« カナダトレッキングから帰国しました | トップページ | レイクオハラロッジとカナナスキス 2  何たる事か!!!の巻 »

2017/10/07

レイクオハラロッジとカナナスキス 1 さあ 出発だ の巻

Img_2555

 9月25日出発で、4回目のカナダトレッキングにやって参りました。

予想に反して黄葉はドンピシャリ。

Img_1895

エアカナダでカナディアンロッキーの玄関口カルガリーに向かいます。 驚いたり感動したりの毎日でした。

Img_1903

行きは9時間半の飛行時間です。

初めの機内食はビーフかチキンを選べるのですが僕の一つ前から強制的にチキンが配られました。

Img_1905

到着1.5時間前の朝食です。 エコノミークラスでは不味くても文句は言えませんがお腹も空きませんからこんなもんで良いでしょう。。

Img_1907

空港には現地在住のツアーリーダー堀口君の出迎えを受け、

Img_0470

途中スーパーで昼食を買い小さな公園で食事と自己紹介です。
驚いた事に男性が6人女性が2人。いつもの男女比が入れ替わって居ました。神奈川県から参加の男性3人はお友達グループ。更に神奈川県から男性の1人と新潟県から男性1人。女性は兵庫県と岩手県からそれぞれ一人ずつ。日を追う事にそれぞれの人柄や山歴が解り驚きの連続でした。

Img_0468

小食の僕はドーナツ2ツ。皆さんはサンドイッチやフルーツを召し上がり食欲も旺盛です。

Img_0475

移動はこの車で、運転はツアーリーダ(TL)。

Img_0485

カナナスキスまで走ります。 TLの説明では、先週は寒波が来て雨と雪で、雪を頂いた山と黄葉を合わせ楽しめる最高の条件が整ったと説明を受ける。

Img_0495

デルタロッジ アット カナナスキス に泊まります。
実は此所に泊まるのは2回目で、結婚25周年記念に何か良いサプライズプレゼントはないかと思いついたのがカナダ旅行でした。カナディアンロッキーの雄大な景色と、有名なホテルに泊まる事が目的でした。一つはシャトーレイクルイーズ、二つ目はバンフスプリングスホテルです。その、バンフスプリングスホテルの車寄せに止まったバスから降りた添乗員は30分も待った我々に向かって「誠に申し訳御座いません、オーバーブッキングで泊まれません。これから同等クラスのカナナスキスのホテルに向かいます」と告げたのです。

Img_0498

Img_0504

メゾネットタイプの大きな部屋に一人で泊まりますがだだっ広くて落ち着きません。

Img_1908

大きな敷地内からは

Img_0511

雄大な景色も広がり各種アウトドアスポーツも楽しめます。
此所はサミットが行われ日本は小泉首相が泊まっています。

Img_1909

食事会場です。

Img_1910

Img_1911

Img_1912

僕以外全員ビールやワインをとても美味しそうに飲み男性全員が三つ以内の歳で有る事も解りました。

Img_1913

紅茶を頼むとこんな容器に入って出て来ました。
さあ、明日からトレッキングが始まります。とても楽しみです。

« カナダトレッキングから帰国しました | トップページ | レイクオハラロッジとカナナスキス 2  何たる事か!!!の巻 »

外国旅行」カテゴリの記事

山とトレッキング」カテゴリの記事

コメント

お帰りなさい
いよいよ始まりますね
どんな景色を見せて頂けるかとワクワクしています

冒頭の写真綺麗ですね。とても素敵です。
黄葉にドンピシャだったんですか?良いときに行かれましたね。
湖に映る黄色い紅葉と湖の神秘的な色がとてもマッチしていて綺麗です。
メゾネットの部屋に一人は少々寂しいですね。
でも窓から見える木々も美しそうで、そして静かな環境のようでのんびりできそうです。^^

ごくらくとんぼ様
はい、やっとUPする事が出来ました。帰国後ずっと用事に追われています。後二週間くらい忙しいのが続きそうです。
似た様な湖の景色が続きますが、ニュージーランドとは違った雰囲気と色に注目して下さい。

ニャン様
綺麗でしょう!!ドンピシャでした。風もなく綺麗に写り込みました。黄葉は一週間ずれたらダメですからね。
メゾネットの大きな部屋は殺風景でしかも居所が無く落ち着きませんでした。
朝食時間や集合など、一人より二人の方が安心できますね。歳と共に覚えが悪く成り時間が解らなく成ってしまいますから。

お部屋に 暖炉がありませんでしたか?
テレビがタンスのような家具の中に入っていませんでしたか?
おそらく私が泊まったホテルと同じだと思うのですが、、、
ラフティングや乗馬をしたのですが、、、、違うかな?

いつもながら これからどういう展開になるのかワクワクします。
ふむふむ、登場人物は 8人ですね。

shinmama様
小さな暖炉がありましたが疑木で電気式でした。TVは壁掛けでした。
滞在型ホテルですからアクティビティーは何でも有りだと思います。

宿題のカナナスキスの発音ですがTLに言わせればそのままカナナスキスで通じると言い「同じカナダ人でもカナナスキスを知らない人じゃないの?」って言いますが、それは考えられませんよね。
そこで、食事が終わってからレストランの受付嬢に聞きました「correct pronunciation」を教えてと。彼女の発音では キャンナ ナアスキス でナスキスのナにアクセントが来る様に聞こえました。もう一つは キエナ ナスキス でナスキスのナにアクセントが来る様にも聞こえました。自分なりに両方言ってみると「どっちも言い」と言われてしまいます。

お帰りなさいませ。
湖面に映る黄葉、素晴らしいですね。
UP,楽しみに待っています。


ありがとうございました。
 o(_ _)oペコッ

「キャンナ ナアスキス」 「キエナ ナスキス 」と 2音に切って発音するのですね。
今度 カナダ人に会ったら やってみます。

本当にありがとうございました。
教えていただき 嬉しいです。

みやび様
有難う御座います。無事帰国しました。
見事な黄葉でしたよ。

shinmama様
はい、使ってみて下さい。上手く通ずればいいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/65884050

この記事へのトラックバック一覧です: レイクオハラロッジとカナナスキス 1 さあ 出発だ の巻:

« カナダトレッキングから帰国しました | トップページ | レイクオハラロッジとカナナスキス 2  何たる事か!!!の巻 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ