« ユナイテッドエアーからメール が入る | トップページ | ホバリング »

2018/03/19

梅に鴬

 梅に鴬 と言いたい所ですが家の梅に来るのはメジロ。

Img_5610

Img_5622

毎年来てくれるのは有難い事です。

Img_5638

他所の梅が散り始めると家の梅が咲きアット言う間に満開になりパッと散ってしまう。地主の性格にそっくり・・・

Img_5663

短い間ですがハチも蜜を求めて来ています。

Img_8582

これは遊水池で撮ったウグイス。梅とは何の関係もありません。

« ユナイテッドエアーからメール が入る | トップページ | ホバリング »

」カテゴリの記事

コメント

梅にメジロの緑色がとても春らしい雰囲気の綺麗な写真です。^^
よし坊様宅には梅の木が何種類かあるのですか?微妙に花の色違う気がします。
梅に鶯とは言いますが、見た記憶がありません。
鶯って結構地味目の色合いの鳥なんですね。
三日程前から鶯の鳴き声は聞こえるのですが、まだ、姿を確認できていません。
というより、よし坊様の写真で初めて鶯の姿を拝見させていただいたので
目の前にいても分からなかったと思います^^;

ニャン様
実は日と時間が少しずつ違います。二枚目までは日が違いますが早朝。三枚目は午前中で四枚目は更に別の日の昼。時間によって少しずつ色が違って写るようです。
木は一本しかありません。
僕はまだ聞いていないのですが♪ホーホケキョ♪と上手に鳴いたのを聞いた人も居るようです。
ヤブの中に居てなかなか姿を見せないウグイスが今年は偶然撮れた迄のこと。はじめは名前が解らなくて判定してもらってやっと解ったウグイスです。

 鶯よりきれいなウグイス色なのがメジロですね。
 我が家の梅もようやく咲き始めましたが、
 寒の戻りで2、3日咲くのを足踏みしそうです。
 我が家にはここしばらくカワラヒワがきています。
 

うつきよう様
メジロは綺麗ですから人気がありますね。しかし落ち着きが無く動き回るので写真が撮りにくい鳥です。
そおですか、ウメが咲きはじめましたか。地区によって違いますね。我が家は終わりました。
カワラヒワは一寸見ただけでは雀だと思っちゃいますがさすがうつきよう様、よく観察して居ますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/66477365

この記事へのトラックバック一覧です: 梅に鴬:

« ユナイテッドエアーからメール が入る | トップページ | ホバリング »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ