« 静寂のフィヨルドホテルに泊まる きらめく北欧の大自然 6 | トップページ | 静寂のフィヨルドホテルに泊まる きらめく北欧の大自然 8 »

2017/08/09

静寂のフィヨルドホテルに泊まる きらめく北欧の大自然 7

Img_3439

 デンマークを離れスウェーデンに行きます。

 


Img_3014

AM6時40分コペンハーゲン駅。

Img_3117

自転車の数はオランダ並みです。

Img_3127

Img_3144

駅舎を通り抜け最高速度210キロの高速列車に乗ります。

Img_3164

2等車で5時間かけストックホルムに。

Img_3172

ホテルで用意した朝食を車内に持ち込みました。ココアを作ってなんとか食べましたが美味くなかった。

Img_3178

広大な牧草地が続きます。

Img_3184

隣の車両はブッフェ。品物が揃っています。

Img_3192

仙台さんは早速ビールを買っています。

Img_3211

湖畔にサマーハウスらしいのが沢山見えます。ノルウエーもそうでした。

Img_3228

到着です。千葉さんもWストックで元気に歩いて居ます。

Img_3251

お昼は日本食レストラン ブルーライトヨコハマ で。

Img_1549

Img_1550

Img_1552

久しぶりに食べた日本食が美味しかったです。 ホントは日本酒が好きな仙台さんは早速日本酒。美味しそうに飲んでいました。

Img_3276

お天気のせいもありますがとても綺麗な街です。

Img_3277

Img_3285

Img_3306

ノーベル賞授賞式会場のオスロ市庁舎等見学。随分狭い所で授賞式が行われるんですね。

Img_3340

ビューポイントに到着。

その直前倉敷さんが急に居なくなった。用足し後ホテルに直帰するらしい。ホテルに戻った奥様が「間にあった〜?」と心配そうに尋ねていた。昨夜抗生物質と胃腸薬、下痢をした時の下痢止めを渡しました。そろそろ効いても良い頃ですが、、、

Img_3375

Img_3408

Img_3414

Img_3423

Img_3427

王宮や大聖堂等見学しながら旧市街地を徒歩で歩きます。

Img_3441

Img_3433

ノーベル博物館では山中教授のサインした腰掛けやノーベルの遺言が有ります。

Img_3463

この旅行最後のホテルは クラリオンホテルストックホルムです。
Img_3468
Img_3472
最後までバスタブ付の部屋で、更に有難い事はバスタブ横に手摺りが付いていました。これがないと起き上がるのに危険だし苦労します。
そして、ツアコンの言っていたとおり此所には湯沸かし器が置いて有りました。

Img_1553

Img_1554

Img_1557

Img_1558

ホテルの食堂で共に食べる今回のツアー最後の食事です。
千葉さんがやおら立ち上がり「足手まといで皆様にご迷惑を掛けました。私は先にアッチへ行って素晴らしい場所を探して置きます。いずれ皆様がお見えになった時はそこにご案内させて頂きます」とユーモアタップリに挨拶。
明日は日本へ帰ります。

« 静寂のフィヨルドホテルに泊まる きらめく北欧の大自然 6 | トップページ | 静寂のフィヨルドホテルに泊まる きらめく北欧の大自然 8 »

外国旅行」カテゴリの記事

コメント

 おぉ、これがノーベル賞授賞式に使われるホールですか!
 みなさんが降りてこられる階段ですね。
 お写真拝見する限りでは広く見えるのですが、実際には見た目より狭いのですね。
 どの街も佇まいがきれいですね。
 高速列車の乗り心地はいかがでしたか?
 徒歩での散策、奥様もよく歩かれましたね。
 歩かれたあと、足がむくんだりしませんでしたか?
 私のときは痛めたほうは特に、痛めないほうも痛めた足をかばうので、両足ともパンパンになりました。
 痛みも違和感も、少しずつ、少しずつ、薄紙をはがすように、年単位でよくなってくると思いますので、
 焦らないよう、諦めないよう、励ましながら、
 奥様を見守ってさしあげてくださいね。
 
 

フェリーでのんびりゆったり、そして朝食は窓際の席で・・・素敵です。
盗まれた人魚姫の像の代わりに、同じポーズをとった女性、地元愛ですね。
どこの国を町を拝見しても絵になる美しさです。
日本ももっときっちりと守るべき町並みは徹底して守る、保存する。
早い段階から取り組むべきだったと思います。
京都などは、景観条例に取り組むのが遅かった結果、チグハグナ町並みになったのだと
思ったりします、、、、、。

北欧には いつの日か行きたいと思っているので 大変勉強になりました。
映画のTHE WAVEをみて、少し恐怖心を持ってしまったのですが、
よし坊様のブログを拝見して やはり行きたいと思いました。

船で行くか、陸路で行くか
移動型にするか 滞在型にするか 選択肢は いろいろ考えられるエリアですね。
なにより 蒸し暑い日本の夏を脱出して 涼しい国で過ごすことに憧れます。 

おはようございます
海峡を越えて高速列車が通っているんですね。私の時はコペンハーゲンから航空機でヘルシンキに渡ったので風景を楽しむことができませんでした。
市庁舎の青の間は本当にここで晩さん会が開かれるのかと思うくらい狭いですよね。

うつきよう様
どんな気持ちで階段を・・・と思います。
階段の一段の高さや巾などドレスを着たご婦人達が歩きにくくないか?巾や高さなど実際ドレスを着て歩いて決めたそうです。
最高速度を出す所は非常に少ないと思います。早く感じませんでしたしS字急カーブの連続も有りましたから。
妻は良く頑張って歩いたと思います。その代わり確り握られていた僕の左腕はアザが出来そうなほど痛かったです。
仰る通りで良い方の足も普段以上に使いますからね。毎晩湿布薬をベタベタ貼るのが日課でした。

ニャン様
フェリーでの朝食はユックリ出来ました。時間に追われない食事は精神衛生上にも良いですね。
はい、身代わり人魚姫。良いじゃないですか!こんなシャレが日本人には出来ないですね。服を身に着けていたのか居ないのかを聞き忘れました、、、残念。
ヨーロッパに行くと大聖堂を次々回るのですがどれもこれも一緒になってしまいモヤッとした思い出に成ってしまうのですが、今回はそれぞれ特徴があって違いました。
景観の取り組みが確りしていると思いました。

shinmama様
北欧もシェンゲン協定に入り出稼ぎのスリなどが増え、だんだんと治安が悪くなって来ている様です。
船・列車・飛行機効率よく使いましたが、個人旅行ならそこに滞在型を加えてジックリ楽しんでみては如何でしょうか。
涼しい国とは言え暑い日も有りました。

ごくらくとんぼ様
パックツアーでは列車でなく飛行機を使うのが多いですね。
ハイ、狭いですよね。それと照明も暗そうです。
観光客は多かったです。此所とノーベル博物館では受賞者がお土産に買って帰るチョコレートを売っていました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/65620344

この記事へのトラックバック一覧です: 静寂のフィヨルドホテルに泊まる きらめく北欧の大自然 7:

« 静寂のフィヨルドホテルに泊まる きらめく北欧の大自然 6 | トップページ | 静寂のフィヨルドホテルに泊まる きらめく北欧の大自然 8 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ