« 飛鳥Ⅱ 函館発 仙台・ひたちクルーズ 5 | トップページ | 父の日プレゼント »

2016/10/10

彼岸花

P1000001_2

 日頃のトレーニング場も見渡す限り彼岸花が咲いて居ます。
と言ってもこの写真を撮った日は9月29日の事。今はすっかり枯れ咲いて居るのを見る事は有りません。

P1000002_2

雨が続きサボり気味でやっと晴れればバカみたいに暑く思う様にいかないトレーニングです。
しかし、当分は本格的なトレッキングの計画がないのでノンビリ構えて居ます。
ノルウェーから帰国し体重は2.5キロ減りましたがウエストが5㎝減りズボンが緩くなって困って居ます。
腰痛は全く有りません。有難い事ばかりです。

« 飛鳥Ⅱ 函館発 仙台・ひたちクルーズ 5 | トップページ | 父の日プレゼント »

ウォーキング」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しておりました。申し訳ありません。
ブログは、ずーっと拝見させていただいていたのですが、貧乏暇なしでした^^;
腰痛もなくお元気そうで何よりです。
飛鳥ⅡでShinmama様との出会いがあるかな?と楽しみにしておりましたが
お互い顔を知らない者同士。すれりがっていても分かりませんね・・・。
クルーズ旅、リピーターが多いと聞きますがなるほど。
企業努力も大ですね。^^
彼岸花もいつの間にか枯れ、急に寒くなり秋本番ですね。

コンバンハ!!!
以前はどこにでも咲いていた彼岸花ですがウチの方では今はあまり見かけなくなってしまいました。たまに少しかたまって咲いている程度です。これだけ咲いていると見事ですね。

体重も減り、ウェストも減った・・・・・・・・ああ、羨ましい!
こちらは夏のグータラの付けが来てどうやって元に戻そうか悩ましいところなんです^_^;

今は鳥撮りはないんですか?

ニャン様
お忙しい事は良い事です。やる事もなくボーッと過ごすなんてニャン様や僕には考えられない事です。
腰痛は又何時何所で襲ってくるかわかりませんので安心は出来ません。
そおなんです。それとなく探しては居たのですが解りませんでした。
クルーズは一度乗るとその魅力にはまるという人が多いようですね。我が家はそこまではいっていません。

ごくらくとんぼ様
あれ〜?少なく成りましたか?畦道や小川の土手等何所でも見かけましたのに。白い彼岸花も増えましたが靜岡ではあまり見かけません。
そおなんです。体重とウエストがね。今のところその後の小食に徹する努力もありリバウンドしていません。

カワセミは居るのですが個体数が少なくシャッターチャンスが殆ど無くてお休み状態。そろそろ本格的に通おうかと思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/64311173

この記事へのトラックバック一覧です: 彼岸花:

« 飛鳥Ⅱ 函館発 仙台・ひたちクルーズ 5 | トップページ | 父の日プレゼント »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ