« 今年も行きます 越前蟹 1 | トップページ | 今年も行きます 越前蟹 3 »

2017/12/01

今年も行きます 越前蟹 2

Img_3414

 朝はホテル前の喫茶店に入ります。名古屋の喫茶店は充実していますし安いです。ホテルのビュッフェでも良いのですがつい食べ過ぎてしまいますので最近は使いません。

 

Img_3415

甘いフレンチトーストを頼みました。

阪急ホテルメンバー(東京第一ホテル時代に登録しましたが倒産して阪急ホテルに吸収された)に登録していますのでチェックアウトは13時。新聞をゆっくり読んで松坂屋に。

Img_3417

11時、松坂屋本店 天むすの千寿で時間が早いですが昼ご飯。

Img_3418

天むす五箇のセット1つと天むす2ヶを追加して二人でシェア。出来たてホカホカは美味い!!

Img_3579

今年もやっぱり「かねとも」に泊まります。

Img_3581

Img_3582

1Fフロアーには今年も沢山の越前蟹が入って居ます。

Img_3424

誰も入って居ないので独り占め。24時間入れます。宿は「厨温泉」の南の端にあります。

Img_3588

時間も早いので宿の親父が経営する店にひやかしに行きます。

Img_3583

Img_3590

Img_3596

Img_3598

凄い数ですがこれ全部売れちゃうんですね・・・・

Img_3430

夕飯が始まりました。

Img_3437

ウ~ン、、、カニ刺しが小さい、、、年々小さくなっている気がする、、、

Img_3434

めおとコースの蟹です。セイコは食べて雄(越前蟹)は食べ切れないので食べずに持って帰るつもりです。

Img_3435

蟹ミソを焼いていますが頃合いを見計らってカニ刺しに絡めて食べます。この食べ方も美味いですが軽く醤油を付けて食べるのも好きです。

Img_3438

Img_3440

ゆがきたてアツアツコースの蟹です。これも年々小さくなっている気がする。 今年は女将が来て捌いてくれた。半身捌いてくれれば後は自分でやると言ったのに全部やってくれた、と言うか聞いていなかったというか・・・楽でしたが捌くのも楽しみの一つなんだけどね。。。

Img_3441

Img_3442

蟹の天麩羅

Img_3446

焼きガニです。

Img_3447

Img_3449

去年はお腹いっぱいで食べられなかった鍋ですが今年は食べる事がで来ました。

Img_3452

ご飯も食べられました。不思議です。

Img_3453

デザートは別腹です。 美味かった~ 。お造りや茶碗蒸し、小鉢など要らないからカニ刺しを大きくしてもらいたいな~。

宿に到着した時から雨でした。明日の天気もあまり良くないらしい。

« 今年も行きます 越前蟹 1 | トップページ | 今年も行きます 越前蟹 3 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

 おぉ!
 蟹フルコース、さすが越前、すごいですね!
 美味しそう!
 今年は豊漁のようですね。
 年々蟹が小さくなる・・・
 生息数も減りつつあるのでしょうか?
 なんと言っても、冬は一度は蟹食べたいです!
 我が家は今年もノーブランドの新潟の蟹です。

うつきよう様
アレ?親父の話では「今年は不漁だし型が小さい」と言っていました。
さては、値段は据え置いて、出す蟹を小さくする魂胆かな〜?
ブランドでなくても冬の日本海で捕れる蟹は何所の蟹でも同じだと思いますから賢明な選び方だと僕は思います。

コンニチハ!!!
先日ウチの近くの 『コメダ』 でモーニングをした時、同行者に勧められて初めて小倉トーストを食べてみました。
“そんな~、パンに餡子なんて” と思いながら食べましたがどうしてどうしていただけましたぞ(^o^)
名古屋の天むすも食べてみたいです。

ごくらくとんぼ様
名古屋人の味覚はヘンテコな取り合わせでも平気なんですよね。小倉トーストもその最たるたるもんだと思って居ます。
天むすでは他に 地雷也が有りますがやっぱり本家はコッチですね。妻は此所のキャラブキも気に入っていて、必ず買って帰ります。

蟹 蟹 蟹、、、、もう今夜は夢の中で 蟹が横ばいすると思います。
蟹の写真を拝見しただけで 胃がキュー―――ンと締まるのがわかります。

子どもの頃は 松茸も蟹も それほど好きではなかったのに
大人になって、だんだん収穫量が減って 値段が高くなってから
ドンドン好きになっていく、というこの矛盾に 耐えられません。

奥様は お幸せな方です、、、、う、う、羨ましい。

蟹やはり美味しそうですね。
温泉に入って美味しい蟹料理を食べて、ぐっすり眠る。
幸せですね。
家から近い事もあり越前海岸ドライブによく出かけます。
「かねとも」さんお前を通るたびに、よし坊様が宿泊される宿だ!と毎回思います。
天むすも出来立ては、やはり格別に美味しでしょうね。^^

よかったですね、、、、おめでとうございます。
結果、サンフレより上でしたね。

神戸まで応援に行かれた よし坊様の思いが通じたのだと思います。
よかったです。本当によかった、、、
バンザーーーイ  \(^o^)/

shinmama様
返事が遅くなって申し訳御座いませんでした。
蟹が横ばいするんですか・・・怖いですね、、、「(・_・?)剣岳の話ではないんですね」
そお言えば自分の好きなものがドンドン高く成っていずれ我慢しなくてはならなくなるかも知れない、、、
家内が行こうと言ってくれなければ行けませんが幸い好物なので助かります。

ニャン様
かねともは24時間温泉に入れるのは良いのでが部屋にトイレが無いのが最大の欠点なんです。部屋も4階なら良いのですが下の部屋だとお風呂には一々登らなくてはなりません。エレバーターもないんです、、、

shinmama様
有難う御座います。遠路出かけ応援した甲斐が有りました。
ブログは6日に出せる予定なんですが・・・色々用事が有って。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/66092308

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も行きます 越前蟹 2:

« 今年も行きます 越前蟹 1 | トップページ | 今年も行きます 越前蟹 3 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ