« ジープ島2 | トップページ | ジープ島4 »

2017/05/29

ジープ島3

P5200010_2

 波の音と風の音を聞き気持ちよく眠る事が出来、寝不足が解消できました。

さて、今日はシュノーケリングと砂で出来た小さな島に出かけます。

 

 

Img_0225

明け方雨が降りましたがその直後虹が出ました。ジープ島は虹が有名で、二重三重の虹や丸い虹が見られる事で有名です。この時も二重に掛かって居るのですが写真に写り込みませんでした。(時間と太陽の位置等条件が整わないと虹の良い写真は無理そうだ)

Img_1041

朝ご飯です。

Img_0241

島にはコアジサシも居ます。

Img_0255

大きな珊瑚が転がって居ました。

Img_0262

Img_0283

Img_0288

Img_0303

ヤドカリも沢山居ます。子供が来た時はいい遊び相手になる様です。

Img_0315

Img_0327

迎の船が来ました。犬たちも気配を感じて居ます。 時間がノンビリ進む島ですから直ぐ出発しません。コーヒーを飲み煙草を吸い(実はこれが大変困った、風上に逃げなくてはならない)一頻り喋ってから出発する。

P5200016

サア出発。昨日に比べ波が静かで助かる。ジープ島が遠くなって行く。

Img_0337

環礁の直ぐ手前まで来た。環礁の外は大波。何と綺麗な事か。

Img_0346

Y嬢・息子・柴崎さんの三人はシュノーケリング。

Img_0354

僕は船上で景色を楽しんだ。

Img_0378

三人が帰って来た。 代わりに一寸だけ僕が潜る。

P5200032

P5200037

P5200046

P5200068

水中も楽しめました。

Img_0382

次は綺麗な砂の小さな無人島へ移動します。

Img_0426

Img_0396

Img_0465

Img_0438

Img_0486

Y嬢は今回で三回目。ジープ島に魅せられている。

Img_0510

流れ着いた椰子が芽を出しています。凄い生命力を感じます。

P5200072

ジープ島に戻ります。

Img_0544

遅い昼飯。 ご飯は鍋で炊いている。

Img_0554

Img_0576

波や風の音を感じながらボーッとしたり昼寝をしたり何もやる事のない贅沢を楽しんだ。

Img_0604

Img_0610

Img_0644

夕焼けはダメだった。

Img_1044夕ご飯はBBQ。

Img_1047
焼きながら食べるのではなく焼き上がったものを大きなタッパーに入れて出て来る。美味しかった。余りはワンちゃん達に。毎回食事が始まるとテーブルの下で今や遅しと待ち構えているのがなんとも可愛い。

Img_0652

食事中激しい雨になり、外で寝てみようと思ったのにあきらめた。この夜は風が無く寝苦しかった。

※この日は一眼レフ・バカチョン・水中仕様OKのカメラ3台を使って居るので色や縦横比が微妙に違って居る

« ジープ島2 | トップページ | ジープ島4 »

外国旅行」カテゴリの記事

コメント

 時間はだれにでも平等のはずですが、
 ジープ島は別世界で、なんだか違う時間が流れているようですね。
 波の音が聞こえてくるようで、
 癒されます。

ご無沙汰しております。
南国の小さな無人島に滞在。 ワイルドですねぇ ビックリしました。
時は金なりの経済的な活動から離れて、ハイテクなものが何もない自然の中で自然と一体になってのんびりと過ごす。 これこそ最高の贅沢ですよ! いい旅してますねぇ! 凄く興味深く拝見させてもらっております。

コンバンハ!!!
砂の無人島の風景は素敵ですね。こんな夢のような時間を過ごしてこられたよし坊様は何とお幸せな事か。快く出してくれた奥様に感謝ですね(^o^)

うつきよう様
アレ?サンフランシスコから書き込んでいるのでしょうか?そうだとしたら大変有難う御座います。
トレッキングでは味わえない良さがありました。
食事内容は海外トレッキングの方が豪華ですね。ギアナ高地やパタゴニアと似たり寄ったりです。

かっくん殿
かっくん好みのナンチャッテ原始生活の部分も有りました。かっくんも含めて我々のような山屋はこんな生活は直ぐ受け入れてしまう適応力が有りますね。
エンゼルフォール以来のハンモックも快適でしたよ!!

ごくらくとんぼ様
一人留守番している妻が階段から落ちていないかとか車の運転でヘマしていないかと寝床に入ると考えてしまいました。
行かせてもらい感謝してます。

 残念ながら、サンフランシスコは別のお方。
 私はどっぷり上田にいます。
 今日はこれから真夏日になるらしいので、
 ジープ島の波の音と、風が奏でる椰子の葉ずれの音を想像しながら過ごします。

海の色がなんとも美しいですね。
透明度だけではなく、珊瑚礁や白砂が寄り海をより美しくしているのでしょうか?
ワンちゃんが、おすそ分けを待つ。長閑です。
別世界のようです。こんな時間が過ごせたらハマってしまいそうです。^^
何となく「ひょっこりひょうたん島」をイメージしてしまいます。♪

どう考えても 雨女の私が「行きたい」なんて 思っちゃいけないところですね。(笑)

いいなあ、青い空に青い海、、、


うつきよう様
そおだったですか。僕の早とちりだったんですね。スミマセン、、
今日は暑いですからね。日本の蒸し暑さは異常です。
ヤシも実の生っている真下にいると落ちてきて怪我しないかと心配になりました。

ニャン様
海の色は綺麗でした。光線の具合や波の具合で様々に変化して見応えが有りました。
犬もとても懐いていて吼えたり噛んだりもしませんから安心していられました。
確かに小さいのではひょうたん島のようですね。

shinmama様
雨も降ってくれないと虹も出ませんから。それにこの島では生活水ですから無いと困るんです。
本を読むには良い環境ですから行ってみては如何ですか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/65329892

この記事へのトラックバック一覧です: ジープ島3:

« ジープ島2 | トップページ | ジープ島4 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ