« 花咲ガニ | トップページ | そして 向かったのは 花屋 です »

2017/10/30

松茸 松茸 アア松茸

Img_3219

 別所温泉にある松籟亭(しょうらいてい)に行きました。

4月、昨年行った竹松旅館を申し込んでいたのですが出発二週間前、「今年は松茸が不作でお受けできません。来年は優先して予約を受けます。申し訳御座いません。」と電話が入る。
ナンテコッタ、、、妻がとても楽しみにして居たのに、、、 そこで思いついたのがブログに書き込んでくれる上田のうつきよう様。
ネット検索すると昼でも夜でも予約可能日が有った。夜のコース料理を食べ、安宿に泊まる手もあるのですが泊まりたい宿も有り昼食にした。
前置きが長くなりました。

24日は台風通過直後の絶好の好天。自宅を7時に出た。

岡谷から和田峠経由で別所温泉の松籟亭に11時45分到着。勿論途中のサービスエリアや目に止まった農産物直売所に何カ所も寄る。何処で買っても何所の物も同じなのにと男は思ってしまうが女は違うようだ。

Img_3231

松籟亭。洒落た建物と構えです。

Img_3273

Img_3279

座敷とテーブル席が有り

Img_3234

窓際の席が用意されていた。予約の電話を入れた時「ブログ繋がりでこの店を知った事、靜岡から行く」と言って有ったからかな。

Img_3275

松籟御膳4,320円を予約してあります。

Img_3237

真っ先に運ばれて来たのは別注の焼き松茸用。電話では「エリンギほどの大きさで1万円です」と言われていたので迷わず1万円の物を選んだ。

Img_3252

Img_3256

妻はニコニコしながら「頂きます」と言った。感情がこもっていると感じた。

Img_3262

焼き松茸は湯気がフワフワ~ッと出て来たら食べ頃ですと言われた。

Img_3270_2

同じ物を更に裂いた。国産松茸の強い香りとコリコリした食感がたまりません。日本人だからこそ解るこの味わい。

Img_3263

松茸御飯の松茸の量が一寸物足りないですが値段が値段ですから。

Img_3281

厨房ではご主人が忙しく働いていました。
昼の松茸御膳は今年で終了。来年からは昼夜とも松茸コース料理と単品料理だけに成ると張り紙がしてありました。
そして向かうのは・・・・

« 花咲ガニ | トップページ | そして 向かったのは 花屋 です »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

コンバンハ!!!
冒頭の写真…・・・紅葉が始まっているんですね。
焼き松茸、美味しそうです。花咲ガニといい、松茸と言い、超グルメですね。
今宵の宿がどちらか気になります。たとえば『仙仁温泉』とか『扉温泉』とか?

 今年の松茸は全くの不作です。
 これほどの不作の度合いはこれまでにないと思います。
 松茸に限らず、今年は山にキノコの姿がありません。
 よし坊様が松籟亭にいらっしゃると伺って、実はとても心配でした。
 「地物」はほんとうに貴重です。
 今年は私も「地物」にはお目にかかっていません。
 直売所でも例年の3倍の値がしているそうです。
 松籟亭さん、頑張っておられると思いました。
 奥様が喜ばれたのがなにより良かったです。

 向かわれる先はどちらなのでしょう?
 
 
 
 
 
 
 

ごくらくとんぼ様
紅葉は全体としては早かったです。そろそろ良いんじゃないでしょうか。
焼き松茸の美味さは格別ですね。始末する所は始末してここぞと言う時はパッと使います。
田舎のお爺ちゃんが松茸を山のように持って来てくれた頃が懐かしいです。
宿は・・・二つとも外れです。

うつきよう様
僕も偽物を食わされるんじゃないかと心配していました。。焼き松茸は「必ず確保しておきますからご心配なく」と言われておりました。
全ての料理に確り香りがありましたからこれも偽物ではないと思いました。スーパーでも百貨店でも国産松茸は見かけません。食べられて幸せです。
来年は竹松旅館に行きます。その翌年は松籟亭に行って、その次辺りは運転が億劫に成って行けないかも知れないなぁ〜等と話しながら帰宅しました。

松茸ですか。贅沢ですねぇ~。羨ましい。^^
今年は本当に松茸が不作ですね、、、、。
京都府向日市に松茸と筍で有名な神崎屋という店があります。
此方は販売専門ですが、松茸を見にいったら手が届きそうもない価格でした。
仕方なく「松茸ごはん」だけを買って帰ってきました^^;
松籟亭さん、何時か立ち寄って食事をしようと思いながら、未だ叶わず、、、。
来年こそは!!ブログを拝見して思いました。^^

ニャン様
京都も美味しい松茸が採れそうですね。それにしても今年は何所も全滅に近いらしいですね。
松茸御飯は美味しいですから。食べられただけでも良いじゃないですか。
そおなんです。何度も松籟亭の話が出てきて「行かなくちゃ!」と思って居ました。竹松旅館で断られなければ松籟亭は来年でした。
うつきよう様推薦、間違い無しでした。是非来年!!

「ねえ、福井に蟹を食べに行こうよ」 と私がいうと
「その旅費があれば 東京で 蟹をたくさん食べれるぞ」 と主人。
「ねえ、長野に松茸を食べに行こうよ」 と私がいうと
「その旅費があれば 東京で 松茸をたくさん食べれるぞ」 と主人。

こんな会話を 毎年繰り返していますが 
東京で 蟹を食べたことも 国産松茸を食べたことも 一度もありません。
やっぱり そんなもんですね。
よし坊様のように 毎年、きちんと目的のために現地に足を運ばなければ
美味しいものは 決して口に入りません。
勉強になります、はい。

shinmama様
確かに遠く迄行かなくても食べられますね。あと数年で遠くまで運転するのが嫌に成れば靜岡で食べる事に成ると思います。
今の所は我が家の恒例行事ですからね。名古屋でお気に入りの店に入り「明日は蟹だ」と気合いを入れて行く訳です。妻が毎年楽しみにして居る事ですから取り上げる訳にも行きません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/65968711

この記事へのトラックバック一覧です: 松茸 松茸 アア松茸:

« 花咲ガニ | トップページ | そして 向かったのは 花屋 です »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ