« Jリーグアウォーズの後は 鉄道模型博物館へ | トップページ | ちょっと一休みして翡翠です »

2016/12/28

試し撮り カイツブリの子供

Aa3i3159

 天気が良くて風が無ければ試し撮りに通って居ます。

そんな有る日、カイツブリの子供が出て来ました。 春なら解りますが秋に生まれたんですね。ビックリしました。

Aa3i3173

親と同じ位生長していますからオンブ姿ではありません。 1羽が潜りました。上手に潜っています。 しかし2羽だけですか・・・たぶんこの2羽だけが育ったんでしょうね。 フワフワ」・モヤモヤしている子供の産毛にピントが来ません。毎回カイツブリの子供はピントの良い写真が撮れません。

Img_3335

2日後、アレ?子供が1羽しか居ません。

Img_3341

親は心配そうに子供の後を泳いでいます。猛禽にでもさらわれたのでしょうか?

Img_3364

元気に育っては居ます。羽根をバタバタさせて羽毛のフワフワ感が綺麗に写りました。

Img_3461

その翌日、2羽居ました。良かった〜!

Img_3471

元気だよ!と言って居るかの如く1羽が思い切り近づいてくれました。

Img_3480

Img_3484

餌は上手に捕れないらしく親が時々渡していました。

« Jリーグアウォーズの後は 鉄道模型博物館へ | トップページ | ちょっと一休みして翡翠です »

」カテゴリの記事

コメント

え~!カイツブリの子供、秋にも見られるんですね。
私も春だけだと思っていました。驚きです。
カイツブリが潜った時の波紋のシャープさも、羽毛の質感もとても良い感じですね。
鉄道模型博物館も一度行ってみたいです。
でも、東京や横浜に宿泊するときには、何時も用事で忙しく時間が取れないのが
悲しいです、、、、^^;

ニャン様
ビックリしました。温かかったからなんでしょうかね。此所だけでなく他でも見たという話を聞きました。
昨日は親を見ましたが子供は出て来ませんでした。
目の前まで来てくれる絶好の位置で来年以降も楽しみが増えました。
ミサゴは一度も来てくれませんでした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/64669512

この記事へのトラックバック一覧です: 試し撮り カイツブリの子供:

« Jリーグアウォーズの後は 鉄道模型博物館へ | トップページ | ちょっと一休みして翡翠です »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ