« EOS Kiss X9 | トップページ | プチカナダオフ会 2 »

2017/09/08

プチ カナダオフ会は美ヶ原なんですが・・・1

Img_0063

 オフ会メンバー3人のホボ中央に位置する松本を集合場所にして美ヶ原をノンビリ片道1時間も歩けば上出来とばかり計画を立てましたが前日の天気予報で雨。4日前には宿の手配もしてしまいましたから行くしかないと決行しました。

宿に10時集合でしたが1番乗りの僕が9時半。ピッタリ10時に到着したのは青大将。リーダーの かっくん は時間調整で途中寝て、寝過ぎたと30分遅刻。1年4ヶ月ぶりの再会でお互いにハグ。

市内観光も考えましたがやっぱり山だ〜と、2台の車を宿に置きリーダーの車で山頂を目指す。

Img_0040

到着はしましたが360°なんにも見えません、、、、、、、

Img_0044_1

晴れていればこんな景色も

Img_0069_1

こんな山々も見られたはずですが、、、

Img_0046

良いんです!それで! 今回の目的は友情を確かめるのと親交を深めるのが目的。
早速始めた かっくんの野点。帽子姿は青大将です。

Img_0052

御薄に茶菓子の大福です。

Img_0059

昼飯のオムスビにインスタント味噌汁。 山の話に花を咲かせた2時間一寸。宿に向かいます。

Img_0039

Img_0077

Img_0082

Img_0086

宿は 美ヶ原温泉「追分屋旅館」です。

Img_0088

部屋は10畳ですが料金が安いですから上出来で、畳は変えて間もないらしく真っ青でした。

Img_1736

早速お風呂に。

Img_1738

Img_1739

浴槽は3つ有りました。
1,300年も前から有ると言われているらしい温泉で臭いもしませんが微かにそれらしい味がします。とても暖まり、出た後の汗が引かなくて困るくらいです。
夕飯は6時からを選びました。 芸術の秋に因み料理も器もテーマに沿い、世界無形文化遺産の和食とのコラボをお楽しみ下さいと説明される。

Img_1742

Img_1743

Img_1748

Img_1750

此所で困った事が起きた。僕は馬刺しはダメなのですがリーダーかっくん が宿に電話した時「お造りか馬刺しを選ぶ事が出来ます」と言われ躊躇無く馬刺しにしたそうな。 赤身・さし・たてがみの付け根の肉(写真では真っ白に写って居てコリコリと固かった)一切れずつ食べて残りは二人に食べてもらった。「こんな美味いものを」と言って有り難がって食べて居た。「馬は乗るけど肉は食わないんだよ〜」

Img_1752

Img_1754

Img_1756

Img_1758

Img_1760

Img_1761

歳が歳だからと 量が少ないコースを頼んだらしいのにお腹いっぱい・・・でも美味かった〜!

Img_1766

部屋に戻ると夜食が有ったが誰も食べなかった。お腹いっぱいだもん、、、

Img_1763

Img_1765

別棟に貸切風呂が有りますが空いて居る時間には男女入れ替えで使えるので入ってみた。泉質は同じですがとにかく良く暖まり汗が引かない。 男同士が馬鹿を言い合って居るのはとても楽しく時の経つのも早い。
明日の天気も悪いらしい。だれだ雨男は!

« EOS Kiss X9 | トップページ | プチカナダオフ会 2 »

温泉」カテゴリの記事

コメント

今年はどうもお天気がすっきりしませんね。
長野も日照時間が短いと聞きました。
お天気が悪かったのは残念ですが、気の合う友人との時間は楽しいですよね。
あれ?馬刺し駄目だったんですか?
私も昔、馬刺し食べてみたいと言ったら夫がトウカイテイオーだのディープインパクトだの
私の好きだったサラブレッドの名を言うものですから食べれませんでした、、、。
でも、今は大好きです。馬刺し。
そろそろ温泉が恋しい季節になりつつありますね。温泉気持ちよさそうです。^^

山男?三人で野点ですか。
良いですね~。
お天気がイマイチでしたが男同士の語らいがさぞ弾んだことでしょうね。

ニャン様
晴れ男なんですがね〜。今年はどうもダメです。来週も出かける予定があるのですが予報がダメでガッカリしております。
そおなんです。馬刺しと鯉の洗が受け付けないんです。それも夫婦揃って。もう一つあえて言うなら牛タンです。形を想像するとどうもダメで、、、一度食べたら美味かったんですがそれっきり食べて居ません。
はい、温泉、良いですね。日帰り温泉でも良いから行きたいと思います。

みやび様
男だけの少人数だから良いんでしょうね。此所に女性が一人でも入ったらこうはいきません。

 男女を問わず、気の合った仲間というのは、普段は会う機会がなくても、
 集まるとずっと一緒にいたかのようにあっという間に打ち解けますね。
 また、そういう仲間と出会えたことがとても貴重ですね。
 とても楽しそうなご様子が伝わってきます。
 
 馬刺し、苦手でらっしゃるんですね。
 熊本と並んで、長野県も馬肉文化がありますので、
 私も子どものころから、もちろん頻繁に手に入るものではないのですが、親しんでいます。
 鯉も長野県の東部中部では欠かせない食材ですが、
 私は苦手で、とくに鯉こくと、うま煮は手が出ません。
 鯉こくは上手に作れるんですけどね・・・
 洗いは、それこそ冷水でよーく洗って酢味噌でなら、食べられます。

 美ヶ原温泉とは、渋いところをお選びですね。
 浅間温泉が知られているので、陰に隠れてしまいがちですが、
 小さいながら個性的な温泉ですよね。
 

うつきよう様
はい、良い人達と知り合う事が出来ました。特にトレッキングで知り合ったというのが良いです。
山梨県や長野県では鯉が出ますからね・・・・酢味噌は大好きなんですが洗は食べられません。
温泉や宿は全てリーダーにお任せでしたが一寸アウトローな温泉を選んだのは山好きにはピッタリでした。
今年の山の天気は特に難しかったですね。来年はピーカンの中で歩きたいと思います。

コンニチハ!!!
同性同士の旅行は楽しいですね。男性はサッと話がまとまりますが、女性はこの頃になると仲間内の誰かしら親の介護が有ったり孫の世話が有ったりしてうまくいきません。そのうち自分自身が動けなくなって・・・・・・・・^^;
周りの山を見渡しながらお茶するの、だ~~い好きです。昔はよく保温ポットとコーヒー・紙コップを持参して車山や白山スーパー林道の展望台、上高地の大正池の畔などで俄か喫茶を楽しんだものです。今度はかっちゃん様の真似をして抹茶を持っていって野点と洒落込んでこようかと楽しみができました。

ごくらくとんぼ様
そおなんです。男だけだから楽しいんです。女性が一人でも入ったら気を使ってしまうし“ばかっぱなし”も出来ませんからね。
ウ〜ン、、、確かに介護の話ね。我が家は開放されましたがもうじき夫婦間介護で留守に出来無くなるかも知れませんね。今の内に沢山遊んでおかなくては!!
かっくん は顔に似合わず(本人も確り読んで居ますがホントの話で)野点や花が好きで名前もよく知っています。僕とは性格が全く違います。
何時までも大事にしたい仲間です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/65765317

この記事へのトラックバック一覧です: プチ カナダオフ会は美ヶ原なんですが・・・1:

« EOS Kiss X9 | トップページ | プチカナダオフ会 2 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ