« レイクオハラロッジとカナナスキス 7 さらばレイクオハラ の巻 | トップページ | 花咲ガニ »

2017/10/23

2017年 靜岡ダービー

Img_3258

 ジュビロがJ2落ちし、上がって来たらエスパルスがJ2落ちし。両者がJ1に戻り靜岡ダービーが10月14日、四年半ぶりに行われた。

キックオフ6時間半前には主な民間駐車場が満車になる異例な事態が発生するほどサポーターは極度なテンションの上がり方だ。
人気者のユルキャラ じずなび君は偏ることなく両者のユニホームを半々に着ている(このユルキャラは喋ります)。

Img_3251

一人も入って居ないジュビロ応援席は決戦前 シーンと静まりかえっている。

Img_3254

この日は熱心なサポーターが入って来る西サイドゲート担当で、事前説明と申し合わせの確認。開場も15分早まった。

Img_3256

コパルちゃんはハロウイン仕様(このユルキャラは喋りません)。

Img_3272

時折降る強い雨でオレンジのポンチョを着る観客で埋め尽くされる。発表では18,556人の来場が有った。

Img_3269

休憩時間に一寸だけ試合を観ました。

Img_3273

0-3の無様な負け。二度と味わいたくないJ2落ちに成りかねない状況になった。一見攻めて居るようにも見えるのですが精度がない。 選手と監督に途轍もなく大きなアイデアと力の差を感じた試合だった。

続く21日アウェーで仙台戦。負ければ下位チームの結果次第では降格圏に入ってしまう試合。辛うじて勝ち点1を拾いましたが、下手な試合だった。

« レイクオハラロッジとカナナスキス 7 さらばレイクオハラ の巻 | トップページ | 花咲ガニ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

広島に帰って親戚が集まっても カープの話題は出ても サッカーの話題が出ません。
あえて、話を振ると 口々に 「新しいサッカー場の話は これで消えたな」と言って みんな、冷めた態度です。

私は 弱くても J1に残っていてくれればいい、、と まだ わずかな希望を持っているのですが、、、。

shinmama様
サンフレッチェは何が起こっているんでしょうか?あんなに強かったのに。良い選手をレンタルするから?良い選手が札束で買い取られちゃうから?若手が育ってこないから?
浦和みたいに良い選手をかき集めても優勝できないチームも有るし・・・
サッカーは解らない。
新競技場を作って観客動員が増えれば利益が出て良い選手を引っぱる事が出来る訳で 新サッカー場は欲しいですよね。エスパルスも同じです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/65920733

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年 靜岡ダービー:

« レイクオハラロッジとカナナスキス 7 さらばレイクオハラ の巻 | トップページ | 花咲ガニ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ