« 北欧  ノルウェーに | トップページ | 北欧、『巨人たちの住みか』 2 »

2016/09/01

北欧、『巨人たちの住みか』1

Img_4404

 北欧の湖をバックに、ケルンと自分のザックを撮ったこの写真から始まる今回の顛末記は 北欧、“巨人たちの住みか”トレッキングと最高峰登頂、フィヨルド・ハイキング と命名されています。

ノルウェーにも巨人伝説があり、巨人の足跡が湖と成った大小様々な湖を見ながらトレッキングを楽しむコースと、ノルウェーを代表する景勝地プレーケストーレンも含まれているのです。

Img_3591

8月17日、一番の新幹線に乗れば集合時間にギリギリ間に合うはずですが万が一遅れると困るので前泊する事にした。 そうと決まれば初日はユックリ出発。妻は留守中1週間ほど東京に遊びに行くと言うので二人で高速バスに乗り新装成ったバスタ新宿へ。大変身した新宿にビックリ。

Img_3610

スカンジナビア航空に乗るのは初めて。スターアライアンスグループに所属しているのも嬉しい。

団体割引切符らしくマイレージが付かないと言う事でしたが惚けてマイレージカードを出すと何も言わず付けてくれた。儲かっちゃった!

Img_3613

11時間半掛けてデンマークの首都コペンハーゲンに向かいます。

Img_3639

夕食です。美味くもないが飛びきり不味いわけでもなかったがサービスがとても悪い。食事前に配る飲み物ではアルコール類は無料ですがその後は有料。パッと配ってサッサと片付けに来る。真夜中の水のサービスもなく飲みたければ座席に初めから置いてあるペットボトルの水を飲めば良いと考えて居るようだ。

Img_3650

耳栓をして寝ていましたが何となく騒々しい気配で目をさますと何やら配っている。お粗末な朝食かと思ったら夜食だった。

Img_3653

更に一眠りして朝食。

Img_3659

そろそろ到着らしく機は高度を下げる。

Img_3664

Img_3668

コペンハーゲンでは4時間45分の待ち時間をジッと耐えノルウェー南西部の港町スタヴァンゲルに向かう。

Img_3680

リーセ・フィヨルド地区の プレーケストーレン・マウンテン・ロッジには現地時間24時到着。日本を飛び立ってから18時間40分、なが~い初日が終わった。

Img_3698

翌朝撮ったロッジと

Img_3695

ノルウェー独特の屋根に植物が植わって居る我々が泊まった別館。僕は今日と明日東京のTさんと同室です。

Img_3692

目の前は湖だった。
水は水道水が飲めるので水の事を心配しなくて済む。ただし硬水です。
参加者8人。千葉県からU夫妻、ご主人がドタキャンし奥様だけ参加された埼玉のN嬢。他男性の一人参加5人。そして成田からアルパインのツアーリーダー山田君。更に現地ガイドのアンナさん。総勢10人のロングトレールが始まり今回も僕が最高年齢だった。

« 北欧  ノルウェーに | トップページ | 北欧、『巨人たちの住みか』 2 »

外国旅行」カテゴリの記事

山とトレッキング」カテゴリの記事

コメント

29日に帰国をされているハズ、、、と勝手に思い込んでいたので
この数日間 
なんで、ブログがアップされないんだ?
どうしたんだ?
なにかあったのか?
と 心配しまくりました。

無事のブログを拝見してひと安心、、というか weep よかった よかった

よし坊殿

エッ! エッ! 帰国していたんですか。知らんかった。そんで五体満足なんですか?
よし坊が日本にいない間とっても、淋しかった~・・・・・??? チョット・チョット。うそでしょ!
アイスホールには落ちなかったんですか! 全ルートを進むことはせず安全第一で終了したんですね。お疲れ様でした。信じられん!絶対 無理!無理! 最高齢者のよし坊がピークハントだけはガイドから止められたのでしょうね。もっともです!それでいいんですよ。

まさか身も心も巨人のごとく自信に溢れているのではないですか。そうであったなら、このツアーの意義は素晴らしいものになりますね。今日は余りの驚きで文が続きません。ゆっくり休養してください。

shinmama様
帰って来てから用事が立て続けにあり、なかなか更新出来ないでいたんです。
心配して頂き有難う御座います。
もしかすると遭難や事故のニュースもないしオカシイな?と思った事と思います。
無事です、元気です。

過酷な条件で歩いてきましたのでお腹が空いて仕方ない毎日で、ほんの一寸だけ食べる量を増やしています。

青大将殿
帰国しました。無事ですよ! 1.5キロ痩せました。過酷な割りに たった1.5キロです。
歩いて居るほんの1m横にはクレバス。クレバスも飛び越えましたよ。
最高齢者とも成ると遠慮せずガイドの直ぐ後ろで歩けますから楽です。ただし、コンパスが違って届かない事があり困る事もありました。
自信も付きましたが歳も感じました。期待した写真が撮れなかった部分も有りました。
時系列に沿った やっつけブログに成りそうですが御勘弁下さい。とても熊ブログの様なボキャブラリーに満ちあふれたブログには成りません。

 お帰りなさいませ~!
 行かれた先が遠いところでしたので、
 ご無事のお帰りでなにより良かったです。

 初めて拝見する北欧の雰囲気。
 どんな風景が現れるのか、とても楽しみです。 

お帰りなさいませ。
無事で帰国されてよかったです。^^

帰国後、用事や写真整理が忙しいく更新がないのかな?
それとも旅先で何かあった?
おっしゃるように、ニュースにもそのような記事もないし、、、、。
心配してました。でも、よかった。よかったです。^^


うつきよう様
はい、帰国しました。
オスロ行きの直行便は無いらしく乗り継ぎ便も間が開いて勿体なく時間を費やしました。
日本の山と違って岩だらけ。歩くのも大変で捻挫しない様に細心の注意をして歩きました。登山靴を履いていって良かったです。
一端山岳地帯に入るとフィヨルドの風景とは全く違い雄大な山岳風景が広がりました。

ニャン様
無事に帰国しました。
用事が重なってしまったのと庭木の手入れまで重なって更新が思う様に出来ませんでした。
やりたい事もあるのですが後回しにしてなんとかUPをしていきたいと思っています。
ニュースと言えば便利な時代になりましたね。スマホを持たないとダメかと思う出来事が有りました。

こんばんは!!!
よくぞご無事で・・・・・・・・(^o^)

お帰りの日時を存じませんでしたのでUPを今か今かと待ちわびていました。
いきなりフィヨルドの風景で、2007年の自分の北欧の旅を思い出しました。
次回からの更新を楽しみにしています。

ごくらくとんぼ様
お陰様で帰って参りました。
感動や苦行等沢山有りましたが覚悟の上で行きましたからそれも人生の糧と成りました。
出すだけの やっつけブログに成りそうですが体調のよい時にボチボチ読んで下さい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/64139852

この記事へのトラックバック一覧です: 北欧、『巨人たちの住みか』1:

« 北欧  ノルウェーに | トップページ | 北欧、『巨人たちの住みか』 2 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ