« 出かけておりました | トップページ | リハビリと静養に 2 »

2017/04/11

リハビリと静養に 1

Img_9275

 退院したらユックリ温泉に行ってリフレッシュしようと言って居ましたがイザ何所にするか決まりませんでした。

遠くまで行かない・散策や運動が出来る・必ず温泉・専用露天風呂付の部屋・高からず安からず が選考基準です。

 

Img_9592

やっと決まったのがラフォーレ修善寺です。 3泊の予定でしたが次々予定が入って2泊に成ってしまいました。

Img_9286

序でに寄り道して日本一長い吊り橋(400m)三島スカイウォークへ。渡るのに大人一人千円は高い、、、

Img_9325

Img_9352

残念な事に富士山が全く見えません。駐車場と券売り場では富士山が見えるかどうかの確認が出来ない配置に成っているのです、、、

Img_0390

Img_0392

箱根の下りで寄ったラーメン屋 一番亭。

醤油と塩ですが全く進化していないラーメンでしたが不味いとも思いませんでした。我が家以外全てのお客さんが定食を食べていましたが“炭水化物の重ね食いは太るし身体に良くない”と頑なに守る我が家。

Img_9382

Img_9391

そして世界遺産の韮山反射炉。 周りが綺麗に整備され広い駐車場も出来ビックリしました。中に入って何度説明を聞いても同じ事だからと思い入りませんでした。

Img_9563

ラフォーレ修善寺の、泊まるのは山紫水明(サンシスイメイ)弐号館。
Img_9760
充てられた部屋は1階の山412。2階の方が富士山がよく見える事が翌日解りました。

Img_9616

Img_9617

バリアフリーになっていて部屋に段差が無く躓く事を恐れる今は願ったり叶ったり。空調と床暖房。トイレにも暖房があります。そして照明は全てLEDでした。

Img_9620

Img_9623

露天風呂ですが半露天ですね。風呂にも手摺りが付いていました。

Img_9451

目の前にはゴルフ場。

Img_9559

場内は非常に広く(※末尾写真)フロントに電話をしてバスを呼びます。バス停も随所に有りますが目の前まできてくれるバスや部屋の呼び鈴を押してくれる運転手も居ました。

Img_0400

Img_0397

バスに乗って送ってもらい先ずは大風呂に。滞在中貸切かそれに近い状態がズッと続きました。 妻は大浴場・部屋の風呂・リハビリプログラムのストレッチ等を交互にこなしています。

Img_9458

Img_0412

夕食は何カ所もある一つ 天城 が指定された食事会場でした。

Img_0407_2

Img_0411

Img_0413

Img_0416

Img_0419

Img_0423

Img_0425

Img_0428

Img_9465

戻った時には陽もすっかり落ち強い風で木々がザワザワと音を立てていました。
桜はほんの少し咲いて居るだけ。満開を期待して居たのですが残念です。

Lafo01

※拡大できます

« 出かけておりました | トップページ | リハビリと静養に 2 »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
お久しぶりです。今日の記事を見てニタッとなってしまいました。私が二か月ぶりに更新した記事と被っていたからです(^o^)
もっとも私の方はいつものお手軽旅行ですからよし坊家のような記事は書けませんでしたが・・・・・・・・・。

三島のスカイウォークは晴れていてよかったですね。富士山は見えなかったのですね?

ホテルのお料理のお味はいかがでしたか?

ごくらくとんぼ様
同じような所に行ったんですね。こんな事も有ります。景色が共有出来て良かったです。
特に何かが有ったわけでもなくお元気でいたらしいのでブログを読んでホッとしましたよ。
料理、味はソコソコ、量もあんなもので丁度、もう一寸多かったら食べ残します。
10日には金の豚の前を通り墓参りに行きました。

高所恐怖症の我が家は、三島スカイウォークは何時も素通りです。^^;
とても良いお天気なのに富士山が見えない事もあるのですね、、、、。
ラフォーレ修善寺、随分と広い敷地で色々な施設があるんですね。
驚きました。
リハビリと温泉。お二人にとって良い気分転換になられたでしょうね。^^
客室専用露天風呂のある部屋は良いですね。

 リハビリを兼ねての温泉旅行、良いですね。
 ちゃんとリハビリもこなされて、奥様偉いです!
 すっかり違和感なく回復するには時間がかかりますから、
 あまり根を詰めすぎないようになさってくださいね。
 温泉は気持ちも体もほぐれてゆっくりできますね。
 それにしても広いんですね! びっくりしました。
 お泊りになったお部屋はモダンなコテージ風ですてきですね。
 洋室ですか?
 バリアフリーはポイント高いですね。

ニャン様
高所恐怖症の人は絶対無理ですね。風が強ければ揺れもあります。
せっかくですからね、富士山を入れた写真でないと絵になりません。
ラフォーレ、広いですよ!!イースト地区には別にホテルやスパ等が有るんですが、今はマリオットに変身する為の大改革工事をやって居て使えませんでした。8月オープンだそうです。
はい、ノンビリさせて頂きました。

うつきよう様
三泊するつもりでしたが二泊になってしまいましたが良い静養になりました。
なんでも程々だと思っておりますから少しずつ気長にやらせようと思っております。
洋室でした。トイレにも手摺りが付いていました。
専用露天風呂にデッキの付いた部屋も有る様でした。欠点は寝室にTVが無い事です。
マリオットに成るとどう変わるかも楽しみです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/65118332

この記事へのトラックバック一覧です: リハビリと静養に 1:

« 出かけておりました | トップページ | リハビリと静養に 2 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ