« 越前蟹の季節がやってきた 2 | トップページ | EOS1-Dx MarkⅡ 試し撮り »

2016/12/12

越前蟹の季節がやってきた 3

Img_8755

 3日目の朝 かねとも の全景を撮りました。

Img_8725

例年食べ切れなくて残しますので ゆがきたてアツアツコース27,000円と めおとコース23,700円税込みサービス料別で泊まって居ます。 めおとコースの蟹はセイコだけ食べて、雄は持ち帰る事にしてあります。

Img_8727

お造りには蟹サシも有ります。醤油で食べるも良し、焼き蟹ミソを付けて食べるも良し。絶品ですね。しかし、昔は蟹サシだけ別のさらでドンと出ました。

Img_8729

蟹味噌を焼いています。焼きすぎで黒く成っちゃいました。焼きすぎはダメです、、、

Img_8730

小鉢は妻の大好物、なまこでした。

Img_8731

アツアツコースの ゆがきたてを親父が持って来ました。半身だけ親父が捌いてくれますが「もっと丁寧にやれよ!身がいっぱい残ってるじゃないか~」と言いたくなります。半身を自分で捌いた方が多かったですよ!
アツアツコースの蟹は大きいので夫婦で分けて食べれば丁度良いほど身がタップリ詰まっています。

それはそれとして、好みで蟹ミソを絡めて食べるのも悪くありませんが蟹酢も付けずそのまま食べた方が美味く感じるほど甘みがあります。

Img_8734

Img_8735

Img_8736

Img_8737

鍋はとても食べ切れませんので朝 食べる事にしました。

Img_8739

Img_8740

朝ご飯はお粗末です。年々悪くなっていると思います。 昨夜食べなかった鍋があるからなんとか食べてはいますが、、、

Img_8742

宿の1階には越前蟹が沢山入っている生け簀がが有ります。蟹たちが窮屈そうです。
一風呂浴びて さあ帰ろう。

Img_8760

敦賀に寄ります。毎年この店で若狭カレイを50枚買います。

Img_8766

蟹には眼もくれず

Img_8771

敦賀のさかな街を後に自宅に帰ります。
これで我が家のメイン行事は全て終了。アット言う間の一年が今年も終わるのか〜〜

« 越前蟹の季節がやってきた 2 | トップページ | EOS1-Dx MarkⅡ 試し撮り »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

今年もグルメ&旅三昧でしたね。
今年のグルメはこれで終わりですか?と書こうとしたら
“これで我が家のメイン行事は全て終了。”
となっていたので “ほんとかなァ~~” と思いましたよ。
まだ20日あります(^o^)

ごくらくとんぼ様
メインは全て終わりました。
チョロッと食べに行くとか日帰り温泉くらいは行くかも知れませんが。
ハガキソフトの故障が復旧しなくて困り果てております。
あと20日しかない、、、

本当に美味しい蟹は蟹酢も付けずにそのまま食べるのが
甘みも強く感じられ美味しいですよね。賛成~^^
日本しか知らない私ですが、季節ごとの食の楽しみがありますね。
筍、桜鯛、イカ、松茸、河豚・・・・・♪
年中行事に季節の味覚をいただくことは至福そのもの。
今年も季節の美味しいものを召上りましたね。^^
越前は京都にいる時よりず~っと近くなったのに、越前ガニを食べに行く予定がありません、、、^^;

 例年どおり蟹で締めくくり。 
 いつものことがいつものようにできるのが、なんといっても幸せですね。
 生簀の蟹を見ると、あるところにはあるなあ! 
 来年こそは越前へ!
 我が家は今年もノーブランドです。

ニャン様
蟹酢要らないですよね、あまいですから。
ニャン様達は季節季節の美味しい物を召し上がっていらっしゃり、我が家は足元にも及びません。
年々沢山食べられなく成ってきているのが心配なんです。美味しい物が一寸ずつ沢山 が良くなりました。
そおですね、ほんの一走りの距離ですね。だからこそ何時でも行けると思ってしまう。
地元の美味しい物こそ見直さなくてはならないかも知れませんね。

うつきよう様
蟹は大好きで子供達と一緒に行こうかと誘った事がありましたが、蟹は食べるのが面倒なのでイヤとのことでした。
氷見の寒ブリなら行くと言われましたが真冬は雪の事もあり行く気がしません。

よし坊殿

今年一年お疲れ様でした。御年の割には積極的に動き回り体力気力が持続できて立派な一年でしたね。来年もポジティブに活躍されることを期待しております。楽しく優雅にね!

白鳥インターを通って大野市に行かれたのは初めてのようですね。長良川の上流の景色はどうでしたか。熊しか住まない所だとお思いでしたでしょうが人情は厚く美人しか住まない桃源郷なんですよ。素通リして行ってしまっては、もったいない事でしたね。ホント残念でした!

よし坊が言われている様に、かねともの親父は何年通っていても顔と名前を憶えていませんね。去年行った時に、よし坊の紹介で来たと言って蟹一杯おまけして貰おうと思ったのですがマジで記憶にないようでした。私も相当自慢のボケですが、かねともの親父には負けました。
お互い動けるうちに良い思い出を、いっぱい作りましょう。生きた証を心に刻みましょう。

青大将殿
つたないブログにお付き合い下さり誠に有難う御座いました。
独標の楽しく優雅な思い出は宝物になりました。
白鳥インター付近では白くて大きな家を探しましたが見つかりませんでした、、、
熊や恐竜しか居ないところに美人が住む?早く教えてくれなくちゃダメですよ。計画を変えたかも知れません。
かねともの親父、全くお客の顔と名前を覚える気はありません。同業者20人ほどで毎年行って居たのですがその団体の名前さえ覚えないんですからひどいもんです。
青大将も自慢のボケ?イエイエ、それ以上によし坊ボケはグレードが違います。
ところで今年も かねともに行くんですか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/64594306

この記事へのトラックバック一覧です: 越前蟹の季節がやってきた 3 :

« 越前蟹の季節がやってきた 2 | トップページ | EOS1-Dx MarkⅡ 試し撮り »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ