« 静寂のフィヨルドホテルに泊まる きらめく北欧の大自然 3 | トップページ | 静寂のフィヨルドホテルに泊まる きらめく北欧の大自然 5 »

2017/08/02

静寂のフィヨルドホテルに泊まる きらめく北欧の大自然 4

 

Img_2398

 ノルウェーが誇る世界遺産でカラフルな三角屋根の木造家屋が見えます。

Img_1443

Img_1444

生野菜が不足しがちですので果物で補っていますが果糖の取りすぎが気になります。

Img_2245

朝食後、ホテル直ぐ横のブリッゲン地区をカメラ片手にブラブラ。

Img_2249

世界遺産には正面から陽が指していません。

Img_2263

クルーズ船も沢山停泊。クイーンメリーⅡも来ていました。一晩掛けてフロムからベルゲンまで来たんでしょうね。

Img_2269

Img_2270

Img_2283

市内観光をしながらブリッゲン地区にきました。

Img_2302

Img_2303

Img_2311

この日のマスターガイドが「スリに気をつけて・スリに気をつけて」と しつこいほど言います。

Img_2314

主な商品 鱈の上げ下ろしに使った滑車等も残されています。 これらの建物はハンザ商人の事務所や倉庫、宿泊場所として使われていた。

Img_2326

一端外に出た。見つけたマンホール。カラーなら解りやすいのに残念。

Img_2435

そしてハンザ博物館に入場します。

Img_2329

Img_2332

Img_2340

Img_2344

内部はフラッシュ禁止で思う様な写真が撮れません。

Img_2347

商人の寝床です。大番頭や丁稚等はもっと小さな部屋の大部屋です。 女性を忍び込ませる秘密の階段も見られますが狭くて急でした。

Img_2407

魚市場などを自由散策時間に見て回りました。

Img_2368

Img_2386

Img_2404

ケーブルカーはクルーズ船のお客様が長蛇の列でしたので諦め

Img_2392

Img_2395

市場でノリ巻を買い、インスタント味噌汁を作り、フルーツの盛り合わせを買い二人で分けて食べました。 食べながら見て居た景色は

Img_2401

これです。※拡大できます

Img_2426

Img_2432

思い思いの散策や食事。何故か観光客が裕福そうに見えます。

Img_2452

世界遺産のマークと共に。

Img_2488

さてベルゲンを離れバスで3時間半掛けロフトフースに向かいます。

Img_2549

途中の村では、

Img_2514

滝を裏側から見る事が出来るスタインスダールの滝に寄ります。

Img_2545

エンゼルフォールの時寄った裏側に回り込める滝とは大分違いました。あの時は水着になって頭からずぶ濡れになりました。

Img_2590

途中細い道で大渋滞。予定より30分程遅れましたが目玉の一つでもあり、このツアーのタイトル 静寂のフィヨルドホテル「ウーレンスバングホテル」に泊まります。 「フィヨルドの女王」と呼ばれるハダンゲルフィヨルドの中心 ロフトフースに有り、創業1,840年の王室お墨付きホテルだそうです。

Img_2566

Img_2572

Img_2582

部屋はフィヨルド側確約。屋内外プールやフィットネスも揃っています。

Img_2600

ホテル周りを散策。敷地内に作曲家グリーグの小屋が有り

Img_2598

内に使われていたピアノが置いて有ります。グリーグはこのホテルをこよなく愛していたそうで小屋は敷地内に移築したそうです。

Img_1446

さて夕食はハープの生演奏が有りました。 ブッフェですがとても揃っています。

Img_1448

Img_1449

Img_1450_2

今回の旅行中唯一食べられたアイスクリーム。

倉敷さんのご主人がお腹を壊したようだ。薬はどなたかに胃腸薬をもらったらしいのですが思わしく無いようです。抗生物質の薬を上げましょうか?と言いましたが遠慮して居ます。それとなく見て居ると量は少ないですが少しは食べて居ます。でもね、水は部屋の水道水が飲めるとはいえ日本は軟水ですがヨーロッパは硬水ですから飲み慣れていない日本人は安心出来ませんよ!?

Img_2620

夜10時ですが未だ未だ明るく子供達がボート遊びをしています。 明日はノルウエーを離れデンマークに行きま

« 静寂のフィヨルドホテルに泊まる きらめく北欧の大自然 3 | トップページ | 静寂のフィヨルドホテルに泊まる きらめく北欧の大自然 5 »

外国旅行」カテゴリの記事

コメント

ケーブルカーで行くフロイエン山に行かれなかったようで残念でしたね。ベルゲン市内が一望できとても良い景色でしたよ。
フィヨルドの静寂なホテル、素敵ですね。さぞかし優雅な時間をお過ごしだったのでしょう。

ごくらくとんぼ様
そおなんです。ツズラ折れに並んでいて集合時間までにはとても帰れないだろうと思い諦めました。やっぱり良い景色だったんですね。見たかったし見ながら昼食と思って居ましたが残念、、、
トンボさんが行かれた頃は治安も良くスリも北欧までは来なかったんじゃないですか?ユーロで纏まり、シェンゲン協定を結んでから行き来が楽になり、スリが増えたそうです。
良いホテルでした。この手のホテルは連泊したいですね。

昨日ツクツクホウシの声を聞きました。そちらはどうですか?

カラフルな建物が建ち並んでいますが、
屋根が皆、三角屋根で統一感があり素敵な風景ですね。
素敵な風景を眺めながらの昼食は最高ですよね。
ホテルも素敵。なーんにもしないで部屋のテラスで一にを過ごすのも良さそうです。^^

ニャン様
おとぎの国かオモチャ箱みたいな建物で、とてもカラフルでした。全て木造ですから火事にはもの凄い気をつけているようです。燃えてしまったら世界遺産になりませんものね。
昼食に付いていた醤油が「なにこれ?」と言った味で中国製のようでした。日本人としてはアレが醤油の味と思われたく無かったです。
良いホテルでした。ここぞ連泊したかったですね。

 新しく更新されるたびに「わあ~!」と言いながら拝見しています。
 前回行かれたときは自然そのものの息吹に触れさせていただきましたが、
 今回は街にも近く、同じフィヨルドでも優しい印象がします。
 町並みもきれいですてきですね。
 果物が美味しそう!
 私は甘いものが苦手な分、果物が大好きなので、糖分は果糖でとっているようなものです。
 今のところ数値に問題は出ていないのですが、気をつけるように言われています。
 奥様のおみ足はいかがでしたか?
 よし坊様がエスコートされているので、安心して楽しまれたでしょうね。
 
 
 

うつきよう様
有難う御座います。
そおですね。観光とトレッキングでは大きく違います。そしてフィヨルドの印象も違います。行く手段や目的によって感じ方が大きく違うと思いました。
世界遺産はさすがに人が多かったです。
果物は美味しいですからね。家でも毎日欠かさず食べていますが今回の旅行中取る量は凄かったです。
心配して頂き有難う御座います。足は全く元通りには成らないらしく本人のショックは大きいようです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/65599800

この記事へのトラックバック一覧です: 静寂のフィヨルドホテルに泊まる きらめく北欧の大自然 4:

« 静寂のフィヨルドホテルに泊まる きらめく北欧の大自然 3 | トップページ | 静寂のフィヨルドホテルに泊まる きらめく北欧の大自然 5 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ