« プチ カナダオフ会は美ヶ原なんですが・・・1 | トップページ | 大阪と京都へ 1 »

2017/09/11

プチカナダオフ会 2

Img_0095

 眼が覚めると雨が降っていた。その後は強く降ったり止んだりの繰り返しで良くなる気配はありません。 温泉だけ楽しんで帰るしか無さそうです。

写真は別棟に建つ貸切の出来る湯殿です。

さて、昨日は入れなかった別の内湯に朝食前に入って来ました。(男女入れ替えです)

可なりのお客様が泊まっているようなのですがお風呂で鉢合わせする事が無く堂々と写真が撮れます。

Img_1768

Img_1773

Img_1772

一つだけ白濁していましたが、これ温泉かな〜?入浴剤で白くしているようにも思うし、、、

Img_1774

さて、朝ご飯は8時からを選んであります。

手前岐阜の青大将(東海北陸道でぼろ儲けしたとかしないとか?)・奥のヒゲは群馬の かっくん。ヒゲを生やしたきっ掛けはギアナ高地に行った時、2週間ヒゲをすらずにいてそのまま伸ばす事にした。勿論手入れはしている。奥さんは反対らしい。二人とも 顔はまともに写っていても良いから出せと言われているが、一寸ピントの悪い写真を選んだ。

Img_1776

Img_1778

Img_1779

別の場所で食後のコーヒーサービスも有った。 10時チェックアウトで天気もあてにならず解散する事になった。折角松本まで来ているのに井川城の蕎麦を食べずに帰る事に成ったのは なんとも心残りだ。

Img_1780

山梨県南巨摩郡の道の駅富士川に寄り

Img_1781

前回蕎麦を食べ、とても不味かったので今回は醤油ラーメンにした。これが又又不味い、、、醤油をかけたくなるほど味が無く胡椒を目一杯振り掛けたがダメだった。
ぶどうを買って帰った。これは美味かった。さすが産地!
来年のオフ会を楽しみに今年はこれで終わりにする。

« プチ カナダオフ会は美ヶ原なんですが・・・1 | トップページ | 大阪と京都へ 1 »

温泉」カテゴリの記事

コメント

 今年くらい天気に恵まれない年は今までなかったように思います。
 美ヶ原は多彩なトレッキングコースがあるのでいろいろ楽しめますのに、
 お天気が悪ければぜんぶおじゃんですものね。
 懲りずにまたいらしてくださいね。
 美ヶ原温泉は小さな温泉地ですが、
 泉質は良いので、温泉だけでも楽しんでいただけて、良かったです。 
 白濁ねえ・・・ 美ヶ原温泉は透明のお湯ばかりと思っていましたが・・・

 

コンニチハ!!!
二日間ともパッとしない天気で残念でしたね。
でもお見受けした限りでは風情がある旅館で風呂よし・料理よしで良かったように思います。
男性同士の旅も面白そうですね。どんな会話をなさっているのかちょっと立ち聞きしたい気がします(^o^)

よし坊殿

ご心配をかけました。無事に帰宅しました。12日にかっくんからも北の大地は大荒れ天気と知り立山の山小屋から心配して携帯してくれました。かっくんは奥大日岳のピークを経て縦走登山の途中だと言っていました。

大雪山山系の紅葉は例年より一週間早い見頃でした。しかし寒気が来て雪降り予報と濃いガスでヒグマと鉢合わせする危険が大という事で登山口でレクチャーを受けて止められました。目的の山の登山は止めて「神々の遊ぶ庭」の真っ赤な紅葉の中で神様と楽しく遊んできました。よし坊には大変なご心配をかけ本当に申し訳ありませんでした。

最新型のカメラEOS Kiss X9でAEB撮影をしてあんなピントの合わない写真しか撮れなかったんですか。真面目な男衆の顔が無残しすぎますよ! 間違いなくそのカメラは故障しています。即刻 放出しましょう。取説と保証書も忘れずに箱に入れてね。ありがとう!

うつきよう様
返事が遅れてしまい申し訳御座いませんでした。実は大阪・京都に行っておりました。
久しぶりの美ヶ原でしたが歩けなかったのが残念です。その分話は出来ました。
妻が歩けなくなりましたから、美ヶ原から富士山を見ながら南下して白樺湖まで車で走り、初めと終わりには温泉宿と言うのも良いかもしれませんね。
白濁湯・・・どう見ても、、、信用無くしますよね。

ごくらくとんぼ様
天気は入念に調べていたのですが宿を取るのが1日早かったですね。マア、こんな事も有ります。
温泉も良かったですが料理が値段の割りに良かったと思います。
男同士の会話ですか?
推して知るべし の典型的会話に我らは山という共通趣味がありますから尽きる事はありません。

青大将殿
無事な帰宅ホントに良かった!とんでも無い所に行くんですから そりゃ〜心配ですよ。ヘタすりゃ〜来年のカナダオフ会は追悼オフ会に成ってしまう・・・
かっくんも凄いとこ行っていて其所から心配して電話くれた〜?持つべきは友ですね。青大将の今年は白山であわや人身御供に成りかかったわけですから。
かっくんからメール をもらって居ました。何事もなければ今日帰宅出来ているはずです。
彼はもうじき下の廊下だと言うし、此所だって油断できない。
青大将はツキノワグマには勝ててもヒグマには勝てませんか、、、神々の遊ぶ庭?そんな良い所で遊んでくるなんてなんと幸せ者。
デジキスを放出?冗談は休み休みにして下さい。僕は電池を長持ちさせるために手ブレ機能は常時オフしてますから。ところでミラーレスもそろそろ買い換えの時期じゃないですか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/65768287

この記事へのトラックバック一覧です: プチカナダオフ会 2:

« プチ カナダオフ会は美ヶ原なんですが・・・1 | トップページ | 大阪と京都へ 1 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ