« アジサイとガックリと このバカモンが | トップページ | コアジサシを良く見ると »

2016/06/27

道程はまだまだ遠い

Img_2474

ホーム2連勝を期待するこの日12日は横浜FCを迎え撃つ。

Img_2357

場外では時々に応じたイベントが行われている。

Img_2376

開場は10時30分。直前のメインゲートには多くのサポーターが押しかけている。

Img_2385

横浜にはカズが居てこの日はスタメン。選手紹介の時、靜岡出身のカズには盛大な拍手が有った。

Img_2395

10番の応援旗が掲げられ大前元紀コールが何時までも響く。前節町田戦で10番のエース大前は肋骨4本骨折と肺挫傷。接触プレーは仕方がない事とは言え相手選手の膝が入り更に覆い被さるように重なって倒れ込む。J2得点王にもかかわらず長期離脱を余儀なくされたのだ。

Img_2413

Img_2418

選手入場。オレンジのコレオグラフィーが有りスタンドがオレンジに染まる。

Img_2481

試合は3-0の完封勝利。応援団の気持ちが入院中の大前元紀に通じたようだ。 試合後も元紀コールがゴール裏から沸き起こった。

Img_2496

試合後サポーターの前に挨拶に来る選手達。
チームきってのチビ(写真中央)金子の豊富な運動量も相手チームの驚異になりました。

Img_2502

「勝」のゲーフラを掲げて喜びを分かち合う。
続いて19日は8戦負けなしでJ2順位8位に付けている千葉戦。
エスパルスとしても3連勝が掛かる大事な試合。更に両チームともオリジナルテンのJ1復帰を願うチーム同士。互いに負けられない。

Img_2619

この日は静岡新聞SBS超ドSマッチデーでしたが超ドS?僕の世代には何の事か解らない、、、

Img_2572

ボランティアも76名集まり始礼が始まる。

Img_2588

大前元紀選手に送る寄せ書きをお願いしま~す!

Img_2592

大人にも子供にも人気のあるフェイスペイント。

Img_2622

これは~?我々世代には何の事かサッパリ解りませんし知る気もありません。

Img_2634

この日は元エスパルス監督のアルディレス監督(ナビスコカップ優勝)ペリマン監督(Jリーグステージ優勝・カップウイナーズ優勝)の両監督が来てトークショーやサイン会などが行われました。
優勝と言えばゼムノヴィッチ監督は天皇杯優勝。どれも昔の話になってしまい淋しい限りです。

Img_2680

Img_2706

前半17分チョンテセのゴール。喜ぶのも束の間4分後には同点にされる。

Img_2764

終了間際まで怒濤の攻撃も実らず引き分け。ホームでの引き分けは負けに等しい。
こんな試合をして居るから入場者数もドンドン減って8,730人。

Img_2740

J1復帰への道程はまだまだ遠い・・・と言うより 更に遠のいたのですが・・・昨夜はアウェーの地でVS山口。スタメン選手が得点し交代選手も得点。4-0と快勝。
エースの怪我で奮起した攻撃陣と、此所に来て安定した守備陣が上手く機能した。順位は二つあげましたが自働昇格圏内までは長い階段が続く。

« アジサイとガックリと このバカモンが | トップページ | コアジサシを良く見ると »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント


広島を離れるとサンフレの情報がほとんど入って来ないのですが
ホームグランドの移設問題はどうなったんだろう。
人気チームとはいえ、あまりに 非常識なことをすると ファンが離れてしまうと思うのですが、、、。
偉そうに言ってますが、よし坊様のブログを拝見すると 私などファンとはいえないのでした。

旅行のご予定が 残念でしたね。
最近 たくさんのツアーを申し込んでおいて キャンセル料がかかる直前でキャンセル、、
という人が多いらしく 結構キャンセル待ちしていてもあると聞いていますが
人気のツアーはそうはいかないのですね。

shinmama様
グランドの移設・・・そんな話がありましたね。コッチはそれどころじゃないからwww
昨夜の試合も此方からは大勢馳せ参じました。熱心な人ってホントに凄いです。僕なんかアウトローの一番端っこです。

どうしても行きたいツアーが参加者が少ない時、知り合いに申し込みをさせて置いて催行が決定するとキャンセルする人が居るそうです。今回の場合はその逆ですからね、、、こんな事初めてです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/63818925

この記事へのトラックバック一覧です: 道程はまだまだ遠い:

« アジサイとガックリと このバカモンが | トップページ | コアジサシを良く見ると »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ