« 年越しは伊豆山で過ごす その2 | トップページ | アオジ »

2018/01/10

年越しは伊豆山で過ごす その3

Img_4732

 1月2日、綺麗に晴れました。 アット言う間に帰る日が来てしまいました。

何時もならアッチが痛いコッチが痛いと言う妻が全く痛がりません。温泉で暖まるのが良いんだろうと思います。

Img_4749

朝ご飯も㐂らくにしたいのですが昨日の朝と全く同じ料理だというので止めてビュッフェですがオリーヴァで食べる事にしました。

Img_4423

Img_4426

お腹が空いていませんから無理に食べなくても良いんですが僕はこれです。他にオレンジジュースを2杯と紅茶を1杯飲んでいます。

Img_4424

妻はこれ。好みが全く違います。好みが極端に違うのに良く今まで一緒にやって来たと思います。@2,430円です。

Img_4753

チェックアウトもオーナー専用レセプションを使います。 そして連泊のお客様で部屋の掃除やサニタリーグッズ等は要らないという人には500円の金券がもらえました。早速売店で買い物をしました。

Img_4765

Img_4768

Img_4769_1

ロビーに獅子舞が来ていました。集合写真を撮ってもらったり、妻は頭を噛んでもらって居ました。

Img_4428

熱海梅園は殆ど咲いていませんので村の駅に寄っただけで家に帰りました。

大掃除は10月初めの暖かな風の無い日に済ませていたし、暮れに買い出しに行かなくても、おせち料理を造らなくても良い、ノンビリ出来た暮れからお正月でした。

« 年越しは伊豆山で過ごす その2 | トップページ | アオジ »

温泉」カテゴリの記事

コメント

温泉でのんびり、年末年始を過ごされたのですね。
お天気も上々。伊豆らしく穏やかな年末年始。
主婦にとっては、年末年始と言えども食事の用意や後片付け・・・。
旅館で上膳据膳は最高の「お年玉」です。
綺麗な日の出を客室から眺められるなんて素敵です。
奥様も体の痛みも温泉で癒されたようですね。
ぜひ、恒例の行事に^^v
我が家は、年末年始を自宅で過ごしました。おせちも作りました、、、^^;
長浜は、霙や雪の年末年始でした。

ニャン様
年末年始を温泉で過ごすのはホントに良いです。すっかり味を占めて今年の年末は何所にしようか?と考えている自分が居ます。
おせち料理は真似事程度で種類は少なかったですが満足しました。
ボーッとする事と温泉に浸かることだけで他に考えなくても良いのは詰まっている色々なことをスッカラカンにリセット出来ました。
天気予報を見て居てもそちらは寒そうですね。
そうそう、富士山がやっと本格的な冬姿に成りました。

我が家には 古い人間が一人おりますので、お正月は家で過ごさざるを得ませんが、
夫婦だけになったら、年末年始は 旅行に行きたいと思っています。

今回、よし坊様のブログを拝見して その思いを強くしました。
ただ、お宿は 早めに押さえておく必要がありそうですね。

shinmama様
僕もそうでしたがその頃は妻の実家に行くのが恒例だったり、暮れから海外に行っていましたからね。
海外で思い出しました。新年の挨拶に何を話すかを帰りの飛行機で必死で考えました。なんの情報も入って来ない状態でしたから大変でした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/66243014

この記事へのトラックバック一覧です: 年越しは伊豆山で過ごす その3:

« 年越しは伊豆山で過ごす その2 | トップページ | アオジ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ