« レイクオハラロッジとカナナスキス 2  何たる事か!!!の巻 | トップページ | レイクオハラロッジとカナナスキス 4 ラーチ・ラーチ又ラーチの巻 »

2017/10/12

レイクオハラロッジとカナナスキス 3 神秘な色に息を呑むの巻

Img_2232

 モーニングコールは5:45。バンフのホテルへ預けるスーツケースとロッジに持って行く荷物をダッフルバッグに分け出発6:45。二泊したカナナスキスともお別れです。

朝食はオムスビ等を走行中の車内で食べた。そして向かうのはロッキーの聖地レイクオハラ。

Img_2108

今回、ヘリは使いません。ロッジ専用の道路をバスに乗って向かいます。

Img_2112

バスストップです。

Img_2134

この専用バスに乗ります。

Img_2141

Img_2157

25分ほどでレイクオハラロッジに到着しました。

Img_2150

泊まり客は既にトレッキングに出発済みで我々だけ。

Img_2153

行動食が置いて有りました。

Img_2168_1

我々は湖畔に建つプライベートロッジに泊まります。

Img_2614

No3ロッジに、新潟さんと相部屋になりました。

Img_2181

目の前にはレイクオハラの向こうにマウントフゥーバー(写真左のピーク)が聳え、4日間朝な夕なに天気のご機嫌伺いをしながらこの山を見上げる事に成りました。

Img_2188

早速出発。一番人気のレイクマッカーサーに向かいます。

Img_2203

10分程歩くとカナダ山岳協会所有のエリザベスパーカー小屋がありました。日本人の団体が泊まっていて持参の寝袋で、食事は賄いのコックさんが付くようです。

Img_2219_1

シェイファーレイクを左に見て更に向かいます。

Img_2225

案内標識が分岐点には必ず有ります。

こちらを向いている男性は横浜3さんで出張等で世界各国に行ったと言う企業戦士でした。

Img_2226

Img_2240

歩くほどに行く程に景色が代わり黄金色の黄葉が見事です。

写真先頭に写る女性は岩手県から参加の岩手さん

Img_2249

先方に目的地が見えて来ました。

Img_2253

レイク マッカーサーです。(2,251m) 何と神秘的な色か。

同じカナダのルイーズ湖やペイトー湖、或いはニュージーランドのミルキーブルーとも違う深く透き通る碧さなのです。 写真左のピークはマウントビドル(3,319m)です。

※拡大できます

Img_2261

ランチです。

Img_2267

記念に撮ってもらいました。大休止中、フリースの上にダウンを重ね着しています。

Img_2270

全員の記念写真

Img_2282

さあ、下山です。先頭は神奈川から一人で参加した神奈川4さん。とても物知りで各国の山も詳しい。

※拡大できます

Img_2301

シェイファーレイクまで戻りました。

Img_2307

エリザベスパーカーハットまで戻りました。 どちら側から見ても絵になります。

Img_2320_2

Img_2335_2

レイクオハラに到着。

Img_2337

Img_2344

Img_2346

ハイキング後はロッジでティータイム。選り取り見取りなんでも有ります。

Img_2351

プライベートキャビン内です。暖房が入って居ます。

Img_2353

Img_2354

シャワーに水洗トイレも完備。ハンドタオル・フェイスタオル・バスタオル・石鹸・シャンプーとリンスも備わっています。 なんと使い勝手の良い事か!

Img_2356

食事前には皆さんロッジに集まり酒盛りやらおしゃべりに花が咲きます。顔ぶれは世界各国。

Img_2357

食事も本格的なようです。

Img_2358

Img_2360

Img_2361

Img_2362

スープから始まりサラダ メイン デザートと続きました。

Img_2365

おや?ローソクが立って居ます。

Img_2366

神奈川1さんの誕生日でした。

四方が山に囲まれた地形ですので夕焼けや朝焼けを見るのは難しそうです。 明日も天気は良さそうです。

« レイクオハラロッジとカナナスキス 2  何たる事か!!!の巻 | トップページ | レイクオハラロッジとカナナスキス 4 ラーチ・ラーチ又ラーチの巻 »

外国旅行」カテゴリの記事

山とトレッキング」カテゴリの記事

コメント

レイク マッカーサー ですか?素晴らしい水の色ですねhappy01
吸い込まれそうですね。

それから、こんな山の中に設備が至れり尽くせりでその上本格的なディナーのロッジとは・・・・・・・。 

ごくらくとんぼ様
ヨーロッパや北米南米、色々な氷河湖を見ましたがこの色は初めてでしたね。太陽の位置と時間も関係があるのかも知れませんね。
まるで山の中のホテルでした。

 なんともきれいな青ですね。
 吸い込まれそうです。
 よし坊様はスタイルを維持されていて
 変わらずダンディです!
 お写真拝見すると、
 メンバーみなさんが和気あいあいと、
 良い雰囲気でいらっしゃるのが伝わってきます。

うつきよう様
風もなく良いお天気でした。皆様山登りをしている人達ばかりで同じ景色を共有するのは気分が良いですね。
日頃から太らないように注意していますし大変でもトレーニングは続けて居ますから。これで太ってしまったらプッツンと切れてしまうかも知れません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/65886462

この記事へのトラックバック一覧です: レイクオハラロッジとカナナスキス 3 神秘な色に息を呑むの巻:

« レイクオハラロッジとカナナスキス 2  何たる事か!!!の巻 | トップページ | レイクオハラロッジとカナナスキス 4 ラーチ・ラーチ又ラーチの巻 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ