« レイクオハラロッジとカナナスキス 3 神秘な色に息を呑むの巻 | トップページ | レイクオハラロッジとカナナスキス 5 珍しい動物に会えた の巻 »

2017/10/14

レイクオハラロッジとカナナスキス 4 ラーチ・ラーチ又ラーチの巻

Img_2527

 レイクオハラ2日め、今日はオパビンレイクに向かいます。

朝食は7:45から滞在者が一斉に始まります。

Img_2370

Img_2371

先ずはこの中から好きなものをチョイス。

Img_2373

シリアルには牛乳とメープルシロップをたっふり掛け、果物とマフィンを添えました。 こんな量で丁度良いと思ったのですが

Img_2374

なんと別に卵料理が出ます。“目玉焼き・スクランブル・オムレツが選べるのです。目玉は一つか二つか両面焼きかと聞いてきます。

Img_2375

朝食中に行動食の用意が出来ています。

Img_2378

9:30出発。

Img_2381

今日もマウントフゥーバーはご機嫌が良い。

Img_2396

今日は此所に行くんですね!と岩手嬢。その後解った事ですが彼女はお医者さんでした。

Img_2405

順調に高度を稼ぎます。

Img_2408

この壁の真下にトレースが付いていて一寸怖い登りがありました。

Img_2423

登り切ると日本庭園のような景色が出迎えてくれました。

Img_2432

Img_2435

お立ち台のようなビューポイント オパピンプロスペクト から見るマリーレイクとレイクオハラ。 足元は切れ落ちた断崖絶壁です。

Img_2453

旅立ちの写真だ!なんて言いながらみんなで写真の撮りっこ。

Img_2459

ラーチ(唐松)が見事です。

Img_2473_2

何所を見てもラーチ・ラーチ。後ろに少し写るのはカスケードレイクス。

Img_2477_2

オット!前方に何か居ます・・・・・・・・・・・・雷鳥でした。

Img_2491

直ぐ近くには4羽の子供達。

Img_2507

チングルマの綿毛です。そお言えば花を見ませんでした。

Img_2509

ムーアレイクスで昼食。

Img_2518

果物とチョコレート、好みを言って作ってくれるサンドイッチ。サンドイッチは具だけ食べてパンは殆ど食べません、、、不味いのでは無くお腹が一杯です。

Img_2535_2

今日の目的地オパビンレイクに到着。 (2,285m)マッカーサーレークに比べて見劣りしますが間近に迫る岩峰の迫力が違います。

Img_2553

さあ、下山します。

Img_2561

ムーアレイクス迄戻りました。昨日も今日も風がありませんから湖面に綺麗に写ります。

※拡大できます

Img_2568

グリズリーの掘った寝ぐら が有りました。

Img_2577

何所まで行ってもラーチ又ラーチ。
TLも目的地までの径をピストンするのでなく少しずつ別のルートを通ります。ウン ウン良い事だ。

Img_2593

レイクオハラまで戻りました。今日も気持ちよくトレッキングが出来ました。

Img_2609

プライベートキャビンで先ずはシャワー。その間同室の新潟さんはビールを飲みにメインロッジに。

Img_2618

毎日4時まではアフタヌーンティーが楽しめます。

Img_2624

Img_2626

Img_2628

今日のメインはチキンでしたが食べ過ぎを警戒し半分残しました。
明日の天気も良さそうです。

« レイクオハラロッジとカナナスキス 3 神秘な色に息を呑むの巻 | トップページ | レイクオハラロッジとカナナスキス 5 珍しい動物に会えた の巻 »

外国旅行」カテゴリの記事

山とトレッキング」カテゴリの記事

コメント

白馬の景色が霞んでしまうほどの 見事な景色、
ホテルかと見間違うほどの 立派なロッジ、
食べすぎでダイエットしている自分が情けなくなるほどの 見事な食事管理、、、、、
どれひとつとっても 素晴らしい!!

黄金の「ラーチ」をみるのには
バスの車窓からではなく、歩いてこそ、ですね。

shinmama様
ラーチでは有名な「ラーチバレー」が有りますが、此所はそれ以上広範囲に見事なラーチが続いていました。
shinmama様にはぜひ此所に行ってもらいたいです。ロッジ滞在型ですから歩きたくない日にはサボれば良いんですから。

黄葉の美しさにまずは感動!
澄み切った空気だからこそのクリーンな風景の美しさ。
そして野生動物。
夫はグリズリーやヒグマが大好きで、「僕は熊を手懐けることができる!!」などと豪語しております。(笑)
雷鳥もいるのですね。一度は見てみたい雷鳥です。
とても満足げなよし坊様のお姿が、今回の旅の素晴らしさを物語っておられます。^^

ニャン様
綺麗でした。遠く海外まで行き、更に自分の足で歩いてやっと会える感動の一瞬です。幸い天気も良かったので喜びが倍加されました。
アリャ、それは又凄い動物が好きなんですね。グリズリーの大きさはヒグマの比ではありませんよ!
写真が撮れなかったのでブログにはでませんが可愛い ピカ にも会えました。
はい、とても満足なトレッキングでした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/65889861

この記事へのトラックバック一覧です: レイクオハラロッジとカナナスキス 4 ラーチ・ラーチ又ラーチの巻:

« レイクオハラロッジとカナナスキス 3 神秘な色に息を呑むの巻 | トップページ | レイクオハラロッジとカナナスキス 5 珍しい動物に会えた の巻 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ