« ジープ島3 | トップページ | ジープ島5 »

2017/05/31

ジープ島4

Img_0725

 ジープ島を離れる日がやってきました。

 

Img_0657

朝日はこの日もダメだった。

Img_0670

虹は出ましたが昨日より更に悪い。

Img_0674

♪な〜がれよ〜るヤシのみひとつ♪朝食前椰子の実が島に流れ着きました。

Img_0698

Img_0700

朝から綺麗な声で鳴いているのはミクロネシアの国鳥「ミクロネシアミツスイ」です。椰子の花の蜜などを吸っているとの事ですが見ていると虫も食べています。強烈な赤色をしています。18〜55mmの広角ズームレンズではまともな写真は撮れません。 朝飯前の鳥撮りタイムでしたが楽しめました。

Img_1050

朝食です。ピーナツバターは有りますが二日間ともバターは有りませんでした。

Img_0705

食後は土産物が並べられました。買う気は無いのですが無理矢理2点買いました。

Img_0761

Img_0765

島に来てから今日が一番天気が良い。

Img_0278

Img_0795

コアジサシは人を恐れず目の前を通過する。

Img_0897

Img_0899

これは・・・コチドリです。

Img_0973

ミツスイが直ぐ頭上に来てくれましたので何とか撮れましたが逆光線でなんともお粗末。

Img_0993

時々来る全身真っ黒で一寸大きい鳥は野鳥図鑑の分布図から見てクロアジサシ(L40cm W85cm)のようだ。これは近くに来てくれない、、、広角ズームじゃダメだ、、、

Img_0839

船が来ました。初めに下りてきた男性は島の開発者 吉田さん。

Img_0880

午前中Y嬢はドルフィンスイムに行くと言って出かけた。沢山のイルカに会えて感激したと報告が有った。

Img_0918

昼飯はオムスビだった。

Img_0924

ビールや炭酸水はBLRで買って持ち込んである。僕はコーラを1日1本ずつ飲んでいた。 息子は買ったビールと日本から持ち込んだ焼酎。

諸物価も安く国民一人当たりの年収も日本に比べれば極端に低い国で有りながら島でのアクティビティーは異常と言って良いほど高いと感じた。

Img_0946

いよいよ島を離れる時が来た。賄いをしてくれた人・ボートを操舵してくれた人それぞれにチップを渡す。働く人がほとんど無いという国で彼らは現金収入を得ているから金持ちの部類なんだろうと想像する。

Img_1006

島から離れる時、グルッと一周回ってもらった。

Img_1027

Img_1068

光線の向きによって海の色が全く違う。

Img_1080

Img_9406

だんだんと島から離れる。今、虹が出れば島を囲むような虹が写るだろうに、残念。※後ろ姿の写真はY嬢提供

P5210081

「夏島」と旧日本軍が付けた島の横をかすめるように船は進む。

Img_1103

Img_0035初日水着に着替えたBLR(ブルーラグーンリゾート)に到着。

Img_1116
ロビーには米軍が爆撃し燃えさかる旧日本軍の軍艦が写る写真が飾られている。

Img_1124

キンキンに冷えた部屋でした。冷えているほどサービスが良い事だそうだ。久しぶりにバスタブに浸かった。

Img_1139

Img_1155

高級リゾートホテルで全ての部屋はオーシャンビュー。

Img_1160

日本軍が使って居た兵器などがオブジェに成って居た。

Img_1057

Img_1058

レストランで島の開発者吉田さん・島常駐者でダイビングインストラクターの柴崎さん・ 横浜のY嬢・息子と食事。僕の頼んだのはチキンカツレツで11ドルでした。
 
エピローグに続く

« ジープ島3 | トップページ | ジープ島5 »

外国旅行」カテゴリの記事

コメント

 過ぎてみるとあっという間ですね。
 開発されたのは日本の方なんですね。
 青い海に浮かぶ島の風景はファンタジーのようです。
 拝見しながら命の洗濯をさせていただいた気がしていました。
 それはそうと、息子さんはお酒がお強いのですね!

うつきよう様
好きな事をやっているとアット言う間ですね。短かったですが命の洗濯が出来ました。
次男は飲めますね。昔職業柄大酒飲みで有名なみのもんたと飲み明かした事が有るくらいですから。

冒頭のハンモックの画像が何とも南国らしいですね。
原色の美しい鳥たちや白いサンゴ礁、風に揺れるヤシの葉などさぞかし自然を満喫なさってきたことでしょう。
一度でいいからこのような風景に身を置いてみたいものですが自分では無理なので今回素晴らしい写真の数々を見せて頂いて幸せでした。

ごくらくとんぼ様
トレッキングだと、一日が終われば直ぐサウナだシャワーだと忙しく、明日着るのはどれだ?と決めなければならないし場合によっては洗濯もする。
しかし、此所では海水パンツと羽織るシャツがあれば良いので楽ですね。ボーッとするにはもってこいの場所でした。一般的な日本人のようにガツガツ何かやっていないと落ち着かない人には不向きだと思いました。

こんな旅をしてみたいと新たな夢がひとつ増えました。
なーんにもしなくても一日があっという間に過ぎていきそうです。
犬が大好きなので犬と遊んですごすのも良さそう。
夫はきっと一日ねてます、、、^^;
息子さんとの楽しい旅でしたね。親子でこんな時間が過ごせるなんて素敵です。

ニャン様
我が家は1年ぐらいの間に、グランドホテルニュー王子に泊まって みね に食べに行きたいとニャン様のブログを読んで思う様に成りました。マイレージがタップリ貯まっていますから。
犬が好きな人は良いと思います。人に馴れた犬たちですから。
嗜好品は甘党も辛党も自前の物を確り持っていかないと満足出来ないかも知れません。
今回は息子も僕も干渉することなく好き勝手にしていました

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/65340599

この記事へのトラックバック一覧です: ジープ島4 :

« ジープ島3 | トップページ | ジープ島5 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ