« ジープ島4 | トップページ | 再びあさりうどん と新商品牛とろ玉うどん »

2017/06/02

ジープ島5

Img_1077

 ネットサーフィン中偶然見つけたジープ島。 自分の眼で見てみたいと思って出かけた。期待した虹の掛かる島の撮影は出来なかったが充分満足出来た。

※写真をクリックすれば拡大できます

食事もソコソコに大急ぎで寝た。 余り時間はないが4時間半ぐっすり寝た。 真夜中12時送迎バスが出る。

Img_1060

チューク国際空港に到着。

Img_1062

極めてアナログな保安検査で、写真右側の台の上でスーツケースと手荷物を開け中身を確認する。息子のは中まで丁寧に調べて居たのに僕のは開けただけで終わり。此所から順次左へ左へと進みながら発券とチッキの荷物に付けるタグを付ける。この時注意していないと別人の物に付けられてしまうから確り目視。 出国料20ドルを払いパスポートに出国スタンプを押してもらう。

Img_1065

午前2時50分発

Img_1068

飛行機も到着した。機内では飲み物のサービスがあった。

Img_1076

グアムでは2時間20分待ちで成田行きに無事乗れ、機内では朝食が出る。

Img_1078

間もなく成田のはず。この写真を撮った後富士山も見えた。 成田到着は月曜朝、定刻9時35分。

Img_0363_2

チューク環礁の直ぐ手前、目の前で見た白に近いパールブルーの海。

※拡大できます

Img_1035_2

奇跡の島とも言われている おとぎの国の島の様なジープ島
※拡大できます
数々の思い出を残してジープ島の旅は終わった。

Tora01

チューク環礁内は日本軍が付けた日本名の島が沢山有る。本島で飛行場のある春島。夏島と秋島の間を通り冬島を右手に見て斜めに進むとジープ島が有る。 曾てはこの環礁の中に戦艦大和も武蔵も居たと言うから日本人としては複雑な気持ちがする。 ※ホームページより

Img_0964

そしてもう一枚は見る事の出来ない上空からの写真。機会が有ればドローンを持って出かけると良いだろう。※写真は手配会社地球屋のパンフレットから。
さて、オマケの1枚は両足包帯だらけの姿。 帰国した日、日焼けがひどいので病院に行くと「ほとんど火傷だね」と言われこんな姿に成った。今は右足首だけがひどく他は包帯も取れた。

Img_1182

« ジープ島4 | トップページ | 再びあさりうどん と新商品牛とろ玉うどん »

外国旅行」カテゴリの記事

コメント

 あららららら•••!
 なんとまあ痛々しい!
 実際痛かったでしょう?
 熱が出たりしませんでしたか?
 夢のようなジープ島の思い出と、
 現実の日焼けの後の思い出と、
 忘れられない旅になりましたね。
 拝見した私にも忘れられないよし坊様のブログになりました。
 おみ足お大事に。

みごとに日焼けをされたよし坊様を見て、
奥様は何とおっしゃったのか 興味があります。(笑)

お風呂に入ると 痛いでしょう?
でも 服で隠せる「足」でよかったですね。
いや、顔も腕も 焼けているかな?

コンバンハ!!!
おとぎの国と言うか、私にはプラス 『不思議の国』 です。
広~~い・広~~い太平洋のなかに浮かんでいる小さな小さな島、なぜそこに存在しているのか不思議です。大波にさらわれて一夜にして無くなってしまわないのだろうか、考えるだけで頭が膿んでしまいそうです^_^;

次男さんとの男同士の旅もなかなか無いこと事ではないでしょうか。よし坊さんに付き合ってくれて良い息子さんだと思います。

うつきよう様
不思議な事に痛くは無いんです。毎日病院通いをしていますがイソジンで消毒する時が痛いだけです。かゆくても叩いて我慢しろと言われています。
ずっとシャワーだけでしたが、やっと今日からお風呂に入る事が出来ました。

shinmama様
帰国してその足でお風呂に行って、風呂の後病院に行きましたからね。ジックリ見たのは包帯姿でしたね。さしたる心配もしてくれません。
エキザルベと言う塗り薬が臭くて、それを指摘されました。
この薬、死んだ細菌が入っているんですね。人間の身体の仕組みの凄さにビックリしました。

ごくらくとんぼ様
不思議の国・・・成るほど。それも有りですね。
環礁に囲まれて居ますから大波は入って来ないんですね。台風もこの付近では来ないそうです。もし来たらどの家もぶっ飛んでしまうだろうと言っていました。
はい、有難い事です。普通なら 行かない の一言で終わってしまうでしょうに。
又と無い良い機会でした。

なんて痛々しいお姿でびっくりしました。
もうすっかり治られたのでしょうか。

壁紙、カレンダーにしたいぐらいのお写真、楽しませていただきました。

みやび様
ひどい火傷部分がほんの一寸悪いのですが、今日からネットもガーゼも取って塗り薬だけにしました。
二本の足の皮がそっくり新しくなりました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/65346886

この記事へのトラックバック一覧です: ジープ島5 :

« ジープ島4 | トップページ | 再びあさりうどん と新商品牛とろ玉うどん »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ