« 撮りに行っても、、、 | トップページ | ミサゴも飛び込んでくれない »

2017/12/27

気に成っていたラーメン屋

Img_4338

 富士市にある 柳麵鷹恋(りゅうめんようこ と読む)の塩ラーメンと梅塩ラーメンをTVが紹介していた。 暮れも押し迫った日、無理に時間を作って行ってみた。

Img_4361

富士川の堤防からは見事な富士山がみえる。

Img_4330

Img_4341

カーナビに入れてもヒットしない。住所検索で辿り着いた。

Img_4345

Img_4348

昼の部終了間近でしたのでお客は一人だけ。店も出来て間もないらしく何もかも綺麗だ。

Img_4351

梅塩ラーメンを頼んだ。細いストレート麵で好みに合う。しかし塩ッから~い。

Img_4354

食べ終わると丼の底に文字が出て来た。

Img_4357

壁にはこんな張り紙があった。 通り序でに寄るならまだしもワザワザ来ようとは思わないラーメン屋だった。

Img_4384

Img_4387

帰りに由比に寄り、桜海老の天麩羅を買って帰った。

« 撮りに行っても、、、 | トップページ | ミサゴも飛び込んでくれない »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

 凝った名前のラーメン屋さんですね。
 細いストレート麺が 柳麺 ということなんでしょうか。
 器の底の文字を見るには、スープを飲み干さなければならないのですね。
 塩っからいと、きついですね。

たぶん凡人には読めない店名ですが私には他人とは思えないようなところがありますぅ~~^_^;
桜海老の天麩羅は聞いただけで美味しそうで、年越しそばに入れたいです。

お墓参りは済みましたか?

うつきよう様
柳と細長い・・・もしかしたらそうかも知れませんね。
まさか文字が出て来るとは思いませんでした。面白いアイデアですね。塩っ辛いスープを飲み干さなくてはならないのは一寸大変ですし身体に良くない、、、

ごくらくとんぼ様
読めませんね。ルビふってあるから読めますが。
桜エビはシーズン真っ盛りで美味しいですね。此所の桜エビは目の前で捕れた本物ですから。
墓参りは明日行きます。

長浜にも塩ラーメンを売りにしているお店があります。
初めて食べに行った時、美味しいと思ったのですが、二度目の時は塩っぱい!と思いました。
店の味にばらつきがあるのか?それとも自分の体調による味の違いなのか?
どんな体調の時も美味しいと感じさせてくれる店はないのか?難しいですね、、、。
桜海老のかき揚げ、食べたいです。が、我が家の近くでは無理ですぅ。。。。


タイトルを拝見して
美味しかったのかな? 美味しくなかったのかな? と読み進みましたが、
結果は後者だったのですね。

お蕎麦、ラーメン、うどん、、、麺類で 美味しいお店を見つけると 達成感がありますが
わざわざ行ったのに 美味しくないと 私は顔に出して ムスッとしてしまいます。

次こそは 美味しいラーメン店に出会われますように (σ・∀・)σゲッツ

ニャン様
昔靜岡に美味い塩ラーメンを食べさせてくれる店があったのですが廃業してしまい、その後市内で同等のラーメンが見つかりません。塩ラーメンは作り手の技術如何ですね。
桜エビは独特の香りもあって美味しいです。内陸部にお住まいだと無理なんでしょうかね。今日の新聞で台湾産の桜エビ ウンヌンと出ていました。

shinmama様
塩ラーメンは一寸の加減で味が大きく変わりますから難しいんでしょうね。
shinmama家と違い我が家は庶民的な店ばかり食い歩いておりますがなかなかこれぞと言う店には行き当たりません。激しく不味い時はワザと残します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/66187565

この記事へのトラックバック一覧です: 気に成っていたラーメン屋:

« 撮りに行っても、、、 | トップページ | ミサゴも飛び込んでくれない »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。