« 夕張メロンが送られてきた | トップページ | スカイラークの株主に成った »

2017/11/09

今年も柿が豊作です

Img_3500

 摘果しなければ成らない時期に用事が重なったのと、雨でやれない日が続きそのままになってしまった。

Img_3503

そんな状況でしたので鈴なりになってしまいました。 摘果しないのでやや小さめですが甘い良い柿に育ちました。

« 夕張メロンが送られてきた | トップページ | スカイラークの株主に成った »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

肌がきれいな良い柿が採れましたね
見ただけで甘そうです
これだけ採れれば立派なものです

我が町では 『滝の谷』 と言う地区が次郎柿の一大産地です。甘くて大きな垣が実ります
今年もすでに次男一家に送りました

ごくらくとんぼ様
実どうしがぶつかって傷の付いたのが多いんです。更に葉が多くて陽が当たらないせいか色も悪いんです。
ごくらくとんぼ様の家では柿の木は植えていないんですか?

家の庭で出来た果物は 少々 傷ついていても色が悪くても
無農薬で安心できるので いいですね。

広島の実家の庭の柿は 鳥達のためにある様な存在です。

shinmama様
仰る通りですね。しかし、消毒無しとは行きませんから新しい葉が出て直ぐはやります。
鳥が熟れ具合はどうかと毎日見回りに来ています。
広島だと次郎柿ではなく富有柿ですか?

 今日のブログは以心伝心のようでちょっと嬉しいです。
 といいますのも、よし坊様宅の次郎柿はどんな様子かと、伺いたいと思っていたところでしたので。

 我が家も次郎柿なのですが、
 ことしは雨ばかりで、日照時間が短いせいなのか、
 葉っぱがおかしくなりました。
 よし坊様のお宅の葉も実も、とても健康そうですね。
 摘果も消毒もなさるのですね。 
 我が家は木も大きくなりましたし、手が回らないので、自然に任せたままです。
 今年は霜が降りそうなくらい寒い朝が何度かあって、葉はほとんど落ちてしまいました。
 実は大きいのも小さいのもいろいろですが、
 見た目はともかく甘い柿になりました。
 我が家の柿がおいしいと知ってしまった友人知人に狙われています(笑)

うつきよう様
早い家は収穫が終わっていますが我が家では今 丁度良いのとこれからの2本有ります。
例年、黒点病か炭そ病で葉がおかしくなりますので例年早めの消毒をします。そのお陰かどうか解りませんが実が落ちなくなりました。その代わり多く付きすぎるので摘果します。収穫が終わると、実が付いた時 日影に成らないように大胆に剪定してます。陽に当たって居た柿ほど甘くなるような気がする(あくまでも個人的な考え)のです。今年の葉は未だ確り付いています。
今年は消毒だけで他は何も出来なかったのですが実は沢山付きましたが変形したのと傷が付いたのが(枝や 実同士のぶつかり合いらしい)非常に多いです。
知人友人に狙われる程美味しい柿とは羨ましいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/66015311

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も柿が豊作です:

« 夕張メロンが送られてきた | トップページ | スカイラークの株主に成った »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ