« 松茸 松茸 アア松茸 | トップページ | 花屋を後に »

2017/11/01

そして 向かったのは 花屋 です

Img_3284

 松籟亭から車で5分も掛からない花屋。入り口に立てばそこには昔と何も変わっていない佇まいが有りました。

ここ別所温泉に泊まったのは2,002年4月。アンズの花を見る目的で行き、泊まったのが花屋でした。今回せっかく別所温泉に来ているのに泊まらずの帰るのは勿体ないし、どうせなら花屋だと思いました。
花屋に夕食無しプランがあれば松籟亭で 夜 松茸コース料理 を食べるのですが二食付プランしかありません。前回は離れに泊まりましたが今回は温泉を楽しめば良しと割り切り本館の最安値プランにしました。
到着が1時一寸過ぎでしたので車を宿に置かせてもらい、歩いて観光地巡りをしました。

Img_3293

先ずは北向き観音。

Img_3317

Img_3321

安楽寺の国宝 八角三重の塔。四重に見えますが最下部は ひさしの類だそうで鎌倉時代末期の物だそうです。

Img_3336

Img_3342

常楽寺 御船の松が見事でした。

結局前回と全く同じ所を見て回っただけでした。

Img_3289

Img_3347

花屋のチェックインは3時です。30分早かったのですがロビーで待たせてもらい15分早く部屋に案内されました。

Img_3282

Img_3284_1

特徴のある渡り廊下も昔のまま。

Img_3352

部屋は10畳ですが背中側に8畳の和室が続いています。

Img_3361

部屋からは回廊の屋根と離れが写って居ます。 6,500坪の中に趣の異なる40余の客室がある宿で、今年は創業101年めだそうです。

Img_3287

Img_3288

先ずは外湯巡りですが宿から一番近い大湯です。幸い誰も居ませんでした。 外湯は1箇所だけにして宿でノンビリ入る事にしました。

Img_3285

大理石風呂 は湯槽が3ッ有ります。かす~かに しょっぱさを感じました。

Img_3292

露天風呂は・・・入るには入りましたが何故か落ち着いて入る気がしませんでした。

Img_3312

若草風呂は以前来た時は混浴でしたが今は時間で入れ替わりです。
何所も必ずコップが置いて有り飲めます。味も臭いも感じませんでした。
幸いどこも人が居なくて写真が撮せました。

Img_3294

離れは部屋食ですが本館の泊まり客は食堂です。

Img_3366

Img_3382

Img_3296

Img_3298

Img_3299

Img_3303

Img_3305

Img_3306

Img_3308

飛びきり美味しいと思う物も有りませんでしたが値段相応の内容だったと思います。 松茸の土瓶蒸し四千円・松茸の天麩羅六千円・松茸御飯二千五百円・焼松茸時価(いずれも税別)が別注出来ましたがしませんでした。
天気予報が急に変わって明日は雨、、、夜中に眼が覚めると雨の音が聞こえました。

« 松茸 松茸 アア松茸 | トップページ | 花屋を後に »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

花咲ガニに続いて松茸ですか~。
羨ましい限りです。
100年をこえるお宿は風情がありますね。
別所温泉は行ったことがないのでUP楽しみにしています。

みやび様
松茸、美味しかったです。
そして是非行って下さい花屋の温泉は良いですよ。

 「花屋」にお泊りだったんですね。
 
 「花屋」さん、サービスや従業員の質、食事の内容と質、当たり外れが大きくて、
 両親も私たちも懲りて、それきり行かなくなりました。
 よし坊様は問題なかったでしたか?
 

うつきよう様
評判は確かに悪くて、掃除が行き届いていなかったり食事が途中で止まってしまい二度と行かないという人が多いのも事実ですね。
我が家は特に問題はなかったのですが、夕食の時、隣の人は一品運ばれ、それっきり止まってしまったり、翌朝はやはり隣の席の人はレンゲが無くてクレームを付けると箸で食べて下さいと言っておいてその後レンゲを運んで来ていました。
ロビーで従業員の扉の締め方がとてもイイカゲンで、馬鹿の三寸残し(実際は三寸だったり一尺だったりしました)が多く見られました。
女将の実力がないのか、辞められるのが怖くて言えないのか・・・・・

そうですか、、、花屋さん当たり外れが大きいのですね。
今まで何度も宿泊していますが、外れ!!という事が一度もなく
運が良かったんですね。^^;
うつきよう様が心配されていた理由がやっとわかりました。
そういわれれば、初めて宿泊した時、料理の内容がイマイチ?と思ったことを
思い出しました、、、、。
でもそれから後、宿泊した時に食事の内容が良くなっていました。
そして何より、あの宿の趣が気に入っていて何度も宿泊しています。
好きなお宿ですから頑張ってほしいですね。
ソフト面は経費を掛けずに改善できることですから勿体ないです。

ニャン様
ニャン様の宿泊記ブログも読んでいますが悪くは書いて無かったですからね。
歴史に胡座をかいている部分が有るのかも知れませんね。趣の大きく違う浴槽と泉質を楽しめば良しと割り切りましょうかね。
特に人気のある部屋があるそうですね。ニャン様は次に行かれるなら部屋指定でお泊まりに成ると良いと思います。
僕は多分行きません。他の方法を考えたいと思います。
靜岡は今日から大道芸ワールドカップが始まりました。街は賑やかなようです。

コンバンハ!!!
昼食の場所からすぐ近くの宿だったんですね、どこか別の土地へ移動されたのかと思っていました。
別所温泉の名所、私も以前行きました。私は常楽寺の丸がかった優しい感じの屋根が好きです。お庭の松と寺の佇まい、雪の頃はさぞ趣があるだろうなと想像しています。

ごくらくとんぼ様
他の温泉も考えたのですが花屋にもう一度泊まりたいと思う気持ちが強かったので最低料金のプランで泊まりました。他のお客さんの料理と品数が同じでした。
なだらかで優美な曲線の茅葺き屋根、確かに良いですね。地面を這うような松も素晴らしいです。
雪の頃、確かに良いでしょうが雪道を運転する気に成れませんね。若い時なら喜んで運転したけど。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/65980959

この記事へのトラックバック一覧です: そして 向かったのは 花屋 です:

« 松茸 松茸 アア松茸 | トップページ | 花屋を後に »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ