« 松茸だ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜1 | トップページ | ドクターヘリ »

2016/11/02

松茸だ~~~~~~~~~2

Img_7704

 竹松旅館は3階建てで間口が狭くウナギの寝床みたいに細長い。

※写真真ん中の建物

Img_7670

廊下に置かれていた松茸です。売ってもらいたかったのですが、お昼のお客さん用なので売れないとの事でした。

Img_7693

朝ご飯はお粗末でした。
松茸入り朴葉味噌焼きと松茸御飯以外は松茸とは何の関係もない作り置きを並べて出しただけ。味噌汁はやっぱり不味い。

さて、幹事の話では一泊して18,000円という。昨夜あれだけ沢山の松茸を食べたんだから料理だけの値段じゃ無いの?と心配になりました。支払いの時解りましたが一泊の値段でした。 16,000円〜20,000円とランクがあるそうですが18,000円と2万円の違いは刺身が一人二切れになり松茸の天麩羅が増えるらしい。
部屋はお粗末ですが正真正銘の松茸を上品に食べよう・・・等と考えずに「パクパク食う」には上等です。

Img_7758

お土産が宿で買えなかったので 高遠グリーンファーム まで戻って買います。 何とこれで4,700円。高島屋で買ったら3万円はすると思った。
売り場の直ぐ横では取ってきた松茸を売りに来ている人が居て売り主買い主の値段交渉を目の当たりに見られた。
因みに宿の常連客には最も安い時期に成ると頼まれて送るのだそうですが5本で5千円ほどだという。

Img_7707

宿を出て向かったのは平山郁夫美術館。本人の作品以外なら撮影可能だという。

Img_7709

Img_7715

Img_7718

ジックリ見れば2時間は掛かる。

Img_7727

Img_7729

続いて翁でソバ。
高橋名人は居なくてもこの店は人気があり駐車場は満車状態。東京・横浜・名古屋と広範囲の車が駐まって居た。

Img_7740

靜岡まで戻り のっけ家で夕食。

Img_7749

本マグロの貴重部位 頭肉丼を食べて解散。浜松の人達と別れる。

来年度の幹事の話では来春は川越と富岡製糸場に行く予定とか。製糸場は行きたいけど川越は何度も行って居るし、どうしたもんか・・・

« 松茸だ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜1 | トップページ | ドクターヘリ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

美味しそうな松茸を目でしっかり楽しませていただきました(^o^)
本当に豪勢ですねぇ~~!
昔は小笠山でたくさん採れたんですが最近はあまり聞きません。

甲斐小泉にある美術館ですよね。2009年6月に行きました。
広大な砂漠を進むラクダの列・・・・・・シルクロードの絵が大好きです。

ごくらくとんぼ様
ハイ、美味しかったです。
確かに昔は遠州の山では沢山取れました。又松茸〜ぇ と言ってブツブツ言いながら食べましたからね。

僕は初めて行きました。ラクダの列に破壊された後のバーミヤン遺跡の絵がありました。
箱根の美術館には破壊される前のバーミヤンの絵がありますよ。

 お土産に買われた松茸、傘の開き具合といい、良いですねえ!
 それに安い!
 今年はピークが遅くにずれ込みましたが、
 そのおかげで長く楽しめました。 
 豊作でしたね。
 「翁」のお蕎麦、大盛りにしないと私には足りなさそうです。
 富岡製糸場、いつでも行けると思うと行かないもので、まだ行ったことはありません。
 すぐ近くの 「こんにゃくパーク」 では 「こんにゃくラーメン」 がおいしいと人気だそうですよ。
 
 

うつきよう様
今年は終わりましたからと電話が入って、中止になる可能性も有りましたが食べられて良かったです。
翁には大盛りがないんです。二枚食べるか三枚を二人で食べるかですね。それに ざる と田舎しか有りません。そこが僕の気に入っているソバ専門屋だと思います。勿論温かいソバは有りません。
こんにゃくラーメンですか〜!!!!アイデア頂きます。

広島の高橋名人の道場が閉店になったので
もう彼の打ったおそばを食べる機会はなくなりました。
不思議なもので 近くにあるお弟子さんのお店に行けばよいものを その気にならないのです。
でも 諦めがついたら、いずれは、、、、。

よし坊様の真似をして 「松茸を食べに旅行に行く」、、という 
リッチな話が出るはずもない我が家に、幸運の女神が微笑みました。
明日、ブログアップします。

shinmama様
高橋名人は時々ニューオータニで蕎麦を打っていますよ。蕎麦だけでなく会席のようです。
shinmama様のようなお金持ちならどうって事は無いでしょうがオータニの会席は我が家には端から無理です。
オータニクラブの冊子で時々案内されています。
松茸三昧が、あんな金額で食べられるなんて信じられません。妻は来年行く気満々です。

さて、明日?何だろう・・・・楽しみです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/64424513

この記事へのトラックバック一覧です: 松茸だ~~~~~~~~~2:

« 松茸だ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜1 | トップページ | ドクターヘリ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ