« 飛鳥Ⅱ 函館発 仙台・ひたちクルーズ 1 | トップページ | 飛鳥Ⅱ 函館発 仙台・ひたちクルーズ 3 »

2016/09/28

飛鳥Ⅱ 函館発 仙台・ひたちクルーズ 2

Img_5613

 雨女が雨だけでなく台風まで背負い込んできてはたまったもんではないと思っていましたが、幸いなことに雨は降っていない。風もないぞ〜。よかったぁ

Img_5608

食事会場前の朝市のオジサン曰く「このホテルは食事が美味しいので有名です」。僕「ウ~ン、、、そおだね、、、」
出発前もう一度温泉に浸かって集合場所のホテルまでタクシーで。
スイートのお客さんは待たずして受付を済ませバスに。デッキごとの受付は仕方ないけど屈辱だね。

Img_5620

函館を11時出航です。

Img_5624

今までは何故か左舷の部屋ばかりで「きっとJTBに頼むと左舷なんだ」と思い今回は郵船トラベルに直接注文。結果は・・・左舷だよ、、、何が基準か解らない、、、で、今回は最低のKステート。2回の経験からFステートにする必要は何も無いと結論付けた。FとKの差3万円、Kとロイヤルスイートの差567,000円。理解出来ない遠い世界の差額です。
この部屋、救命艇のスクリュウが一寸邪魔ですがちゃんと海も見えます。

Img_5635

Img_5626

Img_5634

お決まりの避難訓練。点呼がありますから参加せざるをえません。

Img_5655

昼の出航でしたので幼稚園児達のイカ踊りが有りました
♪函館名物イカ踊り イカ刺し塩からイカソーメン も1つおまけにイカポッポ いかいかいかいかイカ踊り♪

Img_5670

時同じくして船上ではセイルアウェイ・パーティーが始まります。

Img_5685

そしてドラが鳴り船は静かに離れて行きます。

Img_5691

何時までも踊り続けてくれる園児達。夜の出港時にも大人がイカ踊をしながら何時までも見送ってくれたのは記憶に新しい。

Img_5703

函館山が見えます。

Img_5708

5デッキ レセプション。

Img_5713

11日の横浜港までの始まりです。

Img_5720

先ずは食事。フォーシーズンダイニング右舷一番奥の窓際に案内されました。

Img_5718

Img_5723

天麩羅重は美味しかったですが、お膳の向きが逆さだと思うんだけど・・・最後まで逆さで慣れっこに成りました。

Img_5725

台風の影響で波も凄いです。

Img_5736

食後11デッキを一回り。最先端のビスタラウンジです。珍しく誰も居ません。

Img_5744

妻は和室があることを知らなかったという。

Img_5754

Img_5748

リドカフェで

Img_5751

昼食後のデザート。写真は二人分で太りたくないので極力セーブ。

Img_5758

船内では各種ゲームも行われていましたが特に参加したいとも思わず

Img_5762

ビンゴだけ参加。今回も当たりませんでした。

Img_5780

妻がフラレッスンに参加すると言うので写真だけ撮って

Img_6514

12デッキのスポーツジムへ。実は船尾の階段を利用して階段登りをするつもりでしたがクローズされ出来ませんでした。

Img_5777

波は更に大きくランニングボードを目一杯急坂にして居ましたので危ないやら気持ち悪くなるやら、とてもやっていられなくて30分で止め。

P1000004

P1000005

その後グランドスパに入りましたが揺れるのなんの。写真は後日早朝撮影

Img_5881

そして妻の買い物に付き合い食事時間を待ちます。

Img_5787

Img_5788

Img_5791

Img_5804

Img_5807

夕食は1回目グループの5時半からですが窓際に座る気も無く毎回10~20分遅れて行きます。隣の席の人に二言三言話しかけるのですが全く乗ってこないので止めました。

Img_5813

毎回そうですが夕食後部屋はターンダウンされているのは嬉しいですね。 
その後プロダクションショー(撮影禁止)を見る。
この日船は揺れました。レセプションに有る酔い止めをもらって早々と寝ましたが、時々激しい揺れで眼が覚めます。上層階スイートのお客様達はさぞや大変な思いをしたことでしょう。

明日の仙台入港時には台風の直撃中か通り越した直後か・・・晴れ男が勝つか雨女が勝るか?ツアーは申し込んで有りませんからどちらに転んでも良いんです。

ところで雨女さんらしい人(((‥ )( ‥)))それとなく探してみましたが見つかりませんでしたね。

« 飛鳥Ⅱ 函館発 仙台・ひたちクルーズ 1 | トップページ | 飛鳥Ⅱ 函館発 仙台・ひたちクルーズ 3 »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

「イカダンス」 すごくかわいかったですね。
肌寒い中 最後の最後まで踊ってくれているのを見ると 泣きそうになりました。

ビンゴは よし坊様と私は 異なる会場だったようですが、
結構揺れていたので 参加者が少なかったですね。
それでも 今回は私も何ももらえませんでしたが、、、、。

船が揺れるときに ランニングマシンに乗ると 海を見ていても気持ちが悪くなりますね。
私は 船首に近い部屋でしたので 部屋でも気持ち悪くなりましたけど、、、。(笑)

あろうことか 台風(温帯低気圧になっていましたが)まで 呼んでしまい、
大きく揺れる船中で 「よし坊様、奥様、 ごめんなさい」 と思っていました。 
フラダンス教室に行ったら よし坊様と奥様に会えるかな?とは思ったのですが、
こっそり拝見するのも悪いし、声をかける勇気はないし、、、、catface

イカ踊りは振り付けも簡単ですから踊っている人も多いですね。
昼も夜も姿が見えなくなるまで踊り続けてくれるのには感激しますね。船が来る度にやる行事でしょうが頭が下がります。
ランニングマシンで僕は走らないんです。時速5キロで歩くのが山登りトレーニングで、その位が有酸素運動にピッタリかと勝手に思っています。
失礼とは思いつつ雨女雨女と何度も書きました事お許し下さい。

ビンゴ、当たりませんね。それなのに初めての乗船で当たる人も居ますからね。
フラは揺れてまともな動きが出来なかったようです。それなのにさすが先生は足が板に確り付いていたそうです。

コンバンハ!!!
クルーズなので拘って 『青海波』 のお盆にしてあるのでしょうがホント、普通に考えると逆のようですね。
しかし細かいところに気がいくよし坊さん、そこら辺の男性は気が付きませんよ(^o^)

ああ、和室があるんですね。これは客室でなく誰でも利用できるんですか?将棋や囲碁ができるようですもんね。

ごくらくとんぼ様
ウ〜ン、日本人じゃないので正しい向きを知らないんじゃないかな〜?それとクルーズと青海波の関連まで思いつかなかったです。今、気が付きました。有難う。
僕は細かい所に気が付きすぎて色々問題も出るしいざこざも出るので良い事ではありません。
長期のクルーズだと和室でお茶会等も行われるんでしょうね。短期だと囲碁も将棋もやっている暇も無く皆さん動き回って居ますから。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/64243736

この記事へのトラックバック一覧です: 飛鳥Ⅱ 函館発 仙台・ひたちクルーズ 2:

« 飛鳥Ⅱ 函館発 仙台・ひたちクルーズ 1 | トップページ | 飛鳥Ⅱ 函館発 仙台・ひたちクルーズ 3 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ