« 夏の暑さにも負けず | トップページ | とんかつ屋ですが・・・ »

2016/08/05

トレーニング

Img_3389

  

毎日暑い日が続きウンザリします。

トレーニングは一日おきに二千段の階段登りと二千段の下りです。
平地を歩くのが目的ではありませんから歩数は少ないです。
1時間半ほどで戻って来ます。
正しいかどうかは解りませんが226キロカロリー?ガッカリですが、たぶん階段の登り下りが考慮されていないんだろうと思います。
同じ所で同じ事を繰り返しているのに、日に因って歩数表示が変わるのもおかしな話です。

Img_3413

9p7t7121

夏休みが始まっていますから翡翠撮影も早朝に限られます。 蚊や虫にも襲われ撮影も楽ではありません。

9p7t7145

« 夏の暑さにも負けず | トップページ | とんかつ屋ですが・・・ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

やはり山を歩く方は 普段から鍛えていらしゃるのですね。
普段 何もしないに等しい私が 山を歩けるはずがないです。

いや、これで終わってはいけませんね。
せっかく 刺激をいただいたのですから、私も少しでも歩きます。(きっぱり)

shinmama様
雨が降ると シメタ中止だ!と思う自分が居ます。連日の雨で1週間丸々歩かない事だって有ります。だから困るというわけでもなく気楽に考えていますから。だから長続きもしているのだと思います。
「キッパリ」ですか〜。あんまり張り切ると長続きしませんよ。そしてこの時期は早朝 日の出前が良いと思います。それでも汗がドバドバ出ます。

本当にこの暑さにはウンザリしますね、、、。
京都の暑さほどではありませんが長浜も暑いです。
ただ朝夕吹く風は心地よく蜩の鳴き声も涼を与えくれています。
一日おきのトレーニングは来年への備えでしょうか?
翡翠の撮影も蚊との闘いですか?
でもそのおかげで、翡翠の姿を拝見できるのですから有難いです。^^

ニャン様
炎天下で歩くのも訓練かと思っていたのですが連日の猛暑で最近は日の出直前からに変えました。それでも凄い汗です。クマゼミの鳴き声がそれに拍車を掛けます。夏以外は日中です。鳥撮りが終わって帰宅してからか午後の適当な時間です。
そして1年を通してやっております。ちょっとサボるとお腹が出て来てしまいますので、、、

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/63997740

この記事へのトラックバック一覧です: トレーニング:

« 夏の暑さにも負けず | トップページ | とんかつ屋ですが・・・ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ