« 悪夢のホーム最終戦 | トップページ | 今年も行きます 越前蟹 2 »

2017/11/29

今年も行きます 越前蟹 1

Img_3375

 素晴らしい天気に恵まれました。

新東名靜岡県内は試験的に最高速度110キロに成って居ますし車も少なく快調に走ります。写真は浜名湖サービスエリアですが名ばかりで浜名湖は見えません。

Img_3539

最初の目的は まことや植田店。 壇渓通りに有る まことや で修行を積んだご主人が店を出したのが天白店。その奥様が植田店を出した。 本店まことや より量も多く味が濃いのは先刻承知ですが何年も植田店に来ていないので今年は何が何でも寄る事にし、名古屋に泊まるのも曜日をずらし火曜日にした。(天白店・植田店とも月曜休み)

Img_3378

僕の頼んだ親子。本店に比べうどんの量はしっかりあるしネギもタップリ入っていて味噌の量も多く味が濃く好みにピッタリ!

Img_3555

妻は「夜も鳥だから昼は海老」と言ってエビ入り。以前にも増して味が濃すぎると少々不満のようだった。

Img_3572

名古屋の定宿 東京第一ホテル錦 に車と荷物を預け妻はデパート巡り。

Img_3560

Img_3570

僕は地下鉄でアルパインツアーサービスに行く。

Img_3567

たまたまこの日 山旅説明会「サミット(サミットとは頂上に登る事を目的としたパックツアー)&ロングトレイル」が有る。この日は主にキリマンジャロの説明。僕は登る気はない。見に行くだけのツアーなら行って見たい気もある。

Img_3380

夜は鳥勢。二ヶ月前に「タバコの臭いが嫌いなのでカウンターの一番奥にして下さい」と頼んで有る。

Img_3384

見事な手さばきを写真に撮りたいけど良いかと聞くと「化粧してないけどまあ良いか!」と言ってくれた。

Img_3410

鳥コース(お通し・串10本・鳥スープ・野菜サラダ3,500円)を一人前頼む。 小食の我が家はこれを二人で食べれば丁度良い。 ※拡大できます

Img_3386

Img_3387

Img_3388

これは別に頼んだ 左の鳥刺は山葵醤油を付けて、右の しもふり は生姜醤油を付けて。 美味いんだな~これが!

Img_3391

Img_3395

Img_3396

Img_3399

つくねは別注です。卵を絡めて食べます。この店一番の人気商品。

Img_3401

Img_3402

Img_3404

Img_3406

Img_3409

Img_3412

ご飯粒がお腹に入らないと食事が終わらない我が家は おむすびを一つ頼んでシェア。

名古屋に来たと実感する美味しさを感じて、一ブロック隣のホテルに戻ります。

« 悪夢のホーム最終戦 | トップページ | 今年も行きます 越前蟹 2 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

「今年も行かれましたか 越前蟹」

蟹だけでなく 名古屋で昼食も夕食も ご馳走を召し上がるなんて
なんとも 羨ましい!!

クリスマスとお正月がきたら、これ以上の御馳走????
ありえなーーーい。

shinmama様
何時まで続けられるか解りませんが運転できるまでは頑張ります。
名古屋人の食感は理解できない物が沢山有りますが、その中で見つけた好みにピッタリのもの。幸せです。
クリスマスやお正月は 仙人のように霞みでも食べましょうかね。

毎年恒例の蟹旅行。季節の美味しいものを味わう旅行、良いですね。^^
私もこの季節、よし坊様の蟹旅行記を拝見するのが楽しみな恒例行事となりました。
お天気も良いし、上々の出だしですね。
新東名の最高速度110キロ。この道は気が付けばそれぐらいは軽くでるので
このまま最高速度が110キロとなると良いのですが。^^
鳥勢さんやはり行ってみたい美味しそうです。
今度行くときは平日に行きます。定休日に引っかからないように^^;

ニャン様
夫婦揃って蟹好きで楽しみな行事なんです。途中の観光もしないで帰る繰り返しですがそれでも満足しています。
110キロ区間で昨日事故が起きました。追突の軽四と普通車がクシャクシャになったニュースが出ています。個人的な考えは、大型80キロの車が追い越し車線を走るのが問題だと思うのです。
鳥勢・・・以前のブログで「日曜日でダメだった」とブログに書いて居ましたね、、、ぜひ平日に再訪して下さい。
鶏足寺周辺は綺麗な紅葉でしたね。高速道路上から色づいた山々を見ながら通過しました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/66084432

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も行きます 越前蟹 1:

« 悪夢のホーム最終戦 | トップページ | 今年も行きます 越前蟹 2 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ