« 北欧、『巨人たちの住みか』9 | トップページ | 飛鳥Ⅱ 函館発 仙台・ひたちクルーズ 1 »

2016/09/23

北欧、『巨人たちの住みか』10

Img_4126

 巨人たちの住みかを締め括るにはなんと言ってもベッセゲン尾根の写真で〆るのが一番だろう。 何時までも心に残る絶景だった。

※拡大できます
ノルウェーはスカンジナビア半島の西岸で南北に細長くその北半分が北極圏です。フィヨルドの海岸は有名ですが内陸に入ると大小様々な湖が点在する雄大な山岳風景を楽しむことが出来る。更に高緯度ですから標高が低くても様々な高山植物を見る事が出来ます。高山植物に興味の有る人にも魅力有る国だろう。

Img_5415

高級ホテルは違いますね。品数が豊富で今回初めて定番のシリアルを食べた。

Img_5419

Img_5422

朝食後同室のUさんは出発まで時間が有るのでムンク美術館まで行ってくると言って出かけた。スマホを持って居る人達はGPS機能を働かせて何所にでも迷わず行ってしまう。ガラ系で充分と思っていたが考えないといけない時期に来たと思った。彼はアイパットまで持って来ていたのにはビックリした。

Img_5433

高速道路を走りオスロ空港に向かう。

Img_5442

Img_5446

空港到着。

Img_5451

Img_5453

此所で又機械相手に搭乗券の発行とタグを出す。

マイレージの申告をするのですが受け付けない。どうやら同じアライアンスグループでも別会社ではダメでSASのマイレージ番号だけが通用する。参ったな、、、事後申告は面倒で、、、

Img_5457

少し時間が有りましたが通貨のクローネは使い切っていたので買い物もしなかった。

Img_5465

Img_5469

Img_5479

デンマークのコペンハーゲンまで飛ぶ。

Img_5493

Img_5495

乗り換えていよいよ日本に。

Img_5510

Img_5515

 ハッキリ言ってスカンジナビア航空はケチです。短時間のフライトでも一寸したツマミは出ますがここはコーヒー紅茶だけ。国際線の長時間では食事前に無料でソフトドリンクと酒類は配られますが食後の酒類もコーラなどの炭酸水も全て有料。真夜中も水やコーヒーなど配りに来ません。座席前に初めから配られている1本のペットボトルを飲めば良しと考えているようです。食事も肉なら牛かチキン?パスタか御飯?どちらかを選べるのが普通ですが有無を言わせず1種類を出すだけ。 こんなケチな航空会社とは思いませんでした。
来年は、SASを使い今年行けなかった北欧観光に行こうと思っていますがナンダカナ~

Img_5520

Img_5522

成田に到着しました。同行の皆様本当に有難う御座いました。お世話に成りました。良い人達ばかりで良かったです。又何処かでお会いしたいですね。
お元気で!!!!!! 
後書き
出発3ヶ月前、ひどい腰痛で苦しんでいた。必死で病院に通うも効果が無くキャンセルした方が良いんじゃないかと真剣に思っていた。そんなある日ブログを通じてリリカが効くことを知った。プライドの高い先生で患者から薬をリクエストするなど出来るわけがないのですが恐る恐る言ってみると「強い薬だぞ、試しに10日分出そう」と、すんなり出してくれた。帰宅してネットで調べると物忘れの症状が出ることがあると書かれているでは無いか。これを飲み続けるわけにはいかないと思い試しに3日間飲んでみるとウソみたいに痛みが取れてしまった。1週間ほどすると又痛みが出る。3日間飲むと治る。
リリカを飲めば痛みが取れることが確認出来たのでその後は飲まず薬は持ってトレッキングに参加した。
ところがトレッキングの最中は全く痛みが来ない。早い話僕の腰痛は好きな事さえやっていれば痛まない事が証明された。
北欧最高峰のガルホピッゲンの頂上には立てなかったけれど健脚向きのコースを腰痛もなく成し遂げることが出来ました。しかし次はもう少し楽なコースを選ぼうかな...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

« 北欧、『巨人たちの住みか』9 | トップページ | 飛鳥Ⅱ 函館発 仙台・ひたちクルーズ 1 »

外国旅行」カテゴリの記事

山とトレッキング」カテゴリの記事

コメント

よし坊様のブログには 南米の果てや北欧の極限地など
行きたくても なかなか行くことができない場所が出てくるので 
拝見させていただくだけで いつも感動します。
いつもながらに細やかなレポート、、とても楽しかったです。
本当にありがとうございました。

蛇足ながら
「リリカ」「ボルタレン」「ロキソニン」「バッファリン」は 私の痛み止め四天王ですが
必ず「ノイエル」という胃壁保護剤を一緒に呑まないと 胃が荒れて大変なことになります。
どれも 習慣性はないので 安心なのですが、、、

「明日か」らは 「飛鳥」のブログが始まるのでしょうか?
楽しみが続きます。

shinmama様
たまたまそんな所が重なってしまっただけでもっと優雅に贅沢に行きたいのですが行った事が無い所がだんだん遠くなってしまったのです。
感動なんて言われちゃうと単純ですから直ぐその気になってプレッシャーを感じちゃいます。
胃の薬は飲まなかったです。大丈夫でしたが風邪薬と一緒に処方される胃薬を飲めば良いんですね。それなら持ち合わせがあります。良い事を教えて頂き有難う御座いました。

飛鳥は〜 一寸ユックリさせてもらって月曜日から・・・

 滅多に詳しく見ることなどできない北欧の山の様子を
 すばらしいお写真とともに拝見できて、感動しました。
 ありがとうございます。
 腰痛だったんですか。
 ご旅行中は痛まずなによりでした。
 歩かれたことがかえって良かったのかもしれませんね。
 リリカの処方は難しいですね。
 母は、めまいがでたら量を減らすように言われていますが、今のところ別状ないみたいです。

うつきよう様
そお言って頂けると嬉しいです。バタバタしながらもUPをなんとか続けていましたから。

腰痛のことは
TVでやって居たそうですね“好きな事をやっていると肩こりや腰痛は忘れている”と。正にそれです。
ロキソニンはどうしても吐き気がしてしまい飲めませんのでリリカに会えてよかったです。有難う御座いました。

北欧はシーズンが短いですから早すぎて雪が多いのも困るだろうし、遅いと寒いだろうし選ぶ時期が難しそうですね。
今回はドンピシャ。行って良かったです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/64229973

この記事へのトラックバック一覧です: 北欧、『巨人たちの住みか』10:

« 北欧、『巨人たちの住みか』9 | トップページ | 飛鳥Ⅱ 函館発 仙台・ひたちクルーズ 1 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ