« 静寂のフィヨルドホテルに泊まる きらめく北欧の大自然 4 | トップページ | 静寂のフィヨルドホテルに泊まる きらめく北欧の大自然 6 »

2017/08/04

静寂のフィヨルドホテルに泊まる きらめく北欧の大自然 5

Img_2622

 気持ちよく晴れました。風もなく朝日の映える山々が水面に映り綺麗です。

 


Img_1451

Img_1452

Img_1453

Img_1454

一番乗りで朝食会場に入りましたので主なものを撮る事が出来ました。揃っています。 そんな日に限って出発が早くジックリ食べる時間が有りません。Img_1456

Img_1457
美味しいベーコンエッグも旅行中初めて食べる事が出来ました。

Img_2645

途中休憩。屋根に草の生えたノルウェー独特の建物があります。

Img_2648

滝も見えます。

Img_2655

そして、英語読みしても何となく解るスターブ教会(木造教会)に寄ります。

Img_2671

正面側です。

Img_2681

後ろ側です。曾てはこちら側に主祭場繫がって居たと説明を受けましたが内部は撮影禁止でした。

Img_2676

Img_2679

Img_2688

歴史と重みを感じます。

Img_2694

日本と違って花を生けてありどれもとても綺麗でした。

Img_1464

GOLと言う小さな街で昼食。

Img_1460

Img_1461

Img_1463

メインは鱈です。醤油を付けたら(親父ギャグです)美味しく食べられました。

Img_2702

バスはオスロに向かって居ます。 車内では船の中でノルウェークローネを使い切りデンマーククローネに変えたり、お釣りをデンマーククローネでもらったり、ユーロアは使えたりと、ややこしくめんどくさい話がありました。
元々酒は呑まない水は水道でOKですから大した両替もしていませんので気にもしていません。

Img_2720

オスロからは大きなフェリーに乗りデンマークに向かいます。
35,500トン637室・定員1,790人。定員だけ見れば飛鳥の倍以上(と言う事は部屋は小さいと言う事か)。

Img_2738

Img_2745

コモドールクラスデラックス の部屋だそうでランクとしてはスイートの直ぐした。

Img_2754

冷蔵庫のものは飲んで良いとの事ですがビール・シャンパン・水でした。 シャワーも付いていますが1メートル四方くらいしか有りません。それでも上出来!!

Img_2756

部屋は船の先端、ど真ん中の部屋で見晴らしもよく見応えが有ります。

Img_2771

Img_2777

Img_2787

出航です。飛鳥のように鐘やドラが鳴るわけでもなく何となく出て行く感じでした。

Img_2783

ウジャウジャ見えるのは人です。ノルウェー人が短い夏を精一杯楽しんで居るように見えます。

Img_2817

Img_2803

部屋には特典が付いていて飲み食い自由の専用ラウンジが使えます。

Img_2804

Img_2808

Img_2810

Img_2813

ウ〜ン、、、此所でも酒呑みの勝ちです。

Img_2799

館内を少し巡ってみたいと思います。

Img_2823

Img_2833

Img_2839

免税店や子供の遊び場、レストラン等が揃っています。

Img_2844

今夜から明日は雨だそうです。ガッカリですが船は真っ直ぐデンマークに向かって進んでいます。

Img_1465

夕飯のブッフェ会場は広い。

Img_1467

Img_1468

Img_1469

Img_1470

種類も揃っていますが味は大ざっぱ。可なりの中国人が乗っていました。
相変わらず倉敷さんのご主人のお腹が治らないらしい。この日はスーツケースをコンテナに預けてしまっていますから薬を出して上げられない。明日は遠慮しても渡そうと思う。当の本人は折角のご馳走ですから食べないわけには行かず少しずつ食べて居ます。
神戸さんのお嬢さんは幅広く色々食べて居ます。太るのを嫌う年頃ですが気にしないようです。スタイルはとても良いです。食べても太らない体質のようです。

Img_1472

Img_1477

食後館内では無料のショーが行われています。

Img_1478

予報通り天気は下り坂。プロトレックもそれを指しています。

Img_1480

シャンパン飲んで明日に備えて寝ます。

Img_2856

船は未だ出たばかりです。まだ先は長い。揺れもせず静かな航海です。

« 静寂のフィヨルドホテルに泊まる きらめく北欧の大自然 4 | トップページ | 静寂のフィヨルドホテルに泊まる きらめく北欧の大自然 6 »

外国旅行」カテゴリの記事

コメント

北欧のフェリーは 音が大きいので寝られないというのを聞いたのですが
その人はクルーズ船に乗ったことが無いので 比較のしようがなくて、、、。
よし坊様は どう感じられましたか?

私の場合、私一人で2人分の荷物の世話をしなければならないので
お宿が毎日変わると 荷物を出したり詰めたりするのが大変で、、、、。
よし坊様のご夫婦は それぞれが自分の荷物の管理をなさるのでしょうね。
羨ましいなあ。

shinmama様
音?今言われてアレ?と思いました。つまり何も感じなかった(聞こえなかった)と言う事ですね。静かでした。
そうでしたねshinmama様の世界一周の時のブログでそりゃ大変だ、、、と思いましたものね。
自分の物は自分でする。供用のものと、日に日に増える洗濯物は全て亭主が我が家の暗黙の決まりです。鍵を掛けるのも僕の仕事。今回は2コのスーツケースをコロコロコロコロ。マア足が具合悪いので当然と思ってやって居ます。

水面に映った朝焼けの山々がほんと綺麗ですね。
とても静かで清々しさな様子が伝わってきます。
ホテルの朝食、豪華ですね。美味しそうです。
次は船旅ですか?優雅です。
お天気も良く絶好の航海日和ですね。
シャンパンはお飲みになるんですね。^^

ニャン様
早朝は風もなくとても綺麗で鏡の様でした。
ツアーのタイトルにも成っているこのホテルはさすがに良いホテルでした。JTBだけでなく他の日本の旅行社も来ていましたし少しですが中国人も居ました。
折角良いホテルなのに出発時間が早いのがとても残念でした。
クルーズ船とは比べようがないですが良い思いをさせて頂きました。シャンパンは折角あるからと ほんの真似事です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/65603418

この記事へのトラックバック一覧です: 静寂のフィヨルドホテルに泊まる きらめく北欧の大自然 5:

« 静寂のフィヨルドホテルに泊まる きらめく北欧の大自然 4 | トップページ | 静寂のフィヨルドホテルに泊まる きらめく北欧の大自然 6 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ