« 北欧、『巨人たちの住みか』10 | トップページ | 飛鳥Ⅱ 函館発 仙台・ひたちクルーズ 2 »

2016/09/26

飛鳥Ⅱ 函館発 仙台・ひたちクルーズ 1

Img_5543

 昨年飛鳥に乗ったので割り引き券が有ります。使わずに無駄にしてしまうのは勿体なく期限切れ前に無理矢理決めた今回のプランです。とても中途半端なプランですが常陸那珂に飛鳥としては初めて寄港するらしく、ならばさぞや盛大な受け入れ行事やイベントがあるに違いない。それに袋田の滝にも行きたい。と思ったのです。

9月7日、台風が本土に向かってきている最中前泊する為に函館に向かうのですが、実は自他共に認める雨女が同じクルーズに乗船することが解った時から嫌な予感がしていたんです。 このままでは台風直撃だよ、、、飛行機は飛ぶのか?船は来るのか?と色々考えてしまう事が多い今回のクルーズ。

一体全体どんな事に成ったのかその顛末記の始まり始まり。

Img_5547

集合が8日函館ですので新幹線も考えましたが飛行機で行くことにしました。残念なのは靜岡からは札幌行きしか出ていませんので羽田から飛びます。勿論マイレージを使ってタダ券を取りました。(発券手数料一人25ドルがかかります。ネットなら掛かりませんがとても面倒なので電話で注文)
久しぶりの羽田国内線。大きく変わっているのにビックリしました。

Img_5552

Img_5561

10分延でほぼ満席でしたが揺れることもなく

Img_5568

函館に到着。

Img_5585

Img_5600

Img_5569

迎のバスもなく循環バスで10分。「平成館海羊亭 込み込み13,000円」をネット予約。期待は出来ません。
斜前には曾て天皇陛下がお泊まりに成られたという高級旅館がありましたが名前は忘れました。

Img_5591

バイキングプランしかない宿です。

Img_5588

Img_5593

種類だけは多かったです。

P1000002

P1000003

温泉は内湯が3つ、露天が一つ。殆どさら湯の感じで温泉らしい臭いもありませんが湯槽が大きく気持ちよく入れましたが9時半から修学旅行の小学生が入るとのことで慌ただしかったです。

夜、宿は静かです。殆どの泊まり客は函館山の夜景を見に行ってしまうからでした。我が家は昨年飛鳥に乗船した時見て居ますから今回は止めました。

« 北欧、『巨人たちの住みか』10 | トップページ | 飛鳥Ⅱ 函館発 仙台・ひたちクルーズ 2 »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント


すみません、自他ともに認める「雨女shinmama」です。  (*_ _)人ゴメンナサイ

先の台風の時には 抜港になっていたので、船が函館に入港できるのだろうかと 心配しました。

実は帰宅後 旅行会社から送られてくるパンフレットを片づけていて 飛鳥の割引券を見つけました。
なんと25%オフだったんですね。
株主優待で10%オフにしてもらいましたが 残念なことでした。
函館市民は格安で乗船できたそうですから 飛鳥も乗客集めに苦労しているのですね。

船だけでなく 湯の川温泉でもニアな場所にお泊りだったのですね。

shinmama様
初日の揺れがあの程度で済み、他は上天気に成りましたから目出度し目出度しでしたね。晴れパワーが勝ちました。

あれ〜、割り引き券が・・・勿体ないことを。ケニアのマータイさんにしかられそうですね。
船に乗る様な人達は仙台には何度も来ているだろうし常陸那珂は初寄港とは言え袋田の滝を初め周辺の観光地は行っているだろうから乗る事もないか〜?と考えるのが普通だと思うのです。
僕がそんな事心配してやる必要は全く無いんですがね。


妻はなんと言っても温泉です。僕は会社の旅行で行きましたが妻は初めてでした。

コンバンハ!!!
まずは北欧の絶景を楽しませていただいたことに感謝申し上げます。
自分ではこの先も絶対見られない景色ですからもう・もう興奮でした。

さて興奮冷めやらぬうちにまたも私の大好きな函館ですね。
私は函館ではいつも駅前のビジネスホテルですが一・二度湯の川へ泊まったことがあります。直近で泊ったグランドホテルはいつの間にか別のホテルチェーンに様変わりをしてしまいました。今度行く時、また別のホテルを開拓してみるのも楽しいかなと思っています。
飛鳥Ⅱの旅、楽しみにしています。

 同じときに同じ船に乗られた方の、それぞれの航海記をほとんど同時期に拝見することは稀有なことと思います。
 展開が楽しみです。

 函館まで、東京経由でしたら、飛行機のほうが便利で早いですね。

 小学生の修学旅行ですか!
 お風呂で遭遇してしまったら大変ですものね!
 
 
 

ごくらくとんぼ様
観光とトレッキングではノルウェーの印象は違うでしょうが、福祉が充実し人々が豊に暮らしている国の一部を見させてもらいました。今のところテロの危険も無く是非観光に行きたいと本気で思っております。
今回の函館は温泉に泊まっただけ。全く観光はしませんでした。

タクシーの運転手の話によれば、湯の川温泉はまだまだ団体客を積極的に受け入れているようです。逆に考えれば手頃な温泉宿が沢山有ると言うことです。

うつきよう様
偶然でしたね。まさか同じ船に乗り合わせるとは。彼女のブログ全編は既に読んでおりますが行動が全く違っていました。
新幹線は高いですからね。我が家の場合はマイレージで取れるのでどうしても飛行機優先に成ってしまいます。

宿も気を使っていまして小学生とは食事会場も全く別でした。
中国人は同じ会場でした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/64239067

この記事へのトラックバック一覧です: 飛鳥Ⅱ 函館発 仙台・ひたちクルーズ 1:

« 北欧、『巨人たちの住みか』10 | トップページ | 飛鳥Ⅱ 函館発 仙台・ひたちクルーズ 2 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ