« レイクオハラロッジとカナナスキス 1 さあ 出発だ の巻 | トップページ | レイクオハラロッジとカナナスキス 3 神秘な色に息を呑むの巻 »

2017/10/10

レイクオハラロッジとカナナスキス 2  何たる事か!!!の巻

Img_1918

 一夜明け カナナスキスのホテルから見える山岳風景と上々の天気。

今日はターミガンサークにハイキングに行きますが此所は初めてのカナダトレッキングの折、登山口まで来て「グリズリー(♂は最大800kgにも成る)」出没の為クローズされ、登る事が出来なかった因縁の場所。未だ見ぬ地へと期待が膨らみます。

 

Img_1986

駐車場に到着。

Img_1932

場所の説明と

Img_1933

ゴミ箱の使い方説明。(LATCHと書かれたノブに指を入れ掛け金を押しフタを開ける/熊対策のため)

Img_1936

グリズリーとツキノワグマとの違いや遭遇した時、如何に我々は行動すれば良いのか等の説明を受けます。(毎回同じ説明が有る) アルパインツアーでは、カナダ山岳ガイドの資格のある人がTLとして現地ガイドをしていますので安心です。

Img_2078

イザ遭遇したら熊撃退スプレーを発射しますがギリギリ5m程まで待って使わなくてはならない。(そんな近くまで怖くて待てないよ、、、)人間が風下だと大変な事に成ってしまう、、、

Img_1940

先週降った雪が残っている樹林帯をしばらく歩くと

Img_1945

辺りは開けポプラや唐松の黄葉が出迎えてくれる。

TLの直ぐ後ろを歩くのは新潟さん。彼はユックリと諭すように話す。僕より5ヶ月先輩で、これから行ってみたい所はK2だそうだ。

Img_1950

やがて大岩壁が迫ってくる。

Img_1953

と、先行していた幾つかのパーティーが盛んに上を見て居る。そして 「グリズリーだ 下りてくる!」と言っている。

Img_1959

居た!※広角ズームレンズで撮影して居るのでトリミングで拡大

Img_1960

目の前まで迫っているではないか!!!!!!!!※トリミングで拡大

Img_1962

我々との距離100m弱。(写真左上にグリズリー 右下に写るのは何時も とても もの静かな神奈川1さんで トレランもやって居るとの事。カナダに来てもランニングをしていた)

Img_1971

登ってくる他の登山者に告げながら一方通行を逆に下る。振り返れば鞍部の麓まで行けたはずなのに又しても登れなかったターミガンサーク。何たる事か!!!

Img_1992_1

上で食べるはずのランチは駐車場で食べた。

Img_1998

TLが連絡し、やって来たレンジャーはグリズリーの方向を探っているのか、或いは未だ発信器が付いていないヤツか調べている。 推定1000頭居ると言われている内の1頭に遭遇するとは何たる奇跡か 或いは又しても行けなかったターミガンサークのアンラッキーか・・・・

Img_2007

Img_2009

Img_2015

Img_2033

ビジターセンターにやってきました。 カナディアンロッキーの出来た仕組みや動物達の生態などが展示され自然観察も出来ます。

Img_2055

残時“マウントエベレストエクスペディショントレール”にやってきました。カナダのエベレスト登山隊の偉業と記念に作ったトレールだそうで途中地質の標本にも成る様な場所もあります。

Img_2061

Img_2067

1時間半ほどの行程でした。

Img_2087

Img_2088

Img_2089

デザートは大好きなブリュレでした。
明日はレイクオハラに向かいます。

« レイクオハラロッジとカナナスキス 1 さあ 出発だ の巻 | トップページ | レイクオハラロッジとカナナスキス 3 神秘な色に息を呑むの巻 »

外国旅行」カテゴリの記事

山とトレッキング」カテゴリの記事

コメント

 先月末から野暮用と旅行でバタバタして、
 お帰りを心待ちにしていながら、
 すっかりご挨拶が遅くなってしまいました<(_ _)>
 改めまして、お帰りなさいませ~!
 湖面に映る黄葉が美しいですね。
 今日はまたグリズリーとはすごい画ですね。
 すぐそこではありませんか!
 ツキノワグマでしたら、2頭の子連れを7メートルほどから見たことがありますし、
 熊スプレーは常に携帯していますが、
 迫力とスケールが違いますね!
 怖いけど、毛並みがきれい!
 それにしても、2度ともグリズリーで登れないとは!
 なんということでしょう!
 ぜひもう一度行かなくちゃ、ね!
 

うつきよう様
忙しいという事は何より健康な証拠。素晴らしい事です。
前回は入り口でUターンでしたがそれに比べれば少しは増し。それよりグリズリーに遭遇する出来事が自分に起こったと言う奇跡を、思い出の語りぐさに出来る幸せと思いたいと思います。
カナダの熊撃退スプレーガンは強烈なようで、風下の人間は大変な事に成ってしまうようです。
4人以上なら襲われないと言われていますが中国人なんかはガイドも付けず1〜2人で歩いて居る、、、変な国民です。

コンバンハ!!!
最初は “出没のためクローズ” で今回は実際にご覧になった。生グリズリーとは凄いじゃないですか。凄いと思います。私なんか北海道でヒグマを見たい見たいと思っても、何回行っても遠目にも見ることができません。

それにしても全く日本とは違う山岳風景ですね。もうすぐ冬なんだなあと感じる山景色です。

ごくらくとんぼ様
こんな事も有るんですね、、、地球上で最も大きい肉食獣だなんて、ゾッとします。
良い経験ができました。
ヒグマを見たい?好奇心が旺盛ですね!!とお〜〜〜〜く なら良いですが近くでなんて見たくありません。やっぱり女性の方が度胸が座っています。
ハイ、カナディアンロッキーの雄大さは特別です。

よし坊殿

お久しぶりです。 レイクオハラロッジって、どんなところか早く知りたいと思っていたのに・・・
「グリズリーもヒグマもツキノワグマも皆んな熊さんでしょ!」 良いね! 良いね!
ナイスショットです。グリズリーの動きがリアルに感じられます。カメラを最新に変えたおかげですね。今回のトレッキングツアーのUPは万々歳で終了していいですよ。

熊の親戚のグリズリーのせいでターミガンサークがクローズになったり途中撤退されたり本当に申し訳ありません。来年、行って本人に厳重に注意しておきます。ありがとう。

青大将殿
レイクオハラは小屋や設備、食事内容と今まで行った小屋とは比べものにならない程グレードが高かったです。後で出て来ますがギャルソン達の服装にまで拘っていました。
機会が有ったら是非行って下さい。

青大将が今回のツアーに同行していたらどう行動したか?想像できません。またがってお馬の稽古でもしましたか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/65885472

この記事へのトラックバック一覧です: レイクオハラロッジとカナナスキス 2  何たる事か!!!の巻:

« レイクオハラロッジとカナナスキス 1 さあ 出発だ の巻 | トップページ | レイクオハラロッジとカナナスキス 3 神秘な色に息を呑むの巻 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ