« 大阪と京都へ 1 | トップページ | 大阪京都へ 3 »

2017/09/18

大阪と京都へ 2

Img_0272

 京都が近づくに連れ曇りから晴れに激変した。 カーナビの指示通り走り、妻は行った事が無いという龍安寺へ。

Img_0286

Img_0298

相変わらず人は多いですね。妻は「やっぱり来ていた」と言う。そりゃそうだろう。来てないはずがない。

Img_0319

お昼は うどんにしようとカーナビの案内宜しくやってきましたが・・・何年か前「なんだこの行列は?うどん屋?たかがうどんでこんなに並ぶヤツの気が知れない」と言いながら前を通った うどん屋じゃないか、、、」そこに案内されるとは思わなかった。

Img_0325

山元麵蔵(ヤマモトメンゾウ)です。 並ぶ事1時間半。やっと内に入りました。カウンター10席・4人座れるテーブルが2つ有りました。

Img_1808

熱々で提供されます。鰹だしでとても上品なスープ。美味いよ!!天麩羅も上手に揚がっている。周りを見渡すと殆どの人がゴボウの天麩羅を食べている。どうやら此所の名物らしい。残念、食べて見たかった。

Img_1810

食後によく冷えた杏仁豆腐が出た。 若いご主人でカウンター越しにお客に丁寧に挨拶をする。店を出ると列は倍に成っていた。

Img_0331

Img_0333

さて、今宵はエクシブVIALA京都鷹峯に泊まる。

Img_0341

Img_0381

部屋には専用露天風呂が有る。部屋は座卓はあるがソファーが無くて使い勝手が悪かった。

Img_1818

お風呂のある南館にはモノレールに乗って移動する。

Img_1814

大きな浴槽が幾つもあり朝晩で男女が入れ替わる。温泉じゃないのが残念だ。

Img_0357

Img_0363

夕飯は渓涼床で食べます。名前からして貴船のような川床料理かと思って居たのですが全く違った。

Img_1824

Img_1826

Img_1827

Img_1829

Img_1831

Img_1833

Img_1835

Img_1836

鱧と松茸のシャブシャブですが鱧の品質が余り良くない。

Img_1839

うなぎのご飯でしたがお腹が一杯で全く食べられません。

Img_1840

デザートは別腹。 さて、翌朝。

Img_1844

Img_1845

Img_1849

シリアルに入れる蜂蜜もメープルシロップも無いしベーコンも無い。妻の希望で和洋どちらも選べるレストランに行ったのが間違いで、セミオーダーの出来る洋食レストランにすれば良かったと悔やむ。

食後近くを散策し、昼食後帰宅する計画です。

« 大阪と京都へ 1 | トップページ | 大阪京都へ 3 »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

来月 京都に法要のために2泊3日で行くのですが、
紅葉には早い時期ですが、人気のお店は シーズンを通して どこも行列なのでしょうね。
覚悟して行きます。

夕食の和食が おいしそう、、、、、旅先では和食がいいですね。

shinmama様
先ずはカープの優勝御目出度う御座居ます。台風で昨日流れて地元で優勝できなかったのが口惜しいでしょうが今日の試合は真っ赤じゃないですか!!!!!!!
2年連続優勝はお見事です。
観光の時期では無いのに人は多かったです。さすが京都!!
水曜日、ブログUPしますが 飛びきり美味しい所で食べる事がで来ました。

 大阪は通過はよくしますが、
 駅から出たのは一度しかありません。 道頓堀界隈を歩いて一泊しました。
 なんと母校の高校が三十何年ぶりに甲子園に出場したときで、
 これを逃したらもう甲子園なんぞに来る機会は来ないと、応援に行ったときでした。
 予想どおりそれっきりで、以来、また三十年以上が経ってしまいました。
 ちなみに習志野に1-3で負けました。

 京都はさすがに昔は何度も行きましたが、最近は行かないですね。
 今はまず、宿が取れないそうです。
 人も多いでしょうから、どうしても敬遠してしまいます。
 平日でも行列なんですね。
 

うつきよう様
大阪の思いでが高校野球とは意外でした。昨日は高校野球でなくプロ野球のカープが優勝で大変な騒ぎだったと思います。
大阪の観光地、今は中国人ばかりで店員も中国語で呼びかけています。

そお言えばうつきよう様の京都ブログが出ませんものね。その京都もスーツケースをゴロゴロ転がしながら境内に居るのは中国人です。

コンニチハ!!!
舌の肥えたよし坊さんにあっては叶いませんね。
本場の鱧もお口に合わないとおっしゃる(^o^)

最近のニュースで京都の名所の交通規制がなされる予定だとか。いろいろ不都合な時代になりましたね。

ごくらくとんぼ様
一口食べて不味いと感じれば不味いんです。折角の鱧なのに残念でした。

これからの京都は観光バスに乗るのが一番ですね。今回車にした理由は京都の宿が北の外れの方で車で行くのが都合が良かったのです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/65793170

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪と京都へ 2:

« 大阪と京都へ 1 | トップページ | 大阪京都へ 3 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ