« ミスタードーナツ | トップページ | 大間 へ 2 »

2016/10/17

大間 へ 1

Img_6820

 常々こんな事を考えていた。「本州最北端の地 大間 に立ちたい そして鮪も食べたい」と。
マイレージを使い青森まで飛ぼうと思ったのですがANAは飛んでいない事が解った。 ならば新幹線しかない。どうせ乗るなら冥土の土産にも成るだろうからと この際グランクラスに乗ろうと考えた。JTBに電話するも希望通り取れるか解りませんがやってみますとの返事。「取れました」と嬉しそうな声が帰って来た。

 ブログUPがずれ込んでしまいましたが出発したのは10月2日。その顛末が・・・・

Img_6562

東京駅では「ほんのり屋」に入り

Img_6561

オムスビと味噌汁を注文。この量で我が家の2人分。
グランクラスに乗るお客が食べるとは思えない内容と量だと思い思わず笑ってしまった。

Img_6558

乗車券を見せるとグランクラスの特権で

Img_6563

八重洲中央口前の ビューゴールドラウンジ に入る事が出来る。

Img_6564

たまたま誰も入って居なかったので気兼ねなく写真が撮れた。

Img_6565

お菓子とソフトドリンクのサービスがある。ドリンクはお代わりが出来る。新聞・雑誌や無線LAN・クロークと一通り揃っていて乗車90分前から利用出来る。
勿論ギリギリ90分利用した。

Img_6578

はやぶさに乗ります。 前に こまち も繫がって居るんですね。

Img_6589

Img_6597

はやぶさの先頭車両がグランクラス。

Img_6602

座席は1+2の配列。通路が狭く見えますが座席が広いからです。

Img_6606

総皮のリクライニングですが昔のビジネスクラス位です。

Img_6609

雑誌やスリッパも有る。

Img_6615_2

メニューです。 ※拡大できます

Img_6619

Img_6625

食事とは言えないほんの軽食程度。
僕はスパークリングで妻はワインやビールをお代わりしていた。夕飯の変わりと思って居るので食べるのは極力後回しにした。結論からすれは昼飯に引っかけて乗車するのがベストだと思った。

Img_6638

新青森駅に到着。寂しい感じのする駅だった。在来線に乗り換え青森駅へ向かいます。

Img_6641

駅の目の前 東横インは便利さを優先して予約した。 二日後に再び此所に泊まります。

Img_6653

税サービス料込み8,964円と安いが、此所でもグランクラスに乗る人の部屋ではないと笑いが込み上がって来た。



明日は台風が近づきつつ有る最悪の気象条件です、、、

« ミスタードーナツ | トップページ | 大間 へ 2 »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

QM2でクルーズをしたときに 
何度も世界一周をする とても裕福な日本人ご夫婦に
イギリスの夕食は高いから いつも成田で「鯖寿司」を買ってきてホテルで食べるんだと言われ
「しめるところは しめる」ことが 当然のことなのだと学びました。

飛行機でビジネスに乗っても 前泊のホテルは成田の安いホテル、、、
いずこも同じ、親近感を感じて ほっとしました。

shinmama様
小佐野賢治(ロッキード事件)のような金持ちでも節約する所は節約する。と言うより金持ちほど節約するのかも知れませんね。
3日前にダイヤモンドプリンセス5月6日発 海側(視界難)が86,000円とJTBから案内があり翌日申し込むと「満席です」だって、、、それならいかね〜 と断っちゃいました。

 グランクラスは長い時間乗るほど「乗りがい」がありますね。
 18席しかないので、JTBもとるのに苦労するようです。
 我が家は2度ほど、縦に2席しかとれませんでした。  
 東京駅から乗るとビューゴールドラウンジ が利用できるのですか。
 いつも大宮で乗り継ぎなので、知りませんでした。
 はい「軽」食です(笑)
 おっしゃる通りで、我が家はいつも「昼食」狙いです。
 「新青森」はなにもない駅でしたが、まだ「なにもない」ままのようですね。
 行き先は大間ですか!
 実際の距離より、交通手段など考えると、さらに遠く感じます。
 「大間の鮪」はいかがだったのでしょう?
 続きが楽しみです。

 

うつきよう様
仰る通り長いほど良いと思います。せっかくのグランクラスなのにブランケットを借りてひたすら寝ている人も居ました。
予約の時、直接駅に行くと確率がドンと下がる、JTBは数人で手分けして一斉に端末を叩くから飛躍的に良くなると言われJTBに注文しました。

ゴールドラウンジは出来て6ヶ月だそうですからまだ知れ渡っていません。飲み物だけがお代わり自由ですから大したことはありませんが使い心地は良かったです。

新青森は寂しい駅でした。もう一寸店が有ればいいのにと思いました。
大間の鮪が・・・・

大間に行かれたんですね。
グランクラスの存在も車内の様子も全てブログを拝見し知った次第です。
どこへ行くのも車優先。
公共の乗り物には疎い我が家です。
長らく下北もご無沙汰。大間のマグロはいかに?
今、横浜にいますが、タグボートにて拝見しています。

ニャン様
グランクラスは うつきよう様がよくお乗りになって居るので一度は乗って見たいと思って居て、良い機会だからと今回にぶつけました。

後ろの人に気を使うことなく座席を思い切り倒せるのが特に良かったと思いました。
それに新幹線は速いですね。歳と共に公共の乗り物を使う機会が増えるのだろうと思っております。運転は好きですが新幹線は楽です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/64330374

この記事へのトラックバック一覧です: 大間 へ 1:

« ミスタードーナツ | トップページ | 大間 へ 2 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ