« 大阪と京都へ 2 | トップページ | カナダトレッキング »

2017/09/20

大阪京都へ 3

Img_0391

 朝食を済ませ歩いて近くを散策。醤油やさんが有りましたが定休日らしい。

Img_0392

Img_0411

光悦寺 朝早いので観光客はだれも居ません。静かにお庭が拝見できました。

Img_0413

源光庵 は受付に人が居なくて入る事が出来ませんでした。

Img_0422

常照寺は漆塗りの吉野門が見応えが有りました。

宿に戻り チェックアウト後、車で移動。

Img_0437

今宮神社です。 あぶり餅を食べたかったのですが店が開いていません、、、

Img_0449

大徳寺に向かいましたが敷地が広すぎて何所から入って良いのか解らず妻もこれ以上歩かせるわけにも行かず諦めました。

Img_0452

そして昼ご飯は『貴与次郎』ですが、カーナビの電話番号検索に出ません、、、店名から探し出して向かいましたが全くトンチンカンな所に連れて行かれて改めて店に電話で確認。行ったり来たりで40分無駄にしてしまいました。

Img_0459

入ると廊下の突き当たりの部屋には既にテーブル席に四人のお客様。カウンターにも4人のお客様と、カウンターの中にはご主人らしい人。

Img_1852

Img_1854

Img_1855

豆乳の中に焼き鱧が入って居る。これが ずば抜けて美味かった。

Img_1858

Img_1860

Img_1861

どれもこれもみな美味しかった〜 ランチメニューの貴与次郎コース3,500円を予約してありましたがこんなに美味しいならミニ会席5,500円にすれば良かったと悔やまれます。(税金サービス料別)
雨を覚悟で行った大阪と京都。観光をしている最中は全く降られず目的が達成されました。
どうせ此所まで来るのならもう一二泊増やして有馬温泉辺りまで足を伸ばすのが良いと思いました。
残念だったのは二泊とも温泉でなかった事です。

« 大阪と京都へ 2 | トップページ | カナダトレッキング »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

メモメモさせていただきました。
ぜひ行きたいです。

ただ、サイトを見ると 予約をしなければならないお店のようですが
今回 お昼を食べる時間が確定しないのが難点です。

shinmama様
カーナビで出なくて予約時間より30分遅刻しました。時間はアバウトでも良さそうな感じでした。
美味しかったです。

 静かで落ち着いた京都らしい様子が拝見できてほっとしました。
 やっぱり、こうでなくちゃ、ね!
 お料理も見事ですね。
 見るからに上品で、美味しそうです。
 さすがです。

うつきよう様
そおなんです。京都は京都らしく拝観も食べ物もそれらしく行きたいですね。
探せば美味しい店が有るんですね。美味しかったです。
ニャン様推薦で我が家も2回行って居る「和彩温」で食べようと思っていたのですが水曜日が休みで急遽探したのが「貴与次郎」でした。

コンニチハ!!!
以前も光悦寺の記事を拝見しましたね。確か私も行ったことがあるとコメントしました。今回も有名な光悦垣(臥牛垣)が写っていました。懐かしいです。朝早いのは静かで良いですね。

よし坊さんが褒めるのだからさぞかし素晴らしいランチだったのだと思います。羨ましいな。

カナダトレッキング、行ってらっしゃい!!!
美しい秋景写真を楽しみにしています。

ごくらくとんぼ様
記憶力が良いですね〜、僕はドンドン忘れてしまい日々困っております。
光悦寺は団体バスお断りの立て看板が出ていました。

うどん屋と料理屋のギャップが大きいですがお昼は二日間とも美味しく食べる事が出来ました。

行って参ります

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/65794280

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪京都へ 3:

« 大阪と京都へ 2 | トップページ | カナダトレッキング »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ