« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016/09/30

飛鳥Ⅱ 函館発 仙台・ひたちクルーズ 3

Img_5817

 眼が覚めると晴れています。晴れ男パワーが勝ったようだ。
実はこの日とんでもない大チョンボをしてしまうのですがこの時点では晴れていることの嬉しさで気分爽快。

続きを読む "飛鳥Ⅱ 函館発 仙台・ひたちクルーズ 3" »

2016/09/28

飛鳥Ⅱ 函館発 仙台・ひたちクルーズ 2

Img_5613

 雨女が雨だけでなく台風まで背負い込んできてはたまったもんではないと思っていましたが、幸いなことに雨は降っていない。風もないぞ〜。よかったぁ

続きを読む "飛鳥Ⅱ 函館発 仙台・ひたちクルーズ 2" »

2016/09/26

飛鳥Ⅱ 函館発 仙台・ひたちクルーズ 1

Img_5543

 昨年飛鳥に乗ったので割り引き券が有ります。使わずに無駄にしてしまうのは勿体なく期限切れ前に無理矢理決めた今回のプランです。とても中途半端なプランですが常陸那珂に飛鳥としては初めて寄港するらしく、ならばさぞや盛大な受け入れ行事やイベントがあるに違いない。それに袋田の滝にも行きたい。と思ったのです。

9月7日、台風が本土に向かってきている最中前泊する為に函館に向かうのですが、実は自他共に認める雨女が同じクルーズに乗船することが解った時から嫌な予感がしていたんです。 このままでは台風直撃だよ、、、飛行機は飛ぶのか?船は来るのか?と色々考えてしまう事が多い今回のクルーズ。

一体全体どんな事に成ったのかその顛末記の始まり始まり。

続きを読む "飛鳥Ⅱ 函館発 仙台・ひたちクルーズ 1" »

2016/09/23

北欧、『巨人たちの住みか』10

Img_4126

 巨人たちの住みかを締め括るにはなんと言ってもベッセゲン尾根の写真で〆るのが一番だろう。 何時までも心に残る絶景だった。

※拡大できます
ノルウェーはスカンジナビア半島の西岸で南北に細長くその北半分が北極圏です。フィヨルドの海岸は有名ですが内陸に入ると大小様々な湖が点在する雄大な山岳風景を楽しむことが出来る。更に高緯度ですから標高が低くても様々な高山植物を見る事が出来ます。高山植物に興味の有る人にも魅力有る国だろう。

続きを読む "北欧、『巨人たちの住みか』10" »

2016/09/21

北欧、『巨人たちの住みか』9

Img_5024

Img_5030

 エレベゼター・カルチャー・アンド・アート・ホテルは小さいながらも立派なリゾートホテルですね。朝食前に外を一回りしてみました。

続きを読む "北欧、『巨人たちの住みか』9" »

2016/09/19

北欧、『巨人たちの住みか』8

Img_4874

 アレ?雨が降っていません。ひょっとすると登頂出来るのかと期待をしたのが間違いだった。

続きを読む "北欧、『巨人たちの住みか』8" »

2016/09/16

北欧、『巨人たちの住みか』7

Img_4646

 昨日の雨はウソだったのかと思う位の上天気に成りました。

びしょ濡れに成った靴もザックも乾き気持ちよく歩けそうです。

続きを読む "北欧、『巨人たちの住みか』7" »

2016/09/14

北欧、『巨人たちの住みか』6

Img_4509

 今日はどんなに晴れ男がオーラを放っても雨。 悪い事に全行程中最も長い距離を歩かなければ成らない日だ。

写真のストックで指しているライルバスブーに向かう。

続きを読む "北欧、『巨人たちの住みか』6" »

2016/09/12

北欧、『巨人たちの住みか』5

Img_4290

 予報に反して今日も上天気。
北欧独特の淡い太陽光のなか8時5分発の船に乗る為、船着き場に向かいます。

続きを読む "北欧、『巨人たちの住みか』5" »

2016/09/07

北欧、『巨人たちの住みか』4

Img_4126

 自分の足で歩く以外見る事が出来ない求めていた絶景です。 左がイェンデ湖、右がイェンデ湖より湖面の標高が400m高いベス湖です。

※拡大できます

続きを読む "北欧、『巨人たちの住みか』4" »

2016/09/05

北欧、『巨人たちの住みか』3

Img_3963

 この日は移動日で起点となる山小屋まで向かいます。

北欧を代表する山岳風景が広がるヨートゥンハイメン国立公園内を3泊4日で縦走。当然期待する光景に出会える日々が始まるはずです。

 

続きを読む "北欧、『巨人たちの住みか』3" »

2016/09/03

北欧、『巨人たちの住みか』 2

Img_3786

 ノルウェーを代表する観光地はプレーケストーレン

往復5時間掛かるそこに足慣らしで登ろうと言うプランですから参加者の健脚ぶりが計り知れる。

続きを読む "北欧、『巨人たちの住みか』 2" »

2016/09/01

北欧、『巨人たちの住みか』1

Img_4404

 北欧の湖をバックに、ケルンと自分のザックを撮ったこの写真から始まる今回の顛末記は 北欧、“巨人たちの住みか”トレッキングと最高峰登頂、フィヨルド・ハイキング と命名されています。

ノルウェーにも巨人伝説があり、巨人の足跡が湖と成った大小様々な湖を見ながらトレッキングを楽しむコースと、ノルウェーを代表する景勝地プレーケストーレンも含まれているのです。

続きを読む "北欧、『巨人たちの住みか』1" »

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ