« ホバリング | トップページ | 一生見る事が出来ない鳥 »

2018/01/24

西欧料理 サヴァカ

Img_4409

 こんな先に有るの?と 一寸不安になったその先に目指すレストランはあった。 菊川市の外れの山に囲まれた所だ。

Img_4391

Img_4396

平日の昼、予約無しで行きましたが他には若い女性客2人だけでした。

Img_4402

フランスや日本で修行をし、食材が手に入りやすいこの地を選んだそうだ。 県知事から県認定「ふじのくに食の仕事人」で表彰されて居るんですね。

Me01

小食の我が家にはこれがちょうど良さそうです。値段は消費税込み。

Img_4414

Img_4423

テリーヌには鹿肉が混ざっているとの事。

Img_4429

Img_4432

メインのイトヨリは皮のパリパリ感が心地よかった。

Img_4438

Img_4447

此所はジビエを使った料理でも有名な事をホームページで知りました。 オオタカの餌食になっているオオバンでもリクエストしてオオタカの気持ちに成って食べて見るか~。それとも鴨くらいでお茶を濁す・・・・

鳥撮りが何と言う事を言うのだ!!

« ホバリング | トップページ | 一生見る事が出来ない鳥 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

 まわりの風景によくマッチした雰囲気のお店ですね。
 「ジビエ」と聞いただけで、「だめ、食べられない」という友人もいますが、
 私は平気、というか、むしろ積極的に食べてみたいほうです。
 「撮る」のと「食する」のは全く別物と割り切って、
 「ジビエ」のご感想をぜひお聞かせください。
 

うつきよう様
何かを切っ掛けに知った人しか来ない所だと思います。
土日がどの程度混むか知りませんが平日は多分静かだろうと思います。
伊豆に行くと地元の名物料理にしようと頑張って居て、イノシシや鹿などジビエ料理を食べさせる店が多いです。
妻がダメで、鹿肉入りのテリーヌと聞いただけで嫌な顔をして居ました。

ジビエ大好きの夫婦ですので、
テレビでジビエのレストランをみると メモして残しています。

でも 銀座や六本木のお店が紹介されると 値段を考えただけで 恐ろしくて行く気になれません。
2500円のランチなんて、とてもリーズナブルで よいお店を見つけられましたね。
ジビエを食べさせてくれるというこのお店が 近くなら 飛んでいくところです。

shinmama様
靜岡は田舎ですからね。値段は安いかも知れませんが内容も味も東京に比べたら足元にも及びません。
北海道から帰ってきて東京の方が寒いんじゃないですか?雪は降りませんが靜岡も寒いです。
寒い中を撮影に通って居ます。思いがけない鳥を今年は撮っています。これから順次載せて行きます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/66282281

この記事へのトラックバック一覧です: 西欧料理 サヴァカ:

« ホバリング | トップページ | 一生見る事が出来ない鳥 »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ