わり様はすごかったです。
昔の面影は有りませんでした。
ネット全盛時代でJTBもやりにくいでしょうね。JTBに電話しても担当者が居なかったり休みだったりするとネットの方が早いこともありますから。
ホテルもジャランやユコユコ等で海外ホテルも予約出来てしまう時代。変わるはずです。

グアムもサイパンもハワイも悲惨な戦争の爪痕を垣間見ることができて、表の賑わいとは違った表情がある事がよく分かりました。平和であることが当たり前になっていますが当たり前ではないんですね。
28年間も隠遁生活を送っていた横井庄一さんが初めて映像に映し出されたあの日がつい昨日のような気がします。私が生まれる前から大人になるまでずっとジャングルで暮らしていたという事実は当時衝撃でした。

 再現とはいえ、横井さんの洞穴が観光場所のひとつになっているんですね。
 今の人は横井さんのことを知っているのかしら・・・
 戦争の名残は胸が痛みますね。
 お天気に恵まれて、空もビーチもきれいですね。
 30年前にハワイに行って以来縁のない南国リゾート。
 いつか行けるといいなあ、と思いながら拝見しています。
 
 

ごくらくとんぼ様
アメリカ人から見た日本軍とその行いは日本人としては素直に受け入れるしかないと思いました。
基地の真横を通過する時は撮影を躊躇いましたね。
横井さん、、、日本のラジオも聞いていた(電池は楼で絶縁し必要最小限使うだけ)のに敗戦を信じなかったと帰国後語っていたことを思い出します。
他の仲間二人も次々亡くなってさぞや辛かっただろうと思いますね。

うつきよう様
入ったわけではありませんが狭く小さな洞穴でしたよ。
空気抜きの穴とトイレも中に有ったんですね。大変な所によくぞ我慢して居たと思います。
凛々しい横井さんの姿を思い出します。今の人は知らないでしょうね。
天気には良かったです。このところ点いています。
30年前のハワイですか!!変わってますよ!!何もかも。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/63639275

この記事へのトラックバック一覧です: グアム島 3 :

« グアム島 2 | トップページ | グアム島 4 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ