« 昨日帰国しました | トップページ | 静寂のフィヨルドホテルに泊まる きらめく北欧の大自然 2 »

2017/07/27

静寂のフィヨルドホテルに泊まるきらめく北欧の大自然 1

Img_1401

 「添乗員がご案内する 静寂のフィヨルドホテルに泊まる きらめく北欧の大自然9」 と題するLOOKJTBのパックツアーを選びました。

ベテラン添乗員が付き、歩く度合い最低で、観光列車や観光船、大型フェリーや高速列車に乗り移動中も景色が堪能できると言う足が不自由な妻に打って付け。しかも往復の飛行機は久しぶりにCクラス(ビジネスクラス)。願ったり叶ったりのプランです。

Img_1746

羽田発は楽で良いです。

Img_1763

羽田の上級クラス スターアライアンスラウンジはANAがやって居るんだね。

Img_1766

Img_1778

Img_1772

中は結構広く、如何にも日本だと思うのは蕎麦や鮨も置いて有りました。食べ過ぎると機内食が食べられませんから加減が難しい。写真に写っている物を二人で分けて食べました。見渡せば酒好きが一番メリットが有りそうです。

Img_1786

Img_1793

ANAとのコードシェア便です。

Img_1782

そして、ジャンボを使うんですか、、、日本では貨物しか使わなく成りましたね。てっきり総二階建ての飛行機だろうと想像していましたが見事に外れました。

Img_1799

座席はユッタリしていて良いですね。

Img_1377

席について直ぐ運ばれてくる飲み物。オレンジジュースとシャンペンを選びました。 そして11.5時間のフライトが始まります。

Img_1383

お代わりは日本茶とビール、、、変な取り合わせ、、、やっぱり酒飲みの勝ちですね。

Img_1385

Img_1390

妻の頼んだ日本食。

Img_1386

Img_1389

Img_1393

僕は洋食。

メインを肉で頼んだのに魚が出て来て一口食べて気が付きクレームを付けられず無理に食べる。

Img_1394

デザートは和洋とも同じでした。

Img_1398

妻は早々と寝てしまいました。フルフラットに成りますからとても寝心地が良い。

Img_1402

真夜中に運ばれてきた夜食。アイスクリームは積んで居ないと言うのでフルーツを選びました。

Img_1403

Img_1404

着陸1時間前の朝食ですが現地時間は夕食時。妻は和食、僕は洋食。

Img_1406

そして食後の飲み物。頼めば何でも有りです。

Img_1411

フランクフルトに到着。

Img_1412

一生乗る事はないであろうファーストクラスを撮らせてもらいました。
スカンジナビア航空を何故使わないか理由を聞いた所、Cクラス席の数が少ないからだそうです。ごもっともでは有りますがそれが為に何時間も余分にかかるのは勘弁願いたい。

Img_1800

さて、オスロに向かいます。此所からはYクラスに乗り2時間。

Img_1414

飲み物と不味いサンドウィッチでした。

Img_1419

スカンディック ソリ ホテル がノルウエー初日のホテル。

Img_1421

バスタブ付で日本人には有難いですね。
機内で確り寝たのに時差ボケもなくグッスリ眠れました。

« 昨日帰国しました | トップページ | 静寂のフィヨルドホテルに泊まる きらめく北欧の大自然 2 »

外国旅行」カテゴリの記事

コメント

ブログが 始まりましたね。
爽やかな国から 湿度の高い日本の夏に戻られて 閉口されているのではないでしょうか?

>酒好きが一番メリットが有りそうです
はい、その通りでございます。
ラウンジもビジネスクラスも 酒呑みには ありがたい存在で 毎回楽しみにしています。

ツアーは全員がビジネスクラスのツアーですか?
それとも 希望者だけがランクアップするツアーですか?

shinmama様
連日蒸し暑くて参っちゃいます。
ですよね〜ラウンジと機内サービスは酒飲みに あれ?呑むはこの呑むですか?早い話、味わうのでなく呑み込んじゃうんですね。道理で底なしです。やっと理解できました。以後酒呑みを使います、、、

全員ビジネスです。以前shinmama様は希望者だけYクラスの方が絶対有利な理由をツアコンから聞いたとブログに書かれましたね。しかしそれだとトータルで高くなって我が家向きではないんです。内容より値段優先です。
絶対有利な理由はブログには書かれませんでしたから、未だに知りません。何かの機会に教えて頂けると嬉しいです。参考にさせて頂きます。

おかえりなさい
知らない間にお出かけになり、日々忙しくしている間にお帰りになっていました^_^;
北欧のすばらしい景観を堪能されたことと思います
自分が見てきた景色と重ね合わせながら楽しませていただきます

ところで今朝のニュースで成田空港利用者10億人突破と報じていました
私は10億人の一人に入っていません^_^;
いつか数10億人のうち一人になれるかな?

ごくらくとんぼ様
日本は暑い!!こんな時は新しくなったつま恋(名称が変わったのかな?)の日帰り温泉にでも行ってリラックスして下さい。僕は近場で我慢します。
あれ?曾てトンボさんが行かれたニュージーランドも東欧(だったかな)は成田発ではなかったですか?

流石ビジネスクラス、ゆったりとしていて楽そうですね。
寝るのにもフラットになるというのは有難いです。
奥様の体にも負担が少ないというのが何よりですね。
多分一生乗る事ないであろうビジネスクラス。
楽しませていただきました。
本当、アルコール好きが一番得をしそうですね。^^v 

ニャン様
グアム往復の時のビジネスクラスと大違いで妻の身体の為にもフルフラットはホントに助かりました。
>多分一生乗る事無い 等と言わずYでもFでもお乗り下さい。一度乗っちゃえば後は惰性で何度でも乗れるようになりますよ!
そしてお酒の好きな方には最高です。
手始めにハワイは如何でしょうか。

 ご旅行のタイトルだけでうっとりしてしまいます。
 期待がふくらむ旅立ちですね。
 ツレアイが今より多少時間の余裕があって、ふたりでハワイに行った折、
 JTBか飛行機会社の都合かわかりませんが、
 なんと帰りの飛行機がアップグレードでビジネスクラスになりました。
 30年近くも前のことです。
 当時より座席ももっとずっと良くなっているのでしょうね。
 ファーストに至っては、豪華すぎてなにがどうなっているのやらわかりません。
 我が家もこの先縁がないだろうな・・・
 拝見できただけで、良い経験です。
 

うつきよう様
内容はタイトル負けしていると思いました。フィヨルドをたくさん見てきたからかも知れませんが。
僕も2回目のヨーロッパ行きの時Yクラスに成った事が有りました。その頃のリクライニングはセイゼイ45度くらいしか倒れませんでしたが食事は1品ずつ運ばれてきました。
Fクラス。一生乗れません、、、
PCがおかしく成ってしまいマックのサポートを受けながらあたふたしているここ2日間です。まだ治りません、、、

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/65580119

この記事へのトラックバック一覧です: 静寂のフィヨルドホテルに泊まるきらめく北欧の大自然 1 :

« 昨日帰国しました | トップページ | 静寂のフィヨルドホテルに泊まる きらめく北欧の大自然 2 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ