« リハビリと静養に 2 | トップページ | 満開の桜 »

2017/04/17

リハビリと静養に 3

Img_9721

 温かで穏やかな三日目を向かえました。 ゴルフ場に咲くのはモクレンだろうか?

Img_9701

同じ朝食会場でしたが前日は居た中国人がこの日は一人も居なくて静かです。

Img_9705

Img_9718

洋食にはミスマッチですが釜揚げシラスが有りましたので大根おろしにワカメを添えて。

Img_9765

チェックアウト11時ギリギリまでリハビリのミッションをこなします。

Img_9768

敷地内の桜が一気に咲き始めました。

三日間ラフォーレ修善寺に居ましたが鳥の姿が多く鳴き声も様々でとても楽しめました。

Img_9788

チェックアウト後、さくらの里に行ってみました。

Img_9785

満開に近いさくら、全く咲いていない桜、色々でした。

Img_9792

この調子なら伊豆高原の桜トンネルが綺麗かも知れないと思い行ってみましたが殆ど咲いていません。それよりすっかり老木化してしまい咲いても見応えがないんじゃないかと思いました。

Img_9809

遅い昼食を西浦の「山源」で食べようと思っていましたが、休憩時間中で閉まっていて沼津まできました。

Img_9836

4時直前からどの店も閉まって、開いていたこの店に。

Img_9825

僕の頼んだ刺身定食。不味い刺身で刺身全種類を半分残しました。はかない抵抗ですがひどい味でした。

Img_9830

妻は鯵。こちらはマズマズの味でした。
ラフォーレ修善寺の山紫水明は、チェックイン15時 アウト11時 一人1泊20,088円(税・サービス料込み)は設備と内容からすると安いんじゃないだろうか。食事内容は値段なりかな?ゴルフやテニスをする人なら安く感じるかもしれない。

« リハビリと静養に 2 | トップページ | 満開の桜 »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

設備も整っていて、お部屋は露天風呂付き、それで20,088円はお安いですね。
いいじゃないですか。これは是非とも行ってみたいです。
朝食のヨーグルトには三種類のソース。甘党だとすぐにわかりますね。^^
夫も何時もありったけのソースをトッピングします。
桜には少し早かったようですが、奥様とお花見もできて良かったですね。♪

ニャン様
値段の割りに揃っているし良いと思います。チェックイン3時が一寸難ですが。
ヨーグルト、そおなんです。確り見られちゃいましたね。甘くないと美味いと感じないものですから、、、蜂蜜やシロップを掛ける事もあります。
少しですが花見も出来て、旅最後の食事以外は上出来でした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/65152349

この記事へのトラックバック一覧です: リハビリと静養に 3:

« リハビリと静養に 2 | トップページ | 満開の桜 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ