« 黄色なのにアオジとはこれ如何に | トップページ | ミサゴ »

2018/03/26

花見

20180325_130500_resized

 良いお天気に誘われて翡翠フィールドに花見に行きました。 満開の樹もあれば三分咲きも有り例年のようにどの樹も一斉に咲いていない状況でした。

20180325_121315_resized

20180325_122434_resized

当然ですが弁当持ち。他にウインナー・インスタント味噌汁(あさげ)・お茶です。テルモスにお湯を入れて持って行きました。

20180325_125358_resized

風もなく温かで気分転換に成りました。

« 黄色なのにアオジとはこれ如何に | トップページ | ミサゴ »

」カテゴリの記事

コメント

我が家のお花見にあって、 よし坊様のお花見にないものは?
「缶ビール」 「お酒の小瓶」 などのアルコール
「みたらし団子」 「おはぎ」 などの甘いもの

純粋に桜の花を愛でる 春らしい彩りのよし坊様のお花見のお弁当を拝見して
落ちこんでしまいました。

shinmama様
今の我が家は落語の貧乏長屋の連中がこぞって花見に行く時と同じですね。しかし本心は太りたくない思いが強いのと、妻の花粉症で、のんびりユックリ花見も出来ない事情があります。せめてオハギに みたらし団子は食いたい。

翡翠フィールドは良いところですね。鳥撮りもできるしお花見もできる。遊歩道もあるようなので遠くの山を見ながらウォーキングにも適していそうです。
こんな場所があれば私も歩く気になるかもしれない・・・・・・とは普段歩かないことの言い訳です^^;

ごくらくとんぼ様
直ぐ近くに良い所があって徳をしたと何時も思って居ます。5年ほど前までは此所でも翡翠が撮れましたが今の撮影場所は此所から更に奥です。
散歩コースになって居て丁度良い間隔にベンチやテーブルが有り河原に下りる階段があり僕のトレーニング場でもあります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/66536433

この記事へのトラックバック一覧です: 花見:

« 黄色なのにアオジとはこれ如何に | トップページ | ミサゴ »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ