« 静寂のフィヨルドホテルに泊まる きらめく北欧の大自然 5 | トップページ | 静寂のフィヨルドホテルに泊まる きらめく北欧の大自然 7 »

2017/08/07

静寂のフィヨルドホテルに泊まる きらめく北欧の大自然 6

Img_2918

 デンマークはなんと言っても人魚姫ですね。

Img_1486

Img_1487

さて、船での朝食は特定クラス以上の人だけが入れる部屋でした。

Img_1481

Img_1482

Img_1483

Img_1485

窓際の席を確保しゆっくり食べる事が出来ました。

Img_1501

着岸前、世界遺産の「クロンボー城」の真横を通過します。 天気予報は当たっていて雨が降っています、、、

Img_1507

着岸まで時間がありましたので館内で買い物もしましたが50%引きとは言え特別買いたいものも見つかりません。

Img_2876

そろそろ到着。クルーズ船も泊まっています。

Img_2887

部屋のモニターが到着を告げています。

Img_2897

バスに乗り込む一行。半袖の人も見かけますが仙台さんの奥様はダウンを着ています。 そして市内観光に向かいます。

Img_2906

以前像が盗まれた事が有ったそうです。その時、折角来てくれる観光客に申し訳無いと一人の女性が同じ恰好をしてこの台でポーズを取った事があったそうです。男性は皆その方が良いと仰いますと現地マスターガイドが説明のオマケに言っています。ウン、それが良い。

Img_2927

中国語を初め各国語が飛び交っています。ガイドが「スリに気をつけろ スリに気をつけろ」と何度も言っています。 気が付けば雨が降っていません!

Img_2936

Img_2953

Img_2963

Img_2972

Img_2987

ゲフィオンの噴水・アマリエンボー宮殿・ニューハウンと周り

Img_3008

お昼は水辺の洒落たレストラン。

Img_1510

Img_1511

Img_1512

Img_1513

パンを食べる事は無いのですが一切れだけ食べて見ました。チョイスメニューでしたのでポークを選びました。醤油をかけてなんとか食べました。

Img_1514

ローゼンボー離宮は王室のコレクションを展示してあります。しかし雨が本格的に降ってきました。

Img_1520

Img_1524

Img_1534

Img_1543

一番の目的は王冠ですね。

ところで、神戸さん、上から下までブランド品です。何から何までと言った方が良いかもしれません。

Img_3079

Img_3094

Img_3100

コンフォートホテルベステルブロ が今日のホテル。 今回泊まったホテルの中で、最も眺めの悪い部屋でした。

Img_3032

Img_3041

Img_3059

何時しか雨も上がり繁華街を散歩してみました。あと少し歩けばニューハウンまで行けますし観光船にも乗れるのですが妻の足が悲鳴を上げ始めましたので諦めました。

Img_3090

夕飯はホテルの向かいに有る中華レストランに入りました。

Img_1545

Img_1546

Img_1548

不味かった、、、ほとんど残しました。 千葉御夫妻も来ていました。後で聞くと同じ事を言っていました。

明日は高速列車に乗りスウェーデンに行きます。デンマーククローネも丁度使い切りました。

« 静寂のフィヨルドホテルに泊まる きらめく北欧の大自然 5 | トップページ | 静寂のフィヨルドホテルに泊まる きらめく北欧の大自然 7 »

外国旅行」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
前号の船旅、よし坊さんは静かな航海で良かったですね。
私の時は波が荒れていてシャワーを使うのも一苦労でした^_^;

コペンハーゲンでの行程はまったく同じでした。
私は夜のチボリ公園で自由行動を楽しんできました。会話ができればもっと楽しい旅行ができるのにいつも悔しい思いをします。

ごくらくとんぼ様
内海みたいなもんだから揺れないのかと思いました。揺れるんだ!日によって違うんですね。
違うツアーでも行程は同じなんでしょうね。結局都合よく効率よく回れるコースに落ち着いちゃうんでしょうね。
ネオンが付いてキラキラ輝いたチボリ公園は外から見ただけですが華やかで賑わっていました。
ニュージーランドに続き共有出来た事が嬉しいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/65612866

この記事へのトラックバック一覧です: 静寂のフィヨルドホテルに泊まる きらめく北欧の大自然 6:

« 静寂のフィヨルドホテルに泊まる きらめく北欧の大自然 5 | トップページ | 静寂のフィヨルドホテルに泊まる きらめく北欧の大自然 7 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ