« 四季倶楽部フォレスト箱根 値段の割りには良いね の巻。 | トップページ | 四季倶楽部フォレスト箱根 どの面さげて謝りに来るんだ の巻 »

2017/05/05

四季倶楽部フォレスト箱根 そして事件は起こった の巻

Img_0747

 

 二日めの朝、とても綺麗な鳥の鳴き声で眼が覚める。姿は見えないがキビタキだろうか?

 

食後はリハビリと運動を兼ねて箱根ビジターセンター周辺を歩こうと思います。

Img_0722

 

Img_0723

 

Img_0724

 

嬉しい!たまごかけ御飯でした。

 

Img_0726

 

Img_0728

 

夜は焙じ茶だけでしたが朝はコーヒーと紅茶が飲めました。

 

Img_0735

 

誰も居ない時間を狙って再び展望風呂の桜を撮しに行きました。昨日の方が奇麗だったかな?

 

Img_0736

 

此所にはサウナもありましたが一度も入りませんでした。

 

Img_0761

 

ビジターセンターに駐車して

 

Img_0751

 

Img_0740

 

妻の足元に注意しながらユックリ歩きます。

 

Img_0743

 

Img_0746

 

Img_0748

 

Img_0750

 

桜は綺麗、鳥の声がひっきりなし。手術した左足が少し短いらしく傾いていますが、かなりのピッチで歩ける様に成りました。

 

Img_0752

 

野鳥の森前には立派な観察小屋。女性の鳥撮りの姿が多かったです。

 

Img_0754

 

Img_0755

 

子供の広場ど真ん中には大きな山桜が満開でした。

 

Img_0759

 

遠くに箱根カントリークラブが見えます。

 

Img_0762

 

丁度1時間、ビジターセンターに戻りました。館内は鳥関係が詳しく展示されている。

 

Img_0769

 

天気も良く富士山も綺麗。

 

Img_0771

 

そして湯本まで移動して 鯛ご飯懐石の「瓔珞(ようらく)」に到着。

 

Img_0787

 

松花堂鯛ごはん(3,500円税別)・松花堂鯛茶漬け(3,800円税別)を注文。

 

Img_0774

 

Img_0775

 

Img_0776

 

Img_0777

 

Img_0780

 

Img_0781

 

鯛ご飯

 

Img_0783

 

Img_0784

 

鯛茶漬け

 

Img_0786

 

Img_0790

 

とてもこんなには食べられないと思いましたが食べられました。
夕飯に食べるのが良いと思いました。

 

Img_0793

 

支払いの時 鯛ご飯弁当 が有る事に気がつきました。女将の話では「これを買って

 

Img_0795

 

店の横の

 

Img_0794

 

カウンターで召し上がる人も多いんですよ」と言う事だった。

 

Img_0796

 

残時元箱根に行ってみた。中国語ばかり聞こえて来て急いで退散。

 

Img_0799

 

箱根は何所も桜が満開。写真は竜宮殿前。

 

Img_0807

 

さて、夕飯です。

 

安い宿ですから最悪昨日と同じ料理を覚悟していましたが「連泊のお客様にはすき焼きをご用意させて頂きました」との事。

Img_0810

 

Img_0811

 

Img_0813

 

Img_0814

味はマズマズ。値段の事を考えれば上出来です。

 

温泉に何度も浸かり「さて、8時に成ったもう一度温泉に」。

 

 

そして事件が起こった。

 

 

出て来ると女湯の前で妻が待っている「ナニ?どうしたの?(゜゜;)エエッ」。

 

事件の真相はこうだ。

 

露天風呂には妻と酔っぱらい女。その女性は可成り酔っているらしく出口を間違えるほど。タオルも風呂場に置いたまま出ていった。その後妻が出ると自分の脱いだものがソックリ無い。別の脱衣籠にはお漏らしをしたらしい濡れたショーツとメガネ、その上に重ねてあった浴衣だけ。事の次第を連絡したくても風呂場には電話もない。仕方なく意を決して酔っぱらい女の着ていた浴衣を羽織り僕の出て来るのを待った。

 

事の次第を聞いた僕は急いでフロントに。夜フロントは一人しか居ないらしく呼びには行ったがなかなか出てこない。やっと出て来たフロントに概略を話し直ぐ露天風呂に行かせる。代わりの浴衣を持って来るのも時間が掛かる。フロントの子は犯人を捜す為連絡が取れない2部屋以外全ての部屋を回ったが見つからないと報告の電話が来る。電話で報告だけか?コノバカ者が!それから1時間後「見つかりました」と言ってフロントの子が持って来た。一寸待て、持って来ただけか?謝りに来てクリーニングして返すくらいの事はして良いだろう。ホテルは宿泊費全額返すくらいの事をしても良いんじゃないのか!と言ったがラチがあかない。恥ずかしい酔っぱらい女がと思えば思うほど憤懣やる方無く一晩を過ごした。

 

末尾の写真は事件の起こった露天女風呂。ご安心下さい、写真はチェックイン3時前、我が家以外誰も居ない時撮りました。(男湯と同じ大きさの左右対称でした)

 

Img_0803

 

« 四季倶楽部フォレスト箱根 値段の割りには良いね の巻。 | トップページ | 四季倶楽部フォレスト箱根 どの面さげて謝りに来るんだ の巻 »

国内旅行」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

酔っぱらいの女性どうしようもないですね。
旅の恥は掻き捨て・・・という次元をはるかに超えていますね。
それに、酔っぱらった状態での温泉は迷惑!本人にとっては危険!です。
そしてホテル側の対応も腹立たしい。誠意がないですね、、、。
大浴場にはやはり電話をお設置しておくべきですね。
奥様お気の毒に・・・嫌な思いをされましたね、、、。
鯛ごはん懐石のお店、良いですね。
旅メモに残させていただきます。何時か行けるように。^^

ニャン様
ひどい目に合いました。
この事さえなければ値段にしては充分満足でしたのに残念です。しかし近場で連泊したいような時には又使ってみようと思います。
鯛ご飯は よう様のブログで知った店です。箱根に行ったら行こうと思って居ました。夕飯が付いていない時に夕ご飯として行けば我が家は小食ですから丁度良いかなと思いました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四季倶楽部フォレスト箱根 そして事件は起こった の巻:

« 四季倶楽部フォレスト箱根 値段の割りには良いね の巻。 | トップページ | 四季倶楽部フォレスト箱根 どの面さげて謝りに来るんだ の巻 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。
無料ブログはココログ

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。