« レイクオハラロッジとカナナスキス 6 晴れ男パワーだ の巻 | トップページ | 2017年 靜岡ダービー »

2017/10/21

レイクオハラロッジとカナナスキス 7 さらばレイクオハラ の巻

Img_3100

 楽しくも充実したトレッキングも終わり下界へ下りていかなければ成らない日がやってきてしまいました。

Img_2996

Img_2998

朝食も美味しく食べられました。焼き加減の丁度良いベーコンが付いていたのも嬉しいです。

Img_3014

バスに乗って出発。昨夜は雪が降ったようで屋根に雪が積もり、冬は駆け足でやってきている。

Img_3020

レイクオハラ専用バス停に到着。

Img_3056

所変わり TLの運転する車でアイスフィールドパークウェーを走って居ます。世界一美しい高速道路と言われているこの道路は雄大な景色が次々現れます。

Img_3064

クロウフット氷河(カラスの足の意味)でカラスの足のような形をした氷河で元々は3本有った足の内の1本の氷河が崩れ落ちて2本になってしまった。

Img_3071

ボウ湖。

Img_3074

雪の道を歩いて向かうのは

Img_3107

ペイトー湖。この辺りの観光は3回目。樹には昨夜降った雪が付いています。

初めて来た27年前には中国人は一人も居ませんでしたが今では中国人で埋め尽くされています。 しかし、何度見ても雄大です。

※拡大できます

Img_3113

車内で昼食を食べ バンフに向かいます。

Img_3169

Img_3141

バンフではブリュースターマウンテンロッジに泊まります。ミスタヤ・アシニボインに来た時と同じホテルです。

Img_3154

残時 街を散策。大通りから見るシンボル カスケードマウンテンも奇麗に見えます。

来る度に店が少しずつ変わって居ますが6年前にラーメンを食べたCHAYAは営業を続けていました。

Img_3173

夜は中華料理屋。前回のアルパインでも此所に来た事を思い出した。中国人で埋め尽くされている。五月蠅いのなんの、、、

Img_3178

ジンジャエールです。

Img_3179

Img_3181

Img_3182

これは北京ダック

Img_3183

Img_3187

Img_3188

Img_3189

Img_3190

Img_3191

Img_3192

Img_3193

吐き気?全く有りません。和気あいあいと話しながら皆で見事に完食。美味しかった!!

Img_3197

さて、日付がかわり翌朝はホテルから数軒先の店で朝食。

Img_3198

Img_3199

大きなパンケーキの上に甘い物がゴテゴテ乗っていて美味しかった〜

Img_3207

バンフ カルガーリ間は雪。途中何カ所も雪による事故がありました。

Img_3212

Img_3219

これに乗りますが

Img_3225

羽根に積もった除雪作業などでテイクオフが1時間半遅れやっと飛び立つ。

Img_3228

Img_3229

新潟さんと冨田嬢はビジネス・・・良いな〜!!こんな不味いのでなく美味しいの食べて居るんだろうな〜。横浜1さん、行はエコノミープラスに乗っていましたが帰りは取れなかったと言ってYクラス。

Img_3237

帰りは10時間半掛かります。予定より1時間15分遅れで成田到着。

今回も素晴らしい人達と出会え気持ちよくトレッキングが出来ました。皆様有難う御座いました。

« レイクオハラロッジとカナナスキス 6 晴れ男パワーだ の巻 | トップページ | 2017年 靜岡ダービー »

外国旅行」カテゴリの記事

山とトレッキング」カテゴリの記事

コメント

よし坊殿

”雄大”という言葉に勝る雄大でスケールの大きい情景を見させてもらいました。
よし坊の腕もいいしカメラも良いので写真が情景をそのまんま映し出していますね。
ここぞと選んだ場所でトレッキングできたことはお目が高い。さすが!
一緒について行けば良かった。もう私には及ばない場所となりました。

山小屋というより高級レストランの夕食でフルコースじゃありませんか。
和食好みの自分には耐えきれないと思いました。すごい所があるんですね。
胸も腹も気持ちもブログで一杯になりました。ありがとう!

青大将殿
山小屋は別として、日本の山岳風景も捨てたもんではありませんから。その証拠に青大将は素晴らしい紅葉を楽しんで居るではないですか!!

来年は是非同行しましょう。誘うから断らないでね。日本食は無いけどね、、、インスタント日本食を沢山持って行きましょうか!

 お天気に恵まれ、
 同行のお仲間に恵まれ、
 最高のトレッキングでしたね。
 素晴らしい絶景や、珍しい動物を拝見できて、
 私まで楽しませていただきました。
 ありがとうございました。
 

うつきよう様
同じ趣味を持つ者同士は気心が合うし解るし、とても良いですね。
滅多に見られない動物も収穫でした。

台風の影響で和田峠が通行止めになっていないか心配です。
台風一過、靜岡は風も吹いていませんし雨も降っていません。青空です。

世界中どこへ行っても隣国の人が多い中、
山麓の有名ホテルは別にして 山の中に入ってしまえば そうでもないようで安心しました。
クルーズも日本船は大丈夫ですが、外国船はもう危ないですもの。

奥様とのご旅行はビジネスで、山のご旅行はエコノミーで、と
ポリシーをお持ちのところに よし坊様のお人柄を知る気がします。

カナダの美しい秋を丁寧に作られたブログで 拝見させていただき 感謝です。
さて、次は どなたと どちらへ?

shinmama様
実はレイクオハラには泊まり客以外バスに乗れないのですが歩いて入って来る中国人が凄いんです。レイクオハラをグルッと回って帰る位しか時間も無いでしょう。泊まり客には中国人は居ませんでした。
貧乏人ですから、、、Cクラスなんて乗れません、、、なんてったって自分の小遣いの範囲でしか海外トレッキングはしていませんから。家計費で行かせてくれればCクラスだ!
写真を撮った順番に載せてるだけのやっつけブログに「丁寧に作られた」なんて言われちゃうと穴を掘って入りたい。

コンバンハ
雄大なカナダの景色を堪能させていただきました
カナダ、すごいですね~~、見ているだけで気持ちいいです
何回も行かれる気持ちが分かるような気がします
腰を大事にして今後もあちらこちらへ飛び回っていただき、まだ見ぬ景色を見せてください(^o^)

追伸
Sパルス、何とか踏ん張って来年もJ1でプレーしてほしいです
静岡で2チームは誇りですから

ごくらくとんぼ様
カナダは何度行っても良いですね。しかも同じ景色を何度見ても見飽きません。安全度も有り人気の国だと思います。
トレッキング中は腰痛も肩こりも無し・・・・有難い事です。

エスパルスは昔の強さが懐かしく思う今日この頃。立て直しには未だ未だ遠そうです。

出かけて居りまして昨夜帰ってきました。返信が遅くなってしまい申し訳ありませんでした。そのブログは来週出します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/65911387

この記事へのトラックバック一覧です: レイクオハラロッジとカナナスキス 7 さらばレイクオハラ の巻:

« レイクオハラロッジとカナナスキス 6 晴れ男パワーだ の巻 | トップページ | 2017年 靜岡ダービー »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ