« オオタカ | トップページ | 四季倶楽部フォレスト箱根 値段の割りには良いね の巻。 »

2017/05/01

レッドロビンとドウダンツツジ

Img_9874

 手入れの甲斐有ってレッドロビンの葉が綺麗に出そろいました。 年中殺菌を繰り返していないと直ぐおかしくなりますので油断出来ません。これほど手の掛かる生垣になるとは思っていませんでした。

ドウダンツツジも一斉に咲きました。

Img_9910

Img_9917

Img_9903

ドウダンは二本植えてあるのですが毎年大きくならない様に剪定します。 今年、コブシは一輪も咲いてくれませんでした。

« オオタカ | トップページ | 四季倶楽部フォレスト箱根 値段の割りには良いね の巻。 »

」カテゴリの記事

コメント

レッドロビン鮮やかで綺麗ですね。
でも手間がかかるんですね、、、、。
ドウダンツツジも可愛く綺麗です。
夫は何時も中途半端に世話するので、後で手直しするのが大変です。

レッドロビン ベニカナメモチは スズメバチがその樹液を好むので
殺虫剤にダインを混ぜて 在職中、建売住宅に何度も噴霧していたことを思い出します。

そういう意味からも 面倒だと思いますが、たびたび殺菌をされるのは良いことではないでしょうか?
巣をつくると厄介ですから、、、。

根元にオルトランを撒いたことがありますが、この木にはあまり効き目はなく 
薬を噴霧するのが 一番効果があった気がします。

燃えるような色がきれいな樹木ですので この時期見かけると 惚れ惚れします。
ドンダンツツジ、、、きれいですね。 大好きな花の一つです。

ニャン様
植えて3年くらいはとても綺麗ですがそれを過ぎるとほとんどの家のレッドロビンは病気に成って見るも無残に葉が落ちてしまい別の生垣にしたり塀にしてしまう家が多いですね。
世話はは大変ですからご主人の気持ちと行動は行く解ります。

shinmama様
何時まで頑張って手入れするか解りません。根負けしそうです。いよいよと成ったら一年中青いカナメモチに変えちゃおうかと思ってしまう事もあります。
今日は庭木の消毒をしました。柿と梅は早めにやっておかないと毛虫が発生してしまいますので。
水5リットルに対してオフナック乳剤キャップ半分・オルトラン乳剤2ハイ・サンヨール乳剤1ハイ・ダイン半分を毎回混合して居ます。これがなかなか万能で使い勝手が良いです。レッドロビンの殺菌は全く別です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/65204957

この記事へのトラックバック一覧です: レッドロビンとドウダンツツジ:

« オオタカ | トップページ | 四季倶楽部フォレスト箱根 値段の割りには良いね の巻。 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ